検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

端末を保護する

ユーザー本人の許可なく端末が出荷時の設定にリセットされた場合に、本人以外の人に使用されないよう、端末をセットアップすることができます。本人以外が使用できないように端末をセットアップしておけば、たとえば端末の紛失または盗難が発生した場合やデータの削除が行われた場合でも、端末を使用できるのはユーザー本人の Google アカウントや画面ロック情報を知っている人のみとなります。

この情報は、Pixel、Pixel XL、Nexus 6P、Nexus 5X、Nexus 6、Nexus 9 など、Android 5.0 以降がプリインストールされていて、現在 Android 5.1 以降を搭載している端末にのみ適用されます。お使いの Android のバージョンをご確認ください

お使いの端末の保護に役立つ操作

  • 画面ロックを設定する
    端末の紛失や盗難が発生しても、画面ロックが設定されている場合は、画面ロックを解除しない限り設定アプリを使って端末のデータを消去できません。

    端末の盗難時に画面ロックが設定されていなかった場合でも、Android デバイス マネージャーを使ってリモートで端末をロックできます。これを行うには、紛失や盗難が発生する前に、Google アカウントを端末に追加しておく必要があります。また、端末の電源が入りインターネットに接続された状態になっていなければなりません。

  • お使いの端末に Google アカウントを追加する
    端末のデータが消去されても Google アカウントが端末に追加されている場合は、Google アカウント情報を再度入力するまで、端末のセットアップを完了できません。

    重要: Google アカウントのパスワードを再設定した後で出荷時の設定にリセットする必要がある場合は、パスワードの変更後 24 時間経ってから端末をリセットしてください。セキュリティ上、パスワードを変更してから 24 時間以内は、そのアカウントを使用してリセット後の端末のセットアップは行えません。詳しくは、Pixel スマートフォンまたは Nexus 端末Google Play EditionAndroid One の各端末を出荷時の設定にリセットする方法の説明をご覧ください。

端末の保護を無効にする

端末の保護を無効にするには、お使いの端末から Google アカウントを削除します。

お使いの端末で開発者向けオプションが有効になっている場合は、端末の設定アプリ 設定 から端末の保護を無効にすることもできます。[開発者向けオプション] 次へ [OEM ロック解除] をタップします。

出荷時の設定にリセットした後で所有権を確認する

端末が保護されているので、出荷時の設定にリセットする必要がある場合は画面のロックを解除するか、Google アカウントのパスワードを入力する必要があります。こうすることで、ユーザー本人または本人が信頼する人しかリセットを行えないようにしています。

画面のロック解除または Google アカウント情報の入力が必要になるのは、次の場合です。

  • 設定アプリ 設定 を使用して端末のデータを削除する場合。
    [バックアップとリセット] を使用する前に画面ロックを入力するよう求められます。
  • リカバリモードで端末をリセットする場合。
    リカバリ メニューを使用して端末をリセットする場合は、端末に関連付けられている Google ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。
  • Android デバイス マネージャーを使用して端末をリモートでリセットする場合。
    Android デバイス マネージャーを使用して端末をリモートでリセットする場合は、端末に関連付けられている Google ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

重要: アカウントまたはユーザー プロフィール(ゲスト プロフィールを除く)として端末に追加されて同期されている、任意の Google アカウントの情報を入力できます。セットアップの際にこの情報を入力しないと、出荷時の設定にリセットした後で端末を使用できなくなります。

関連リンク

Amy

エイミーは Android のエキスパートで、このヘルプページの著者です。下記でこのページについてのフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。