ユーザーの環境によるターゲティング

特定のブラウザ、オペレーティング システム、端末からアクセスしているユーザーをターゲットに設定します。

オプティマイズ 360 では、ブラウザのユーザー エージェント文字列を分析して、使用されているブラウザの種類やバージョンに加え、ブラウザが動作しているオペレーティング システムを識別します。お客様は、これらのデータをオプティマイズ 360 でターゲティング条件として使用することができます。

この記事の内容:

変数

ユーザーの環境によるターゲティングの変数は、HTTP/GET リクエストを介してユーザーのブラウザから送信されてくるユーザー エージェント文字列から取得します。オプティマイズ 360 ではユーザー エージェント文字列を分析し、以下のグループのいずれかに分類します。「モバイル端末情報」変数は、Google アナリティクスの ga:mobileDeviceInfo ディメンションに対応しています。

ブラウザ

  • 値(事前定義済み)
    • Google Chrome
    • Firefox
    • Safari
    • Internet Explorer
    • Opera

オペレーティング システム

  • 値(事前定義済み)
    • Windows
    • Mac
    • Linux
    • iOS
    • Android
    • Chrome OS
    • Windows Phone

デバイス カテゴリ

  • 値(事前定義済み)
    • パソコン
    • モバイル
    • タブレット

モバイル端末情報

  • 値 – オープンなテキスト フィールドに値を入力して、特定のモバイル端末からアクセスしているユーザーをターゲットに設定します。以下に例を示します。
    • Google Nexus 5

マッチタイプ – ブラウザ、OS、デバイス カテゴリ

「ブラウザ」、「オペレーティング システム」、「デバイス カテゴリ」の変数は、マッチタイプ(「等しい」、「等しくない」)を使用します。

等しい / 等しくない

変数の先頭から末尾までのすべての文字が入力された値に完全に一致する場合に、条件が true と評価されます。主に地域ターゲティングとユーザーの環境によるターゲティングで使用される「等しくない」マッチタイプを使用するルールでは、ユーザーのブラウザ、オペレーティング システム、デバイス カテゴリが入力した値と「等しくない」場合に、true と評価されます。

例:

変数 マッチタイプ
ブラウザ 等しい Google Chrome

次の場合に true と評価されます。

  • Chrome からウェブサイトにアクセスしている。

変数 マッチタイプ
ブラウザ 等しくない Google Chrome

次の場合に true と評価されます。

  • Chrome 以外のブラウザからウェブサイトにアクセスしている

マッチタイプ – モバイル端末情報

「モバイル端末情報」変数は、次のマッチタイプを使用します。

等しい / 等しくない

変数の値の先頭から末尾までのすべての文字が入力された値と完全に一致する場合に、true と評価されます。

例:

変数 マッチタイプ
モバイル端末情報 等しい Google Nexus 5

次の場合に true と評価されます。

  • Google Nexus 5 端末からウェブサイトにアクセスしている。

変数 マッチタイプ
モバイル端末情報 等しくない Google Nexus 5

次の場合に true と評価されます。

  • Google Nexus 5 以外の端末からウェブサイトにアクセスしている。

含む / 含まない

「含む」マッチタイプ(別名: 部分文字列一致)を使用すると、長い文字列の中の部分文字列に一致するエントリをターゲットに設定できます。「含む」は、モバイル端末の全ラインをターゲットと設定する場合に便利です。

例:

変数 マッチタイプ
モバイル端末情報 含む Nexus

次の場合に true と評価されます。

  • 任意の Nexus 端末からウェブサイトにアクセスしている。
変数 マッチタイプ
モバイル端末情報 含まない Nexus

次の場合に true と評価されます。

  • ユーザー エージェント文字列に Nexus を含まない任意の端末からウェブサイトにアクセスしている。

例: モバイル端末のユーザーをターゲットに設定する

ユーザーの環境によるターゲティングを使用すると、モバイル端末でアクセスしているユーザーを対象にさまざまなパターンを表示するウェブテストを簡単に実施できます。「デバイス カテゴリ」変数を使用してモバイル ユーザーをターゲットに設定すると、お客様のモバイルアプリをモバイル ユーザーにアピールできます。モバイル ユーザーをターゲットに設定し、複数のパターンのアプリのランディング ページを使って、ダウンロード目標に照らしてコンバージョン テストを実施します。

このルールでは、ユーザーがモバイル端末からウェブサイトにアクセスした場合に true と評価されます。

変数 マッチタイプ
デバイス カテゴリ 等しい モバイル

Optimize technology targeting rule creation - device category.

例: 特定のブラウザのユーザーをターゲットに設定する

「ブラウザ」変数を使用して、特定のウェブブラウザのユーザーをターゲットに設定します。たとえば、新しいウェブアプリのテストを、古いブラウザのユーザーを除外して一部のブラウザのユーザーを対象に実施することができます。

このルールでは、ユーザーのブラウザが Chrome または Safari の場合に true と評価されます。

変数 マッチタイプ
ブラウザ 等しい Chrome または Safari

Optimize technology targeting rule creation - browser

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。