オプティマイズのテストを管理する

コンテナ内を検索してテストを管理する

オプティマイズには、下書き、実行、終了のすべての段階のテストを管理するためのさまざまな方法が用意されています。この記事では、オプティマイズのテストを管理し、重要な管理設定にすばやくアクセスする方法について説明します。

検索のフィルタリング

コンテナページの上部にある検索バーを使用すると、テスト名、ID、エディタページ、または説明で検索できます。

オプティマイズのコンテナ内を検索するには、コンテナページの上部にある検索ボックスに単語やフレーズを入力するだけです。検索では、大文字と小文字を区別しません

Google Optimize searching from the container page screenshot.

任意のテストの横にあるその他アイコン その他アイコン をクリックし、コピー、編集、停止、アーカイブなどのオプションのコンテキスト メニューを開きます。

プルダウン メニューではデフォルトで [すべて] が選択されており、コンテナ内のアーカイブされていないすべてのテストが検索されます。

注: 現時点では、正規表現とクエリはサポートされていません。

その他メニュー

テストやコンテナの名前の横にはその他ボタン その他アイコン があります。クリックすると、テストのオプションのコンテキスト メニューが表示されます。

Click More options next to experience or container name to reveal a contextual menu of choices.

コンテキスト メニューには、テストの状態(下書き、実行中、終了など)に応じてさまざまなオプションが表示されます。

たとえば、[その他のオプション] メニューは次のようになっています。

Click More next to an experience name to see additional options.

または、テストの状態によって、次のように表示されることもあります。

The More options menu will vary based on the status of the experience.

テストのオプション

以下は、オプティマイズで利用可能なテストのオプションと、状態(利用可能な場合)の表です。

設定 下書き 実行中 終了 説明
エクスペリエンス名を編集 現在のテストの名前を編集します。
コピーを作成 編集、名前の変更、新規保存が可能な、現在のテストのコピーを作成します。
停止して編集 現在のテストを停止して、編集、名前の変更、新規保存が可能なコピーを作成します。
スケジュールを編集 スケジュール設定されたテストを編集できます。テストのスケジュール設定の詳細については、こちらをご覧ください。
アーカイブ 現在のテスト(および測定データ)をコンテナページ上部の [アクティビティ] タブにアーカイブします。
アーカイブして編集 現在のテスト(および測定データ)をアーカイブし、編集用に新しい下書きを作成します。アーカイブされたテストは、コンテナページ上部の [アクティビティ] タブで使用できます。
A/B テストを作成 パーソナライズに変更を加えたパターンの 1 つを使用して A/B テストを作成します。
削除 選択したテストを削除します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。