各ラベルについて

ラベルとは、ニュース記事の内容を表すためにあらかじめ定義された一般的な用語で、Google ニュースがコンテンツを分類、表示するためのヒントとして使用されます。ニュース メディアを取り巻く状況が急速に変化する中で、さまざまな種類のコンテンツを明確に定義することは容易ではありませんが、Google ニュースでは、ユーザーが読みたいコンテンツを簡単に選択できる方法を提供していきたいと考えております。

Google ニュース パブリッシャー センターでニュース メディアが選択した適切なタグや、HTML マークアップで適用されたタグに基づいて適用される場合もあります。Google では、ユーザーが読みたいコンテンツを簡単に選択できるよう、新しいラベルを追加しています。以下に記載のないラベルは、アルゴリズムで適用されます。

Google ニュース パブリッシャー センターでニュース提供元の詳細の記録を表示して、サイトのコンテンツに適用するすべてのラベルを選択します。

意見コンテンツ

意見コンテンツを主に公開する場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。「意見」として指定されたニュース提供元のパブリケーション名の横には、「意見」ラベルが表示されます。

ユーザー作成コンテンツ

ニュース価値の高いユーザー作成コンテンツを主に公開しており、これらがお客様のサイトで正式な編集審査プロセスをすでに受けている場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。

風刺

風刺的なコンテンツを主に公開する場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。「風刺」として指定されたニュース提供元のパブリケーション名の横には、「風刺」ラベルが表示されます。すべてのコンテンツが風刺的である場合は、ソースレベルでフラグを適用します。また、特定のセクションにフラグを適用することもできます。

ブログ

ニュース価値の高いブログを主に公開する場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。「ブログ」として指定されたニュース提供元のパブリケーション名の横には、「ブログ」ラベルが表示されます。

プレスリリース

サイトでプレスリリースを主に公開する場合は、このラベルをパブリケーションに適用します。このラベルを使って指定されたニュース提供元のパブリケーション名の横には、「プレスリリース」と表示されます。

ファクト チェック

schema.org の ClaimReview マークアップで示される、ファクト チェック コンテンツを含む記事を公開すると、このラベルが自動的に適用されることがあります。特に、1 つの記事の中に複数のファクト チェック分析を含むまとめ記事などがこれに該当します。「ファクト チェック」ラベルは、主要な記事のファクト チェック コンテンツを見つけるのに役立ちます。

記事にこのタグを使用するかどうかを判断する際には、記事が以下の条件を満たすかどうかを検討してください。この条件は Google がファクト チェック サイトの特徴と考えるものです。

  • ファクト チェック記事の本文内に、主張や確認事項が特定しやすい形で記載されていること。何を確認し、どのような結論に至ったかが、読者が理解できるように記述されている必要があります。
  • 分析で用いた情報源や手法を開示し、一次情報源を引用、参照していること。
  • タイトルが、記事が申し立てを確認していることとその結論、または単純に記事の内容がファクト チェックで構成されていることを示していること。
  • ファクト チェック サイトで、複数のファクト チェック記事がマークアップされていること。
上記の ClaimReview マークアップの条件を満たしていないサイトが見つかった場合は、Google はサイトのマークアップを無視する、または Google ニュースからサイトを削除する場合があります。

マークアップの使用について詳しくは、Google Developers ファクト チェック ページをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。