トラッキング ピクセルを実装する

トラッキング ピクセルはサーバーを呼び出して透明な 1x1 ピクセルを返すコードで、表示回数を追跡するのに使用できます。通常、トラッキング ピクセルはサードパーティから URL の形式で入手します。

Google ニュースでは版全体または個々の記事にトラッキング ピクセルを実装できます。トラッキング ピクセルの URL は、ユーザーが記事や投稿の最初のページを読み始めたときに呼び出されます。

版レベルのトラッキング ピクセル

版全体で同じトラッキング ピクセルを使用するには、Google ニュース用 Producer にアクセスして以下の手順に沿って設定します。

  1. [Edition settings](版の設定)に移動します。
  2. [Collect usage info](使用情報の収集)の下で [Trackers](トラッカー)をクリックします。
  3. トラッキング ピクセルの URL を入力します。URL は https:// から始める必要があり、変数を含めることができます。

設定したトラッキング ピクセル URL は自動的にその版の各記事または各ページに追加されます。

個々の記事のトラッキング ピクセル

個々の記事のコンテンツにトラッキング ピクセルを含めることができます。記事のソース内にコードを追加し、必ず HTTPS URL を指定してください。現在のところ、この方法では <amp-pixel> タグだけがサポートされています。

注: 以下の節で説明する変数の置換のみ使用できます。

comScore のトラフィック クレジットの追跡にニュース ピクセル トラッカーを使用する

comScore でのトラフィック クレジットの追跡には下記の URL 構造を使用します。"Publisher_ID" は自社の comScore クライアント ID に置き換えてください。comScore クライアント ID が不明の場合は comScore 担当者にお問い合わせください。comscorekw パラメータをすでに他の目的に使用している場合は、comscorekw パラメータに指定している既存のキーワードに "_PlayNewsstand" を追加します。

次の URL を使用して、「版レベルのトラッキング ピクセル」に記載の手順に沿って comScore のトラフィック クレジットの追跡を有効にします。

https://sb.scorecardresearch.com/b?c1=2&c2=Publisher_ID&rn=RANDOM&c8=TITLE&c7=CANONICAL_URL&c9=DOCUMENT_REFERRER&c12=CLIENT_ID&cs_ampdoc=AMPDOC_URL&comscorekw=PlayNewsstand

変数の置換

トラッキング ピクセルの URL に指定可能な変数は、呼び出されたときに該当するデータに置き換えられます。以下の変数の置換がサポートされています。

変数 詳細
AMPDOC_HOST Accelerated Mobile Pages(AMP)ドキュメントの URL ホスト。
AMPDOC_URL AMP ドキュメントの URL。


この変数を使用した URL:
https://example.com/pixel?host=AMPDOC_HOST
次のようなリクエストになります。
https://example.com/pixel?host=foo.com
CANONICAL_HOST 現在のドキュメントの正規 URL のホスト。


この変数を使用した URL:
https://example.com/pixel?host=CANONICAL_HOST
次のようなリクエストになります。
https://example.com/pixel?host=play.google.com
CANONICAL_PATH 現在のドキュメントの正規 URL のパス。


この変数を使用した URL:
https://example.com/pixel?path=CANONICAL_PATH
次のようなリクエストになります。
https://example.com/pixel?path=%2Fpage1.html
CANONICAL_URL 現在のドキュメントの正規 URL。


この変数を使用した URL:
https://example.com/pixel?href=CANONICAL_URL
次のようなリクエストになります。
https://example.com/pixel?href=https%3A%2F%2Fplay.google.com%2F
CLIENT_ID ドキュメント ソースの配信元(AMP ドキュメントを公開するウェブサイトの起点)とユーザー識別子ごとの ID。同じユーザーが 1 年以内に同じソースを参照した場合、CLIENT_ID は変わりません。1 年間のセッション ID を保管する Cookie とほぼ同じように動作します。ドキュメントが AMP キャッシュを通じて配信されていない場合、CLIENT_ID は指定した名前の Cookie に置き換えられます。Cookie がない場合、空の文字列が返されます。
DOCUMENT_REFERRER 現在のドキュメントのリファラー。
PAGE_VIEW_ID URL、ユーザー、および日付ごとに固有となるランダムな文字列。
RANDOM 0 以上 1 未満の乱数。
TIMESTAMP ピクセル トラッキング リクエストが作成されたときのタイムスタンプ。エポック時間で表します(1970 年から現在までの経過秒数)。
TITLE 現在のドキュメントのタイトル。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。