Google ニュースのキュレーション

Google ニュースの目標と総合的アプローチ

Google ニュース キュレーション チームの任務は、ユーザーが Google ニュースのどの場所からでも記事をたどったりニュース提供元を見つけたりできるようにすることです。信頼でき、かつ楽しめるニュース提供サービスの実現という Google ニュースの使命を推進するため、Google ニュースの構築や管理を担当する他のチームと直接協力して必要な機能を開発しています。

キュレーション チームが主に行っているのは、次の 2 つの作業です。

映画賞やスポーツの大会などの大規模なイベントや、世間で話題のニュースを対象とした、トピックのキュレーション
[新聞・雑誌] タブ内での提供元のキュレーション(通常、季節ごとのイベントやプロモーション別にまとめる)

キュレーションの仕組み: トピック

情報集約サイトの掲載傾向やユーザーの明らかな関心などといった、経験的に得られる兆候に基づいて、世間の注目を集めつつあるトピックやテーマをキュレーション チームが着実に特定していきます。これらのトピックは幅広く設定します。たとえば、重要な国際的イベントの場合もあれば、個人的関心に関連する最新情報などの場合もあります。

こうしたトピックについて、キュレーション チームはサブトピック(たとえば、映画賞の場合はノミネートされた映画)や関連項目といった追加の構造を定義します。重要なのは、チームでは構造を定義するだけであり、トピックやサブトピックへのコンテンツの追加はアルゴリズムによって行われるという点です。

Google ニュース内で人間がキュレーション(選択)しているのは、これらのトピックのみです。選ばれたトピックは、関連する語句で Google ニュースを検索したときや、[おすすめ] または [新聞・雑誌] でおすすめのトピックとして表示されます。

仕組み: ニューススタンド

一部の国では、特定のテーマやイベントのプロモーション、注目のコンテンツ、特集コンテンツ、一連の提供元が [Newsstand](ニューススタンド)タブに表示されます。キュレーターは、タイミングや版のユーザー エクスペリエンスの質、プロモーション テーマとの関連性に基づいて、これらのプロモーションのニュース メディアを指定します。ニューススタンドに関して詳しくは、こちらをご覧ください。

追加情報

  • Google のキュレーション活動は、Google の他の製品チームやビジネスチームとは独立して管理されています。キュレーション チームは、GoogleAlphabet の行動規範、特に利益相反に関する規範に従います。
  • キュレーション チームが独自のコンテンツを作成することはありません。Google ニュースのインデックスに登録されているすべてのコンテンツは、すでにウェブ上に存在しているニュース メディアやコンテンツ制作者から提供されています。
  • キュレーション チームは、追加情報の報告や収集を一切行いません。
  • キュレーション チームは、Google ニュース コーパスのソースを積極的にはレビューしていません。日常業務の中で潜在的なコンテンツ違反が見つかった場合、キュレーション チームは運営チームやポリシーチームに通知します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。