オプティマイズについて

個々のユーザーに合わせてサイトをカスタマイズしましょう

ユーザーの個性はそれぞれに異なるので、ウェブサイトは各ユーザーの好みに合わせて個別に対応できることが望ましいでしょう。オプティマイズを使用してウェブテストを実施すれば、各ユーザー グループに最適なエクスペリエンスを特定できます。

この記事の内容:

オプティマイズとは

オプティマイズを使用すると、さまざまなパターンのウェブページをテストして、指定した目標に照らしてページの掲載結果を確認できます。オプティマイズはテストの結果をモニタリングして、最良の結果を得られるページを特定します。ご利用開始の流れは次のとおりです。

  1. オプティマイズの初期設定を行う
  2. オプティマイズのスニペットをウェブサイトに設置する
  3. 最初のテストを作成する

販売デモに参加するユーザーを募ることが目的の場合、行動を促すフレーズ、ヒーロー画像、ナビゲーション バー、ボタンの色に変化を付けて、結果の違いを調べることができます。

テストのメリット

オプティマイズでテストを実施することで、一部のユーザーを対象にウェブサイトの新しいデザイン、レイアウト、コンテンツのテストを実施できます。直感や身内の意見に頼ってページやサイトのデザインを決めるのではなく、別パターンのデザインを実際のユーザーに使ってもらい、その結果をわかりやすいフォーマットで確認することが可能です。オプティマイズでは、テスト結果の測定に Google アナリティクスが活用されており、アナリティクスの目標をテスト目標として使用できます。さらに、アナリティクスのユーザーとして定義したユーザー グループを対象にテストを配信することもできます。

テストを実施する担当者

コンテンツの作成者やウェブサイトの開発者など、あらゆる人がテストのメリットを享受できます。マーケティング担当者がコンバージョンを拡大するためにランディング ページをテストしたり、サイト運営者がサイトのレイアウト変更による定着度の違いを調べたり、ソーシャル メディア管理者がさまざまな共有戦略を試したり、デザイナーが新しいウェブサイトのデザインをテストしたりできます。

テストのタイプ

実施できるテストは何種類かあります。

A/B テスト

A/B テストは、同じウェブページの複数のパターン(A と B)を使ったランダム化テストです(A/B/n テストと呼ばれることもあります)。パターン A がオリジナルで、B から n までの各パターンになんらかの変更を加えます(行動を促すフレーズのボタンを別の色にするなど)。テストによっては、完全に別バージョンのウェブページをパターン B にすることもあります。

リダイレクト テスト

リダイレクト テスト(別名スプリット URL テスト)は、別個のウェブページ同士を比較するテストで、A/B テストの一種とも考えられます。リダイレクト テストでは、同一ページ内の個々の要素に変化を付けるのではなく、URL(パス)が互いに異なる複数のページを比較します。デザインが大きく異なる 2 つのランディング ページや、全面的にデザイン変更したページをテストする場合にリダイレクト テストを使用します。

多変量テスト(MVT)

多変量テスト(MVT)は、複数の要素を持つパターンを同時にテストして、最良の結果を得られる組み合わせを特定します。MVT では、A/B テストのようにどのパターンのページが最も効果的かを判定するのではなく、各要素について最も有効なパターンを調べつつ、要素間の相互作用を分析します。

A/B テスト、リダイレクト テスト、多変量テスト(MVT)の詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。