行動によるターゲティング

行動によるターゲティングを使用すると、特定の参照 URL からの新しいユーザーをターゲティングすることができます。

この記事の内容:

行動によるターゲティングを使うとよい場合

行動によるターゲティングは、お客様のサイトへの新しいユーザーをターゲティングするのに有用です。このターゲティングでは、ウェブサイトに以前にアクセスしたことのないユーザーに新規申し込みや新規登録のパターンをテストすることができます。また、指定したウェブサイトからアクセスしたユーザーをターゲティングすることもできます。

変数

  • 最初のアクセスからの時間 – 指定した時間内にサイトに始めたアクセスしたユーザーをターゲットします。Google アナリティクスによりユーザーに Cookie が設定されている場合に到着時刻が設定されます。ユーザがサイトに始めてアクセスした場合や、ユーザーにサイトからの Google アナリティクスの Cookie が最近ない場合に発生します。
  • ページの参照 URL – 特定のチャネルまたは参照元からサイトにアクセスしているユーザーをターゲティングします。ページの参照 URL 変数を使って、特定のウェブサイトからアクセスしているユーザーをターゲティングし、そのようなユーザーに合わせてマーケティング プランをカスタマイズできます。

最初のアクセスからの時間

最初のアクセスからの時間変数を使って、「始めてサイトにアクセスするユーザー」に独特な行動を提供して新しいユーザーをターゲティングするか、アカウントに登録するよう促して、登録のコンバージョンの目標をテストします。最初のアクセスからの時間変数は、サイト訪問者の Google アナリティクス Cookie の経過時間が、作成した条件に一致すると、true と評価します。

例 1

Google アナリティクスでは、通常、アナリティクスとオプティマイズへ最初のヒットが送信される直前に Cookie が設定されます。最初のアクセスからの時間に短い値を指定することで、最初にアクセスしたページで新しいユーザーにテストのターゲティングを設定することができます。テストのターゲティングを新しいユーザーにするには、行動によるターゲティングを次のように作成します。

変数 マッチタイプ 数値
最初のアクセスからの時間 未満 10

例 2

サイトに最初にアクセスしてから最初の 60 分の間に新しいユーザーがアクセスしたページをテストのターゲティングとする場合、行動によるターゲティングを次のように作成します。

変数 マッチタイプ 数値
最初のアクセスからの時間 未満 60

ページの参照 URL

参照元サイトが重要であるなら、カスタマイズしたユーザー行動を提供して、そのサイトからのユーザーをターゲティングします。たとえば、ページの参照 URL を使って、アカウントに申し込むように促進するプロモーションを提供し、example.com からアクセスするユーザーをターゲティングします。

example.com からサイトにアクセスするユーザーをターゲットに設定するには、行動によるターゲティング ルールを次のように作成します。

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 含む example.com

マッチタイプ

最初のアクセスからの時間変数は、「等しい」マッチタイプを使用します。

ページの参照 URL 変数は、等しい含む次で始まる次で終わる、および正規表現のマッチタイプを使用します。

等しい

URL のすべての文字(先頭から最後まで)が入力値と完全に一致している場合、指定した条件が true と評価されます。セッション ID やクエリ文字列パラメータなど、動的な(変化する)情報がターゲット URL に含まれていない場合に [等しい] を使用してください。

例:

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 等しい http://www.example.com/

true と評価される URL:

  • http://www.example.com/

false と評価される URL:

  • https://www.example.com/

含む

[含む] マッチタイプは「部分一致」とも呼ばれ、指定した値が URL のどこか一部に含まれていれば true と評価されます。[次を含む] は、複数の URL で使用されている特定のクエリ文字列パラメータをターゲットとする場合に便利です。

例:

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 含む page=4

true と評価される URL:

  • http://www.example.com/member.cgi?id=9&page=4

false と評価される URL:

  • http://www.example.com/member.cgi?id=9&page=2

次で始まる

[次で始まる] マッチタイプでは、指定した文字列とまったく同じ文字列で始まる URL が抽出されます。URL の大部分は変化せず、末尾にクエリ文字列パラメータが追加される可能性がある場合、末尾のパラメータを除いて比較できます。

例:

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 次で始まる http://www.example.com/pages/

true と評価される URL:

  • http://www.example.com/pages/subpage/

false と評価される URL:

  • http://www.example.com/members/pages/

次で終わる

URL の末尾が入力値と完全に一致する場合に true と評価されます。たとえば、URL の末尾が /thankyou.html となるショッピング カートのページをターゲティングする場合に使用します。

例:

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 次で終わる /thankyou.html

true と評価される URL:

  • http://www.example/thankyou.html

false と評価される URL:

  • http://www.example.com/checkout/thankyou.html?x=1&y=1

正規表現

正規表現では、特殊文字を使ってワイルドカードを有効にしたり、柔軟なマッチングを行ったりすることができます。正規表現による照合は、同じウェブページでも URL のステムや末尾のパラメータが変化する場合に便利です。多数のサブドメインからユーザーが訪問してくるサイトで、URL にセッション ID が含まれる場合は、正規表現で URL の不変部分を指定できます。

例:

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 正規表現 checkout.cgi\?page=1

true と評価される URL:

  • http://sports.example.com/checkout.cgi?page=1&id=123
  • http://fishing.example.com/checkout.cgi?page=1&lang=en&id=123

false と評価される URL:

  • http://sports.example.com/checkout.cgi?page=2&id=123

演算子

AND 演算子

複数のルールをすべて満たすユーザーをターゲティングする場合は、AND 演算子を使用します。AND 演算子を使用した条件は、すべての値が一致した場合にのみ true と評価されます。

例:

タブレットから /nexus_9 ページを訪れたユーザーをターゲティングするには、2 つのルールを作成し、AND 演算子で結合します。

URL ターゲティング ルール:

変数              マッチタイプ
URL 等しい https://store.google.com/pro

デバイス ターゲティング ルール

変数 マッチタイプ
Device Category 等しい tablet              

または

OR 演算子は URL 構成が複数あるようなページのターゲット設定に便利です。OR 演算子を使用した条件は、いずれかの値が一致した場合に true と評価されます。OR 演算子で結合すると、URL によるターゲティング ルールに別の値を追加できます。URL ターゲティングの場合、URL を入力して Enter キーを押すと、その URL に OR 演算子が自動的に追加されます。URL を入力して Enter キーを押すだけで、OR 演算子で結合されたルールを作成できます。

例:

2 つの異なる URL があるストアページをテスト対象にするには、[値] ボックスにそれら 2 つの URL を入力してルールを作成します。URL を入力して Enter キーを押すと、OR 演算子が自動的に追加されます。

変数 マッチタイプ
ページの参照 URL 等しい http://store.google.com/ OR... http://www.google.com/store/

 

最初のアクセスからの時間変数は、「等しい」マッチタイプだけ使用します。

 

The OR operator is supported within individual conditions but you can't use it to combine multiple conditions. For example, you can build a condition like this: "path equals /store OR /shop" but you can't use OR across multiple conditions like this: "path equals /store OR host equals example.com"

その他の考慮事項

  • 正規表現マッチタイプは、一度審査された記事にマッチする URL から十分に審査されたマッチタイプの記述を使用します。
  • ページの参照 URL が空の場合があります。たとえば、訪問者がブラウザに直接 URL を入力したり、ブックマークをクリックしたりした場合です。参照元サイトがセキュア(HTTPS)で、アクセスしたページがセキュアでない(HTTP)場合も空になります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。