地域のターゲット設定

特定の都市、地域、大都市圏、国からアクセスするユーザーをターゲティングする

地域のターゲット設定を使って、特定の地域からアクセスするユーザーをターゲティングできます。たとえば、特定の都市のユーザーを対面のイベントや店舗に招待できます。[値] に入力していくと候補が表示され、ルールを簡単に作成できます。

この記事の内容:

変数

  • 都市
  • 地域
  • 大都市圏

マッチタイプ

選択できるマッチタイプは、「等しい」と「等しくない」です。

「等しい」と「等しくない」

入力される地理的な場所が、条件に指定した値と完全に一致している場合に true と評価されます。

例:

変数 マッチタイプ
都市 等しい カリフォルニア州マウンテンビュー

次の場合に true と評価されます。

  • カリフォルニア州マウンテンビューからのウェブサイトへのアクセス

変数 マッチタイプ
等しくない 米国

次の場合に true と評価されます。

  • 米国以外からのウェブサイトへのアクセス

演算子

AND 演算子

複数のルールをすべて満たすユーザーをターゲティングする場合は、AND 演算子を使用します。AND 演算子を使用した条件は、すべての値が一致した場合にのみ true と評価されます。

例:

米国から「/nexus_9」ページにアクセスしたユーザーをターゲティングするには、2 つのルールを作成し、AND 演算子で結合します。

URL ターゲティング ルール:

変数 マッチタイプ
URL 等しい https://store.google.com/product/nexus_9

地域ターゲティング ルール:

変数 マッチタイプ
等しい 米国              

OR 演算子

複数の条件を指定し、そのうち 1 つでも一致したユーザーをターゲティングする場合は、OR 演算子を使用します。OR 演算子を使用した条件は、いずれかの値が一致した場合に true と評価されます。複数の値をターゲティングするときに、値を入力して Enter キーを押すと、OR 演算子が自動的に追加されます。

例:

米国またはカナダからアクセスしたユーザーをターゲティングするには、[値] に 2 つの国を入力し、OR 演算子で区切ったルールを作成します。

変数 マッチタイプ
等しい 米国 or カナダ

個々の条件内で OR 演算子を使用することは可能ですが、OR 演算子を使用して、複数の条件を組み合わせることはできません。たとえば、「パス 次と等しい /store OR /shop」という条件を作成することは可能ですが、「パス 次と等しい /store OR ホスト 次と等しい example.com」のように、複数の条件を OR でつなぐことはできません。

例: 特定の国からアクセスするユーザーをターゲティングする

米国、カナダ、メキシコからアクセスしたユーザーをテストの対象にするには、変数の「国」を使用します。ターゲティング ルールに複数の値を入力すると、自動的に OR 演算子が追加されます。この場合、米国、カナダ、メキシコのいずれかからアクセスしたユーザーにパターンが表示されます。

地域ターゲティング ルール:

変数 マッチタイプ
等しい 米国 or カナダ or メキシコ

Optimize Geo targeting rule user interface

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。