Google Play プロテクトを使用して有害なアプリから保護する

Google Play プロテクトを使用すると、端末を安全に保護することができます。

  • ユーザーが Google Play ストアからアプリをダウンロードする前に、そのアプリに対して安全性チェックを行います。
  • 端末をチェックして、他の提供元からのアプリに有害の可能性がないかを確認します。このような有害なアプリは、不正なソフトウェアと呼ばれることもあります。
  • 有害な可能性があるアプリが検出された場合はユーザーに警告し、既知の有害なアプリは端末から削除します。
  • 重要な情報を隠したり偽ったりする、望ましくないソフトウェアのポリシーに違反するアプリが検出された場合は、ユーザーに警告します。

Google Play プロテクトの仕組み

Google Play プロテクトは、ユーザーがアプリをダウンロードする際に、そのアプリをチェックします。また、端末を定期的にスキャンします。有害な可能性があるアプリを検出すると、アプリを停止し、以下の処理を行います。

  • ユーザーへ警告: 端末に有害な可能性があるアプリが検出された場合は通知が表示されます。アプリを削除するには、通知内で [アンインストール] をタップしてください。
  • アプリを自動的に削除: 場合によっては、有害なアプリが検出された場合に、アプリが削除されたという通知を受け取ることもあります。
不正なソフトウェアから保護する仕組み

悪意のあるサードパーティ ソフトウェア、URL、その他のセキュリティに関する問題から保護することを目的に、Google はユーザーの端末のネットワーク接続、有害な可能性のある URL、オペレーティング システム、Google Play または他の提供元を通じて端末にインストールされたアプリに関する情報を受信することがあります。アプリまたは URL が安全でない可能性がある場合、Google から警告が表示されることがあります。また、アプリまたは URL が端末、データ、ユーザーにとって有害であることが判明している場合には、Google がアプリまたは URL を削除したり、インストールをブロックしたりすることがあります。この保護機能の一部は、端末の設定で無効にできます。ただし、Google Play からインストールしたアプリについては、Google が引き続き情報を受信する可能性があります。なお、他の提供元から端末にインストールしたアプリについては、セキュリティの問題の有無について引き続き分析が行われることがありますが、Google に情報は送信されません。

アプリのセキュリティ ステータスを確認する

端末で Google Play プロテクトのステータスを確認できます。

  1. Android 搭載端末の Google Play ストア アプリ Google Play を開きます。
  2. メニュー アイコン メニュー 次へ [Play プロテクト] をタップします。
  3. 端末のステータスに関する情報を探します。

Google Play プロテクトのオン / オフを切り替える

Google Play プロテクトはデフォルトで有効になっていますが、無効にすることもできます。セキュリティ保持のため、Google Play プロテクトは常に有効にしておくことをおすすめします。

Google Play プロテクトを無効にする、または再度有効にする

  1. Android 搭載端末の Google Play ストア アプリ Google Play を開きます。
  2. メニュー アイコン メニュー 次へ  [Play プロテクト] をタップします。
  3. [端末をスキャンしてセキュリティ上の脅威を確認] をオンまたはオフにします。

有害なアプリの検出精度を高める

ユーザーが Google Play ストア以外の提供元から「提供元不明のアプリ」をインストールすると、Google Play プロテクトはそのアプリの情報を Google に送信することがあります。この情報は、すべてのユーザーを有害なアプリから適切に保護する目的で使用されます。

デベロッパー向けの情報

アプリのデベロッパーとして、ご自分のアプリが Google Play プロテクトによって有害であると報告された場合は、モバイルアプリの開発に関する Google のガイドラインと Google の望ましくないソフトウェアのポリシーをご確認ください。
Amy

エイミーは Android のエキスパートで、このヘルプページの著者です。下記でこのページについてのフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。