リアルタイムのアクティブ ユーザー数

各テストパターンのトラフィックをリアルタイムで確認できます。

オプティマイズのリアルタイム アクティブ ユーザー数情報を参照すれば、実施中のテストの現在のトラフィックをその場で確認でき、テストが正しく実施されているか確認したり、テストのアクティビティを監視したりするのに役立ちます。

この記事の内容:

仕組み

オプティマイズでは、テストパターンでどの程度のアクティビティが発生しているか推測したり心配したりする必要はありません。アクティブ ユーザー数をリアルタイムで確認できるため、テストパターンのアクティビティを手軽に監視し、設定などの問題に早い段階で気付くことができます。

[アクティブ ユーザー] 列には、直近 5 分間に各パターンを閲覧したユーザーの数が表示されます。ユーザーは、セッションがタイムアウトする(操作がない状態で 30 分経過する)までアクティブと見なされます。アクティブ ユーザー数のデータは数秒ごとに更新されますが、数秒間の遅延が生じることがあります。

オプティマイズ管理画面でリアルタイムのアクティブ ユーザー数を確認できるのは、コンテナページとテスト詳細ページの 2 か所です。

コンテナページ

オプティマイズにログインしてコンテナをクリックすると、テストの一覧が表示されます。一覧表示の [アクティブ ユーザー] 列を参照すれば、各パターンが想定どおりに配信されているかどうか確認することができます。

Active users as seen on the Optimize 360 container page.
オプティマイズのコンテナページでアクティブ ユーザー数を表示した様子

テスト詳細ページ

コンテナページに加えて、各テストの詳細ページでも現在のアクティブ ユーザー数を参照できます。コンテナページでテストをクリックし、次に画面上部の [詳細] タブをクリックします。

Active users on an experiment detail page.
テスト詳細ページでアクティブ ユーザー数を表示した様子
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。