自動フィードを使用して商品データを作成する

自動フィードを使用すると、Google に商品データを簡単に送信して、Google のさまざまなタッチポイントで商品に関する情報を購入者に見つけてもらえるようになるため、世界規模で新規顧客にリーチできるようになります。

この記事では、Merchant Center で自動フィードを使用して商品データを送信、管理する方法について説明します。

仕組み

自動フィードでは、ウェブサイトのクロールという機能を使用します。この機能は、構造化データやサイトマップの情報を利用して、ウェブサイトから関連商品に関する最新情報を抽出します。

自動フィードにおいてウェブサイトのクロールが適切に機能できるようにするには、ウェブサイトのすべての商品のランディング ページに、schema.org の構造化データのマークアップを追加する必要があります。詳しくは、構造化データのマークアップについての記事をご覧ください。

自動フィードを使用するには、タイトル [title]価格 [price]在庫状況 [availability]商品画像リンク [image_link] の各属性が必要です。Google がウェブサイトからさらに詳しい商品データを検索できるようにするには、構造化データのマークアップを使用して、補助フィードをアップロードしたり、詳細情報を登録したりします。例: GTIN [gtin]ブランド [brand]MPN [mpn]サイズ [size][color]商品説明 [description]状態 [condition]

また、対象となるウェブサイトのサイトマップも読み込み、サイトを包括的にクロールします。詳しくは、サイトマップについての記事をご覧ください。

構造化データのマークアップをウェブサイトに追加すると、Merchant Center アカウントで新しいメインフィードを作成するときに、フィードの入力方法として [ウェブサイトのクロール] を選択できるようになります。これを選択すると、アカウントの [フィード] セクションに商品データが作成されます。

Merchant Center アカウントで入力方法として [ウェブサイトのクロール] が表示されない場合は、次の点を確認してください。

  • 構造化データのマークアップが、すべての必須属性に適切に実装されていること。
  • アカウントでフィードを削除したか、現在フィードを使用していないこと。
  • アカウントが強制停止されていないこと。
  • robots.txt の設定が適切であり、Googlebot がブロックされていないこと。詳細
Merchant Center アカウントで別のフィードを使用しているにもかかわらず、有効なショッピング キャンペーンがまだない場合(30 日間インプレッションが発生しなかった場合)は、自動フィードを使用することもできます。

自動フィードを設定する

自動フィードの利用を開始するには:

  1. Merchant Center アカウントを作成します。必ずウェブサイト URL の所有権の確認と申請を行ってください。
  2. ウェブサイト(特に商品ランディング ページ)に構造化データのマークアップが正しく実装されていることを確認します。この作業は、リッチリザルト ツールで行えます。
  3. Merchant Center アカウントで、[商品] をクリックし、[ウェブサイトから自動的に商品を追加] で [商品を追加] を選択します。
  4. ウェブサイトにある商品の一部のプレビューが表示されます。[商品を追加] をクリックして、アカウントに追加します。

留意点

商品をショッピング広告に掲載するには、次の操作も行ってください。

自動フィードを管理する方法

自動フィードを有効にして、入力方法として [ウェブサイトのクロール] を使用すると、Merchant Center の [すべての商品] ページで商品データをモニタリングできます。また、[診断] ページでデータ品質に関する問題を解決したり、[最適化] ページで成果を上げるための最適化案を確認したりできるようになります。データは、ウェブサイトが Google から受信するトラフィックに応じて、定期的に更新されます。

また、補助フィードを使用すれば、Merchant Center の商品データを必要なだけ何回でも更新できます。補助フィードはフィードに追加情報を提供します。補助フィードを高い頻度で更新したり、メインフィードに含まれていない追加の詳細情報を送信したりできます。詳しくは、補助フィードについての記事をご覧ください。

注: 価格の変更が頻繁に発生する場合は、Content API を使用することをおすすめします。

商品データ全体に大規模な変更を加える場合は、フィードのルールを使用することをおすすめします。詳しくは、フィードのルールについての記事をご覧ください。

自動フィードから商品を削除するには:

  • 非掲載先 [excluded_destination] 属性を補助フィードで使用します。
  • 商品の今後のクロールを無効にし、Merchant Center から完全に削除するには、構造化データのマークアップを使用して、商品の在庫状況に「discontinued」とタグ付けします。
  • Google による商品のインデックス登録が不要になった場合は、商品のランディング ページに「noindex」メタタグを追加します。これにより、ウェブ検索を含むすべての Google サービスからこのページが削除されます。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
71525
false