初心者向けガイド

商品データを作成する

アカウントを設定したら、次に商品データを作成してアップロードします。商品データの送信には、さまざまな既存の商品データソースまたは Google Content API for Shopping を使用できます。

メインフィードと補助フィード

フィードとは、取扱商品に関するすべての情報を記載したファイルのことです。商品に関する各種情報は属性として記述されます。属性があることで、ユーザーの検索と一致する商品が表示されるようになります。フィードは、メインフィードと補助フィードで構成されています。メインフィードは商品データの主要なソースで、補助フィードは Merchant Center の要件を満たすために追加データを提供する際に使用できます。詳しくは、フィードの使用についての記事をご覧ください。

マルチソース フィード(高度な機能)

高度なフィード機能として、ウェブサイトや既存のスプレッドシートなどのさまざまなソースにある未処理の商品データに基づいて、Merchant Center 内でフィードを作成できるツールセットが用意されています。これらのデータソースは Merchant Center プラットフォーム内で統合され、要件を満たすように変換されます。詳しくは、高度なフィードの使用についての記事をご覧ください。

Google Content API for Shopping(高度な管理方法)

Content API for Shopping は、Google にアップロードされた構造化データアイテムをプログラムで管理し、ショッピング広告やウェブ検索などの Google サービスで使用できるようにするものです。この API を使用して商品アイテムを検索したり、Google Merchant Center アカウントで商品アイテムを挿入、更新、削除したりできます。

Content API for Shopping は、ショッピング広告とアプリケーションの統合を担当する開発者向けに設計されています。Content API は、API キーを作成することで簡単に使ってみることができます。ただし、Content API for Shopping の性質上、開発者にはアプリケーション プログラミングでの経験や技術的な専門知識が求められます。詳しくは、Google Content API for Shopping についての記事をご覧ください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。