フィードに関する技術的なガイドライン

フィード内の情報によって、Google ニュースのパブリケーションが形成されます。技術的なガイドラインに沿って、埋め込まれたすべての要素が表示されるフィードを作成します。

一般的なアドバイス

読者にコンテンツへの高い関心を寄せてもらえるよう、ニュース メディアは記事全文と各種メディア アセットを提供する必要があります。エラー、採用不承認、削除を防ぐために、フィードを適切に設定します。

フィードを改善するには:

  • フィード コンテンツのガイドラインを再確認します。

  • よくある設定ミスがないように、RSS フィードまたは Atom フィードの設定を確認します。 

    ヒント: 下記のサイトを利用してフィードを検証し、推奨事項に準拠して、版を作成する前に問題を修正しておきます。

  • 「ニュース」がフィードをクロールできることを確認します。

  • robots.txt がニュース クローラをブロックしていないことを確認します。

フィードの技術仕様

標準の RSS フィードと Atom フィードのどちらも利用できます。Google ニュースのフィードは以下のパラメータに準拠しています。

  • 更新の頻度: 各フィードは 30 分ごとに読み込まれます(WebSub を使用して Google ニュースに変更を通知する場合を除く)。詳しくは、フィード コンテンツの更新の頻度についての記事をご覧ください。

  • サイズ制限: 記事 1 件あたり 1 MB、フィード 1 件あたり 2 MB。

  • 読みやすさ: 1 回の読み込みごとに最大 60 件の新しい記事が読み込まれます(以前に読み込まれた記事は含まれません)。
     

    ヒント: すべてのコンテンツが取得されるように、読み込みやファイルの制限を超えないように注意してください。

記事の更新

RSS の <guid> タグと Atom の <id> タグは、記事を一意に識別するために必要となります。記事のタイトルは変更される可能性があるため、<guid> / <id> タグとして使用しないことをおすすめします。 

ヒント:

  • 元の記事の完全な URL を <guid> / <id> タグ内で指定する場合は、isPermaLink は必須ではありません。
  • 完全な URL を指定しない場合は、isPermaLink を「false」に設定する必要があります。

isPermaLink の値を使用する場合と使用方法

完全な URL を使用する場合
  • isPermaLink を使用しない
     
  • isPermaLink を 'true' に設定
  • <guid>https://www.yoursite.com/url-to-article.html</guid>
     
  • <guid isPermaLink=”true”>https://www.yoursite.com/url-to-article.html</guid>
完全な URL を使用しない場合
  • 常に isPermaLink を 'false' に設定
  • <guid isPermaLink=”false”>sample-id-1234567890</guid>


重要: <pubDate> タグに基づいて、記事が変更されたかどうかが判断されます。

記事のコンテンツとマークアップ


次のガイドラインに準拠してください。

  • <content:encoded> を使用して、すべての記事のコンテンツ全体を含めます。<content:encoded> タグを使用しない場合、Google ニュースでは <description> タグ内のコンテンツがデフォルトに設定されます。

  • フィードに <content:encoded> タグと <description> タグの両方が含まれている場合、Google ニュースでは文字数が少ないほうのタグが削除されます。

  • <content:encoded> では、名前空間 xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/ を使用します。

  • HTML はエスケープするか、CDATA セクションに含める必要があります。以下に例を示します。

<content:encoded><![CDATA[<b>This is some HTML text.</b>]]></content:encoded>

重要:

  • <script> タグは削除されます。

  • インライン スタイル(<style> タグや style="")属性も削除されます。

おすすめの方法

  • コンテンツをセマンティックな HTML タグ(<p>、<h1>、<ul> など)でマークアップします。

  • できる限り <br> は使用しないようにします。

  • ブロックレベルの要素を使用して、0 ピクセル境界の問題を回避します。

  • スマート クォートは使用しないようにします。

  • 文字エンコードを指定する必要がある場合は UTF-8 を使用します。

メディア アセット

Atom フィードでも RSS フィードでも、Media RSS タグを使ってマルチメディア コンテンツを指定することをおすすめします。詳しくは、Media RSS タグについての説明をご覧ください。

重要: Media RSS を使用するには、名前空間を指定する必要があります(例: xmlns:media="http://search.yahoo.com/mrss/")。

動画

動画の加工にあたっては、下記のガイドラインを参考にしてください。

RSS タグ

RSS タグの場合、動画のパフォーマンスを高めるとともに、スムーズなユーザー インターフェース(UI)要素やミュート自動再生を使用できます。MP4、WebM、DASH、SmoothStreaming、HLS など、ニュース メディアがホストする動画にはさまざまなフォーマットを使用できます。フィードに動画を直接追加するには、Media RSS タグを使用します。

例:

<media:content url="https://ia600806.us.archive.org/17/items/VintageCartoonsSet2MP4/052750AnEggScrambleMmBr.mp4" medium="video" height="768" width="1024">

  <media:title>Sample MP4 Video</media:title>

  <media:description>

    <![CDATA[This is a sample MP4 video]]>

  </media:description>

  <media:credit role="author" scheme="urn:ebu">

    <![CDATA[Warner Brothers]]>

  </media:credit>

</media:content>

重要: 動画コンテンツの解像度は 640×480(幅×高さ)以上とし、HTTPS を使用する必要があります。

複数のビットレート

<media:group> 内に複数の <media:content> オブジェクトを指定することで、動画を複数のビットレートで提供できます。

例:

<media:group>

  <media:content url="https://ia600806.us.archive.org/17/items/VintageCartoonsSet2MP4/052750AnEggScrambleMmBr_1280.mp4" medium="video" height="768" width="1024" bitrate=”1280”>

    <media:title>Sample MP4 Video</media:title>

    <media:description>

      <![CDATA[This is a sample MP4 video]]>

    </media:description>

    <media:credit role="author" scheme="urn:ebu">

      <![CDATA[Warner Brothers]]>

    </media:credit>

  </media:content>

  <media:content url="https://ia600806.us.archive.org/17/items/VintageCartoonsSet2MP4/052750AnEggScrambleMmBr_4080.mp4" medium="video" height="768" width="1024" bitrate=”4080”>

    <media:title>Sample MP4 Video</media:title>

    <media:description>

      <![CDATA[This is a sample MP4 video]]>

    </media:description>

    <media:credit role="author" scheme="urn:ebu">

      <![CDATA[Warner Brothers]]>

    </media:credit>

  </media:content>

</media:group>

YouTube の関連付け

動画コンテンツの内容を Google がより理解しやすくなるよう、ニュース メディアがホストする動画を対応する YouTube 動画に関連付けてください。YouTube 動画は <media:group> 要素に追加できます。

例:

<media:group>

  <media:content      url="https://archive.org/download/Fleischer_The_Tantalizing_Fly_1919/Tantalizing_Fly_1919_512kb.mp4"  medium="video" type="video/mp4" height="240" width="360">

    <media:title>The Tantalizing Fly</media:title>

    <media:thumbnail url="https://archive.org/download/Fly_1/RIMG0019.JPG"/>

  </media:content>

  <media:content url="https://www.youtube.com/watch?v=_dlP0nXMKXA" medium="video" type="video/3gpp">

    <media:title>The Tantalizing Fly</media:title>

  </media:content>

</media:group>

外部動画プレーヤー

iframe 経由で記事内に埋め込まれている外部プレーヤーにも対応しています。

ヒント: iframe、および iframe 内に埋め込んで配信するコンテンツを正しく表示するためには、HTTPS で配信する必要があります。

例:

  • Brightcove

<iframe width="560" height="315" src="https://players.brightcove.net/1752604059001/VJCJXL3Ye_default/index.html?videoId=example" frameBorder="0"></iframe>

  • Dailymotion

<iframe frameborder="0" width="600" height="338" src="https://www.dailymotion.com/embed/video/EXAMPLE-logo=&ui-start-screen-inf0&endscreen-enable=0"></iframe>

  • Instagram

<iframe width="320" height="320" frameBorder="0" src="https://www.instagram.com/p/EXAMPLE/embed" frameborder="0"></iframe>

  • Ooyala

<iframe width="560" height="315" src="https://player.ooyala.com/iframe.html?embedCode=EXAMPLE" frameborder="0"></iframe>

  • Vimeo

<iframe width="560" height="315" src="https://player.vimeo.com/video/135639717?color=ff9933&byline=0"></iframe>

  • Vine

<iframe width="320" height="320" src="https://vine.co/v/bVE2IMdIV2E/embed/simple" frameborder="0"></iframe>

  • YouTube

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/FTePI_3zpII" frameborder="0"></iframe>

音声

  • MP3

<media:content url="http://cylinders.library.ucsb.edu/mp3s/5000/5907/cusb-cyl5907d.mp3" medium="audio">

  <media:title>Sample MP3 Audio</media:title>

  <media:description>

    <![CDATA[This is a sample MP3]]>

  </media:description>

  <media:credit role="author" scheme="urn:ebu">

    <![CDATA[Thomas Edison]]>

  </media:credit>

</media:content>

  • SoundCloud

<iframe width="560" height="162" src="https://w.soundcloud.com/player/?url=https%3A//api.soundcloud.com/tracks/221689840" frameborder="0"></iframe>

画像

下記のおすすめの方法を参考にしてください。

  • 一辺が 800 ピクセル以上の画像を使用します。
  • 1 つの記事に対して、同じ画像の複数のバージョン(サイズ、アスペクト比など)を追加しないようにします。

  • Media RSS タグを使って直接フィードに動画を追加します。
  • Media RSS タグの例:

    <media:content url="https://www.google.com/images/srpr/logo11w.png" type="image/png" expression="full" width="538" height="190">

      <media:description type="plain">

        <![CDATA[Google logo]]>

      </media:description>

      <media:credit role="author" scheme="urn:ebu">

        <![CDATA[Google]]>

      </media:credit>

    </media:content> 

     

    <img> タグを使用していて、画像にキャプションや属性テキストを追加する場合は、次のマークアップを使用します。

    <figure>

      <img src="..." />

      <figcaption>The caption of this image

        <span class="copyright">The attribution of this image</span>

      </figcaption>

    </figure>

    以下のエリアでも画像を使用できます。

  • メイン画像
  • 記事の見出しの画像(またはメイン画像)は、以下のようにクラス名 class="type:primaryImage" でインライン画像が指定されている場合を除き、正方形に近い最大サイズの画像となります。

    <img src="www.publisher.com/image.png" class="type:primaryImage">

    <figure> <img src="www.publisher.com/image.png" class="type:primaryImage"> ... </figure>

    <div> <img src="www.publisher.com/image.png" class="type:primaryImage"> ... </div>

  • スライドショー
  • ニュースでは、説明文付きの画像のグループを、インタラクティブなスライドショーとして記事内に埋め込んで表示することができます。画像グループをスライドショーに含めるには、フィード内で以下のマークアップを使用します。

     <section class="type:slideshow">

        <figure>...</figure>

        <figure>...</figure>

     </section>

    重要: 画像は上記の「画像」の節で説明している形式にする必要があります。

    ニュース メディアは、下記の外部画像プロバイダを利用できます。

  • 外部画像プロバイダ

GIPHY

<iframe width="480" height="277" frameBorder="0" class="giphy-embed" src="https://giphy.com/embed/TK4yMeRswlKWA" frameborder="0"></iframe>

Instagram

<iframe width="320" height="320" frameBorder="0" src="https://www.instagram.com/p/EXAMPLE/embed" frameborder="0"></iframe>

Google ドキュメント

<iframe width="480" height="560" src="https://docs.google.com/gview?url=http://infolab.stanford.edu/pub/papers/google.pdf&embedded=true" frameborder="0"></iframe>

フィードの例

RSS 2.0 フィードの例

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<rss version="2.0"

  xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"

  xmlns:media="http://search.yahoo.com/mrss/">

  <channel>

    <lastBuildDate>Fri, 23 Jan 2015 23:26:19 +0000</lastBuildDate>

    <title>Google News RSS Examples</title>

    <description>Google News RSS Examples</description>

    <link>http://google-news-examples.blogspot.com/</link>

    <item>

      <guid isPermaLink="false">sample-post-478956386763692725</guid>

      <pubDate>Fri, 23 Jan 2015 23:17:00 +0000</pubDate>

      <title>Sample RSS post #1</title>

      <description>An example RSS article</description>

      <content:encoded>

        <![CDATA[<p>Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Cras egestas mattis lectus eget porttitor. Nunc iaculis luctus libero, quis viverra mi ultricies sed. Nulla pellentesque dui sed maximus tristique. Sed tempor pulvinar ex in mattis.</p><p><a href="http://www.google.com/">Sample Link</a></p><p><a href="https://www.google.com/images/srpr/logo11w.png"><img border="0" height="113" src="https://www.google.com/images/srpr/logo11w.png" width="320" /></a></p><p>Nulla dictum magna orci, et accumsan velit elementum sit amet. Vestibulum egestas, nulla nec facilisis iaculis, elit metus molestie mi, et vulputate enim eros vitae sem. Aliquam eget sagittis dui. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Etiam mattis ex sit amet lectus semper tempus.</p><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/200E9e8_hHY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>]]>

          </content:encoded>

      <link>http://google-news-examples.blogspot.com/2015/01/sample-post.html</link>

      <author>mail@example.com (Lauren Ipson)</author>

    </item>

  </channel>

</rss>

詳しくは、RSS 2.0 at Harvard Law をご覧ください。

Atom 1.0 フィードの例

<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">

  <id>tag:blogger.com,1999:blog-4719018909174563858</id>

  <updated>2015-01-23T15:26:19.468-08:00</updated>

  <title type="text">Google News Atom Examples</title>

  <subtitle type="html">Example subtitle</subtitle>

  <author>

    <name>Lauren Ipson</name>

    <email>email@example.com</email>

  </author>

  <entry>

    <id>http://example.com/sample-atom-478956386763692725</id>

    <published>2015-01-23T15:17:00.004-08:00</published>

    <updated>2015-01-23T15:26:19.486-08:00</updated>

    <title type="text">Sample Atom Post #1</title>

    <content type="html">

      <![CDATA[<p>Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Cras egestas mattis lectus eget porttitor. Nunc iaculis luctus libero, quis viverra mi ultricies sed. Nulla pellentesque dui sed maximus tristique. Sed tempor pulvinar ex in mattis.</p><p><a href='http://www.google.com/'>Sample Link</a></p><p><a href='https://www.google.com/images/srpr/logo11w.png'><img border='0' height='113' src='https://www.google.com/images/srpr/logo11w.png' width='320' /></a></p><p>Nulla dictum magna orci, et accumsan velit elementum sit amet. Vestibulum egestas, nulla nec facilisis iaculis, elit metus molestie mi, et vulputate enim eros vitae sem. Aliquam eget sagittis dui. Pellentesque habitant morbi tristique senectus et netus et malesuada fames ac turpis egestas. Etiam mattis ex sit amet lectus semper tempus.</p><iframe width='560' height='315' src='//www.youtube.com/embed/IS9gmW7uFXo' frameborder='0'></iframe>]]>

    </content>

    <author>

      <name>Lauren Ipson</name>

      <email>email@example.com</email>

    </author>

  </entry>

</feed>

詳しくは、Atom Syndication Format についての説明をご覧ください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。