地図上の対象物をファイルからインポートする

KML ファイル、スプレッドシート、その他のファイルに保存されている対象物(ライン、シェイプ、場所など)を自分の地図にインポートできます。

レイヤに地図データをインポートする

ステップ 1: 情報を準備する

ファイルのインポート

次のいずれかの形式で情報が保存されていることを確認します。

  • CSV
  • TSV
  • KML
  • KMZ
  • GPX
  • XLSX
  • Google スプレッドシート
  • Google ドライブまたは Google フォトに保存された写真

KML(KMZ を zip 解凍したファイル)の最大サイズは 5 MB です。

CSV ファイルと Google スプレッドシート ファイルでは、どちらも WKT ジオメトリ形式に対応しています。

その他のファイルの最大サイズは 40 MB です。

ファイルの先頭行にタイトルが含まれている必要があります(インポートするデータが写真の場合を除く)。データを適切にインポートするため、次のいずれかの列が存在することを確認してください。

  • 緯度と経度情報
  • 住所
  • 場所の名前
  • WKT 形式のベクター ジオメトリ オブジェクト

行数が 2,000 を超えるファイルはインポートしないでください。一度にインポートできる写真は最大 100 枚です。

CSV ファイルまたは Google スプレッドシートでは、「WKT」という名前の WKT 列に対応しています。

ステップ 2: 情報を地図にインポートする
  1. お使いのパソコンでマイマップにログインします。
  2. 既存の地図を開くか、新しい地図を作成します。
  3. 地図の凡例で、[レイヤを追加] をクリックします。
  4. 新しいレイヤに名前を付けます。
  5. 新しく追加したレイヤで [インポート] をクリックします。
  6. 情報が含まれているファイルまたは写真をアップロードして、[選択] をクリックします。
    1. WKT オブジェクトを使用する場合は、WKT のチェックボックスをオンにして、目印を配置する列を選択します。

ヒント: マイマップでは地図上の対象物が自動的に追加されます。

情報のインポートまたは変更に関する問題

情報を正しくインポートできない場合:

KML ファイルの場合、次のいずれかの情報がインポートされないことがあります。

  • HTML または JavaScript を含む情報バルーン
  • KML ツアー
  • 時間ベースの要素
  • 画像と画面オーバーレイ
  • マルチ ジオメトリ
  • 3D モデル
  • フォルダ

インポート後、WKT 列を変更する際に問題が発生することがあります。

  • WKT 列はインポート時のジオメトリで、テキストベースのものではなくなっています。
  • これらを編集するには、標準のジオメトリ編集ツールを使用します。テーブル エディタでは、住所列を編集する際と同様に WKT 列を編集することはできません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
81645
false