検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google の位置情報サービスでアクセス ポイントを設定する

位置情報サービスの精度を向上させるため、Google では、ワイヤレス アクセス ポイントからのパブリック Wi-Fi データのほか、GPS、携帯電話の基地局、センサーからのデータを使用しています。端末の位置の予測には、パブリック Wi-Fi 情報のみが使用されます。

Google の位置情報サービスで Wi-Fi アクセス ポイントを使用できるようにすると、Google マップのようなアプリの性能が向上します。アクセス ポイントの使用については、以下の方法によりご自身で管理できます。

Google 位置情報サービスからオプトアウトする

オプトアウトするには、Wi-Fi アクセス ポイント(自分のワイヤレス ネットワーク名)の SSID(ワイヤレス ネットワーク名)の末尾に「_nomap」を追加します。たとえば、SSID が「12345」の場合は、「12345_nomap」に変更します。

お使いのアクセス ポイントに固有の手順を確認する

アクセス ポイントを ISP から受け取った場合は、変更方法について ISP にお問い合わせください。それ以外の場合は、お使いのアクセス ポイントのメーカーのウェブサイトをご確認ください。

多くのアクセス ポイントに共通する手順に従って設定する

  1. イーサネット ケーブルを使用して、アクセス ポイントとパソコンを接続します。
  2. 接続に使用している既定のゲートウェイを確認します。
    • Windows の場合は、スタート メニューからコマンド プロンプトにアクセスし、「ipconfig」と入力します。
    • Mac OS の場合は、コマンド プロンプトに「ifconfig」と入力します。
    • Linux の場合は、コマンド プロンプトに「ifconfig」と入力します。
  3. 確認した既定のゲートウェイ(「192.168.0.1」のようになります)を、Chrome や Firefox などのウェブブラウザのアドレスバーに入力します。入力すると、アクセス ポイントのコントロール パネルに移動します。
  4. アクセス ポイントのコントロール パネルでログインを求められた場合は、正しいユーザー名とパスワードを入力します。ログイン情報については、アクセス ポイントの説明書でご確認ください。

SSID を変更したら、新しい名前を使用してネットワークへの接続を再確立します。この作業は、ノートパソコンやスマートフォンなど、Wi-Fi を使用する端末で行うことができます。ネットワークがパスワードで保護されている場合は、同じパスワードを使用します。

Wi-Fi が有効になっている Android 搭載端末で Google マップを開き、現在地アイコン 場所 をタップして Wi-Fi アクセス ポイント付近で現在地を設定すると、SSID の変更が Google に送信されたかどうかをすぐに確認できます。

他の位置情報サービスからもアクセス ポイントが削除されるかどうかについて

位置情報サービスのプロバイダ各社はそれぞれ独立していますが、SSID を使用したオプトアウト方法は他のプロバイダでも見られます。Google では、プロバイダ全体が「_nomap」の付いた SSID に対してオプトアウトを行うことを推奨しています。

Amy

エイミーは Android のエキスパートで、このヘルプページの著者です。下記でこのページについてのフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。