Google ニュースのポリシー

Google は、独立性の高いオリジナルのニュースを一貫して制作しているニュース メディアから提供された、新鮮で有意義なコンテンツの重要な情報源が示されたニュースを、ユーザーが簡単に見つけられるようにしたいと考えています。Google のコンテンツと行動のポリシーは、ユーザーとニュース メディア パートナーの皆様に良好なエクスペリエンスを提供するためのものです。Google ニュースニュース サーフェスに表示されるようにするには、記事のページに関するおすすめの方法に沿ったコンテンツにする必要があります。コンテンツは、Google 検索の全体的なポリシー検索機能に関するポリシーに違反してはなりません。

  • 危険なコンテンツ
  • 不正行為
  • ハラスメント コンテンツ
  • ヘイト コンテンツ
  • 操作されたメディア
  • 医学 / 医療に関するコンテンツ
  • テロに関するコンテンツ
  • 露骨な性的描写を含むコンテンツ
  • 暴力や残虐行為
  • 下品な言葉や罵倒語

詳しくは、Google 検索のコンテンツ ポリシーについての記事をご覧ください

Google ニュースには、次のような機能固有のポリシーもあります。

広告、スポンサー コンテンツ

広告やその他の有料の販促用コンテンツが、ニュース コンテンツよりも多くならないようにしてください。スポンサー コンテンツについて、独立した記事コンテンツの一部であるかのように偽ったり、スポンサー コンテンツであることを隠したりすることは認められません。スポンサーシップは、読者に明確に開示してください。これには、オーナーやアフィリエイトの利益、支払い、物質的な支援が含まれますが、これらに限定されません。スポンサー コンテンツのテーマでは、明確に開示することなくスポンサーに焦点を当てないようにしてください。

誤解を招くコンテンツ

元のコンテンツに反映されていないトピックやストーリーを期待させることによって、ユーザーを不正に誘導するプレビュー コンテンツは認められません。

透明性

サイトにアクセスするユーザーは、読んだコンテンツを誰が作成して公開したかを信頼し、理解したいと考えています。そのため、Google のニュース提供元は以下の情報を提示する必要があります。

  • 明確な日付と執筆者の署名
  • 執筆者、パブリケーション、ニュース メディアに関する情報
  • コンテンツの背後にある企業やネットワークに関する情報
  • 連絡先情報

詳しくは、Google ニュースの透明性に関するポリシーをご覧ください。

これらのポリシーに違反するコンテンツや行為が認められた場合、Google はニュース サーフェスからコンテンツを削除することがあります。度重なる違反または重大な違反があった場合、そのサイトはニュースの表示対象とみなされなくなる可能性があります。

なお、これらのポリシーを適用するにあたり、芸術、教育、歴史、記録、科学の観点に基づき、またこれ以外にもコンテンツに対する措置をとらないことで社会的に大きな利益がある場合には、例外を設けることがあります。

ヒント: これらのポリシーは、ニュース サーフェスのコンテンツにのみ適用されます。ニュースの表示対象外のコンテンツは、関連するポリシーに準拠している限り、Google ニュース以外の検索では引き続き表示される可能性があります。

ニュースサイトに対する手動による対策を確認する

サイトが Google ニュースのコンテンツ ポリシーに違反している場合、Search Console アカウントの [セキュリティと手動による対策] に、サイトに対する手動による対策が表示されることがあります。

違反の種類と修正方法について詳しくは、こちらをご覧ください

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。