サイトに関するおすすめの方法

サイトの再設計やプロトコルの変更を実施する場合は、コンテンツが引き続き Google に表示されるよう、以下のおすすめの方法を参考にしてください。

サイトの再設計

お客様がパブリケーション サイトの再設計に取り組まれている場合、下記の点にご留意ください。

  • ニュースチームでは、SEO のコンサルティングやクロールテストのサービスは提供していません。

  • 再設計によってサイトのドメインを変更する必要がある場合は、サイトのドメインの変更に関する記事をご確認ください。

  • 再設計によってサイトの構造を変更する必要がある場合は、変更後にパブリッシャー センターでコンテンツ ラベルおよび関連するラベルのレコードを更新してください。ニュース サイトマップをお使いの場合は、ニュース サイトマップも更新してください。

  • Google のクローラが読み取りやすいサイトのレイアウトと形式にするために、技術要件を確認します。

  • あるページから他のページにリンクするときは、リダイレクト回数をなるべく少なくしてください。

その他のヒントについては、Search Console ヘルプセンターのサイト管理についての記事をご覧ください。

サイトの HTTPS バージョンのクロール

HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)を使用すると、データの整合性と機密が保護され、ユーザーがサイトを安全に閲覧できるようになります。HTTPS を導入して、ユーザーとウェブサイトの間の通信を保護することをおすすめします。HTTPS についての詳細をご覧ください。

HTTPS で保護されたコンテンツを Google ニュースでクロールできるようにするには、記事を HTTPS URL で公開します。このとき、保護されていない HTTP URL を保護された HTTPS URL にリダイレクトすることをおすすめします。通常、Google ニュース パブリッシャー センターで HTTPS URL を指定する必要はありません。サイトの URL とセクション URL が HTTP URL で提供されている場合でも、HTTPS 経由で記事をクロールします(可能な場合)。

Google ニュース サイトマップでの HTTPS の使用

サイトマップで使用するプロトコルは、パブリッシャー センターのサイト URL のプロトコルと一致している必要があります。たとえば、サイトマップの URL が「https://」で始まっている場合は、パブリッシャー センターに登録されている URL も「https://」で始まる必要があります。サイトマップと一致させるためにサイト URL のプロトコルを変更する必要がある場合は、パブリッシャー センターの [General](一般)タブでサイト URL を更新できます。

 

 

 

 

 

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。