Google 広告を使いこなすためのヒント

Google 広告の掲載ポリシーに準拠するには、オプティマイズのテストを作成する際に、いくつかの注意事項を守っていただく必要があります。Google 広告の掲載ポリシーのもとで掲載する広告については、使用するツールに関係なく、広告主様が最終的な責任を負うものとします。

目的

オプティマイズのテストを設定する際に、誤って Google 広告の掲載ポリシーに違反してしまう可能性があります。A/B テスト、リダイレクト テスト、ユーザー別のカスタマイズで他のツールを使用する場合も、同様のリスクが生じます。この記事では、テストを Google 広告の掲載ポリシーに沿って実施し、誤ってポリシーに違反しないようにするためのおすすめの方法を紹介します。

リダイレクト テストのおすすめの方法

Google 広告のランディング ページで実施するリダイレクト テストで、別のドメインにリダイレクトすることはできません。

広告のランディング ページの URL に example.com と表示する場合、テストで example.org のページにユーザーをリダイレクトすることはできません。

Google 広告の掲載ポリシーでは、設定された最終 URL を通過することを要件としていますが、以降のリダイレクトが同じドメイン上で行われる限り、他の URL を通過してリダイレクトできます。

ユーザーがすべての広告クリックのリダイレクト パスで example.com にヒットするのであれば、Google 広告の設定には example.com と入力するだけでよく、一定の条件でそのページから example.com/variant-A または example.com/variant-B にリダイレクトする場合も同様です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。