検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

各ニュース提供元ラベル(「ブログ」など)について

ニュース提供元ラベルはあらかじめ定義されている一連の用語で、通常、ニュースサイトの内容を表し、Google ニュースがコンテンツを分類、表示するためのヒントとなります。ニュース メディアを取り巻く状況が急速に変化する中で、さまざまな種類のコンテンツを明確に定義することは容易ではありませんが、Google ニュースでは、ユーザーが読みたいコンテンツを簡単に選択できる方法を提供していきたいと考えております。

Google ニュース パブリッシャー センターニュース提供元の詳細画面で、ニュース提供元サイトのコンテンツに当てはまるタグをすべて選択してください。この情報を基に、表示ラベルが一部のコンテンツに割り当てられます。

誤ってタグを削除すると(定期購入サイトの [定期購入] ラベルを削除するなど)、Google ニュースでのサイトの登録ステータスに影響する可能性がありますので、十分にご確認ください。

定期購入

コンテンツにアクセスするために定期購入が必要な場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。サイトが Google ニュースに表示されるときには、「(定期購入)」ラベルが追加されます。これにより、ユーザーは支払いが必要なコンテンツにアクセスするかどうかを選択できます。

また、Google ニュースは多くの定期購入サイトと協力して、コンテンツの一部に Google ユーザーが無料でアクセスできるようにしています。サイトに適した定期購入方法を使用してください。

無料登録

コンテンツにアクセスするために無料登録が必要な場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。サイトが Google ニュースに表示されるときには、「(登録)」ラベルが追加されます。これにより、ユーザーは登録が必要なコンテンツにアクセスするかどうかを選択できます。

プレスリリース

別のニュース提供元や組織のプレスリリースを配信する場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。サイトが Google ニュースに表示されるときには、「(プレスリリース)」ラベルが追加されます。これにより、ユーザーはクリックする前に、閲覧しようとしている記事が配信業者や公的機関から提供されたプレスリリースであることを知ることができます。

意見

主に意見を公開する場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。「意見」が指定されたニュース提供元のパブリケーション名の横には、「(意見)」ラベルが表示されます。

ユーザー作成コンテンツ

サイトで編集者の公式なレビューを経ている、報道価値のあるユーザー作成コンテンツを主に公開する場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。

ブログ

パブリケーションがブログである場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。通常、ブログは標準のブログ形式に従って最新のエントリから順に表示されます。多くの場合、ブログの投稿には個人的な見解が含まれています。ブログと識別されたニュース提供元には、パブリケーション名の横に「(ブログ)」ラベルが表示されます。

風刺

風刺的なコンテンツを主に公開する場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。さまざまな意見やコンテンツを提供するために、Google ニュースには、時事問題を風刺的に、多くの場合、大げさに面白おかしく表現して社会的主張を行っている記事も含まれます。このような記事には「(風刺)」ラベルが表示されるため、風刺的な記事であることがユーザーにわかるようになっています。

ファクト チェック

Google ニュースは、schema.org ClaimReview マークアップで示される、ファクト チェック コンテンツを含む記事を公開した場合に、このラベルを適用する場合があります。特に、1 つの記事の中に複数のファクト チェック分析を含むまとめ記事などが該当します。(ファクト チェック)ラベルは、主要な記事のファクト チェック コンテンツを見つけるのに役立ちます。

記事にこのタグを使用するかどうかを判断する際には、記事が以下の条件を満たすかどうかを検討してください。この条件は Google がファクト チェック サイトの特徴と考えるものです。

  • ファクト チェック記事の本文内に、申し立てや確認事項が特定しやすい形で記載されていること。何を確認し、どのような結論に至ったかが、読者が理解できるように記述されている必要があります。
  • 分析で用いた情報源や手法を開示し、一次情報源を引用、参照していること。
  • タイトルが、記事が申し立てを確認していることとその結論、または単純に記事の内容がファクト チェックで構成されていることを示していること。

上記の ClaimReview マークアップの条件を満たしていないサイトが見つかった場合は、Google は独自の裁量でサイトのマークアップを無視する、または Google ニュースよりサイトを削除する場合があります。

マークアップの使用について詳しくは、Google Developers のファクト チェック ページをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。