実施中のエクスペリエンスの編集(早期アクセス)

エクスペリエンス開始後に軽微な問題を解決することができます。
この記事はオプティマイズ Trusted Tester 専用コンテンツです。
内容や URL を第三者と共有しないでください。アクセスはすべて記録されています

すでにウェブ上で公開され実行中のエクスペリエンスに対しても、修正や軽微な編集が可能です。オプティマイズのエクスペリエンスを編集および再開すると、それまでのデータは保持され、ウェブサイトを訪問したユーザーも既存の各バケットに保持されます。

概要

パターンの作成時に見逃してしまった簡単なミスの修正など、エクスペリエンスを開始した後で編集が必要になることは珍しくありません。そのためオプティマイズのエクスペリエンスは、一旦公開した後も、必要に応じて編集できるようになっています。

実行中のエクスペリエンスに変更を加えると、データの品質や精度に影響する可能性がありますが、その度合いは変更の量やタイミングによって異なります。たとえば、エクスペリエンスの開始から数分後に句読点のわずかなミスを修正しても、それほど大きな影響はないでしょう。一方、開始から数日経っているエクスペリエンスで、パターンを大幅に編集したり、トラフィックの比重を変更したりすれば、影響は大きくなります。

最も望ましい方法は、エクスペリエンスを終了してコピーを作成することです。これにより、高レベルの精度でデータを保つことができ、テスト結果の整合性も維持できます。

エクスペリエンスを編集する

実行中のエクスペリエンスを編集するには、名前をクリックした後、エクスペリエンスの詳細ページの上部にある [編集] をクリックします。

実施中のエクスペリエンスの編集ボタン。

[編集] をクリックすると、2 つの選択肢が提示されます。

  • [エクスペリエンスを終了してコピーを作成] – 実行中のエクスペリエンスを終了させてコピーを作成し、コピーに編集を加えてから改めて開始します。元のテストデータの整合性が維持されるため、エクスペリエンスを編集する方法としてはこちらが推奨されます。
  • [実施中のエクスペリエンスを編集] – 実行中のエクスペリエンスを編集できます。こちらの方法をおすすめできるのは、エクスペリエンスの開始直後に軽微な変更(たとえばプレビュー モードで見逃してしまったタイプミスの修正)を行う場合のみです。すでに運用中のパターン(またはその比重)を変更すると、テスト結果の整合性に影響が出る可能性があります。

エクスペリエンス編集オプション ダイアログのスクリーンショット。

エクスペリエンスを終了してコピーを作成する

[エクスペリエンスを終了してコピーを作成] を選択すると、そのエクスペリエンスの詳細ページが開きます。元のエクスペリエンスをコピーしたものが下書き状態で表示されますので、必要な編集を加えましょう。編集が終わったら、ページ上部の [開始] をクリックします。

下書き状態です。準備完了です。スクリーンショット

実施中のエクスペリエンスを編集する

実行中のエクスペリエンスを、コピーせずそのまま編集することも可能です。ただし、この方法ではデータの整合性に影響が出る可能性があります。作成段階で発生した小さなエラーを、エクスペリエンスの開始直後に修正する場合にのみ使用しましょう。軽微な編集では済まない場合や、エクスペリエンスに対してすでに大量のトラフィックが発生している場合は、こちらの方法ではなく [エクスペリエンスを終了してコピーを作成] を使用します。

[実施中のエクスペリエンスを編集] を選択すると、そのエクスペリエンスの詳細ページが下書き状態で開きますので、必要な編集を加えましょう。編集が終わったら、ページ上部の [開始] をクリックします。

編集を行う

[編集] をクリックすると、エクスペリエンスに必要な変更を加えることができます。オプティマイズのビジュアル エディタについて、こちらで詳細をご確認ください。

編集可能な要素

エクスペリエンスの開始後に編集が可能な要素は次のとおりです。

  • 名前と説明
  • スケジュール
  • パターンの内容
  • パターンのトラフィック比重
  • トラフィックの割り当て
  • ターゲティング条件(オーディエンス / ページ)*
  • カスタマイズ測定のオン / オフ切り替え
  • カスタム アクティベーション

実行中、スケジュール設定済み、または終了済みのエクスペリエンスで現在使用されているカスタム変数は変更できません。

編集できない要素

エクスペリエンスの開始後に編集できない要素は次のとおりです。

  • パターンの追加 / 削除
  • テストのタイプ
  • Google アナリティクスの目標の設定
  • オプティマイズのカスタム目標
  • リンク先の Google アナリティクス ビュー
  • ビューのリンク解除
  • 目標の追加 / 削除
  • アクティベーション イベント

変更内容を公開 / 破棄する

エクスペリエンスの編集が完了したら、変更を反映させるために変更内容を公開する必要があります。変更内容を公開するには、エクスペリエンスの詳細ページの上部に表示されている通知バナーの [公開] をクリックします。変更をキャンセルして破棄することも可能です。この場合は [破棄] をクリックします。

エクスペリエンスに対して、テスト結果に影響しない変更(例: 名前や説明の変更)を加えた場合、青い通知バナーが表示されます。

実行中エクスペリエンス編集時の未公開通知バナー

テスト結果に影響する可能性がある変更(例: パターンの扱いの変更)を加えた場合、黄色の通知バナーが表示されます。

実行中のエクスペリエンスの編集バナー

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。