送料設定について

商品を Merchant Center に登録するときは、請求する送料についての情報も登録します。送料設定は、ショッピング広告や Shopping Actions など、Google サービス全体で使用されます。ユーザーがショッピングでの購入を取り止める理由として最も多く挙げられるのが送料の問題です。そのため、送料の設定が正確で最新のものであることが大切です。

この記事では、さまざまな設定の仕組みと、各設定を使用するケースについて説明します。詳しくは、送料の設定方法についての記事をご覧ください。

仕組み

特定の国または地域に広告を表示するには、その国や地域への配送サービスを提供し、送料を正しく設定する必要があります。送料はさまざまな要素によって異なりますが、Merchant Center の送料設定を使用すると、重量、価格、目的地などの要素に基づいて送料テーブルを設定できます。ウェブサイトでの送料の請求方法と同じ配送オプションを選択してください。一般的な運送会社の送料とまったく同じ金額を購入者に請求する場合、一部の国では運送業者の送料を選択して、送料を自動的に計算することもできます。

送料設定では、送料属性(shipping_label [送料ラベル]shipping_weight [搬送重量])、寸法(shipping_length [梱包箱の奥行]shipping_width [梱包箱の幅]shipping_height [梱包箱の高さ])を使用して登録された商品データも考慮されます。さらに特定の商品に適用する配送時間を指定するには、transit_time_label [お届け日数ラベル] 属性を使用できます。

Merchant Center に登録する送料は、ウェブサイトで請求する送料と一致している必要があります。

注: ウェブサイトに掲載する送料と Merchant Center に登録する送料に相違がある場合、Merchant Center に登録する送料は 2 つの金額のうち高い方である必要があります。

送料設定が必要なケース

送料設定は次の状況で指定する必要があります。

  • 次の国で広告を掲載する場合: オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、チェコ、フランス、ドイツ、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ポーランド、韓国、スペイン、スイス、オランダ、英国、米国
  • 商品の主要な販売先ではない追加の国で広告を掲載する場合。詳しくは、複数の国にフィードを登録する方法をご覧ください。

送料の内容

送料には、運送業者の料金と配送に直接関連するその他の費用を含めます。配送に関連する費用には、手数料、配送料、配達料、物流費、運送料などが含まれます。

  • 店舗や各集荷所までの送料ではなく、ユーザーの所在地までの送料を登録します。
    • カナダの場合のみ、送料は税抜きで登録します。
    • スウェーデンとノルウェーでは、代わりに運送業者(PostNord、DHL、Bring、Schenker)の集荷所までの送料を登録することもできます。

ウェブサイトの発送条件に通関費用が含まれている場合は、通関費用を送料に含めることができます。送料には、前述の費用のいずれかに関連する保険料も含める必要があります。

オーストラリア、フランス、日本、米国で販売する商品の送料設定を指定する場合:

  • ランディング ページの在庫状況と、Merchant Center に登録する送料情報を一致させます。対象国内で商品を発送しない地域がある場合は、[配送なし] を使用して、特定の地域を除外します。

送料の設定方法

送料を設定するには、まず、送料の請求方法に基づいて、どのタイプの送料モデルを追加するかを決める必要があります。Merchant Center に登録するショッピング広告の送料は、ウェブサイトで請求する送料と一致しているか、それを上回る金額でなければなりません。

請求方法 配送オプション メリット
特定の範囲で送料無料 固定送料(0 円) 設定と管理が簡単
すべての注文に対して均一料金 固定送料 設定と管理が簡単
サポートされている運送業者の送料に基づいて請求 運送業者の送料に加えて、shipping_weight [搬送重量] と寸法属性(オーストラリア、ドイツ、アメリカで利用可能) すべてのユーザーの送料が一般的な運送業者の送料に基づいて自動的に計算され、運送業者の送料が変更されると自動更新される
注文額の割合に基づいて請求 注文合計額の割合 設定と管理が簡単で、価格に基づいたさまざまな送料を指定できる
2 つ以上の項目に基づいて請求 サブテーブル 配送サービスに項目を追加できる
特定の商品グループを配送サービスの対象から除外 配送なし 配送サービスの対象外とする商品を簡単に定義できる
特定の商品に対して固有の送料を請求

shipping [送料] 属性

ショッピング広告でのみ利用可能

特定の商品について、アカウントの送料設定を固有の送料で手動でオーバーライドできる

送料に関する商品データ

多くの場合、送料は商品の価格、重量、サイズなどの属性の情報に左右されます。これらの属性に基づいて送料を請求したり、重量やサイズに基づいて計算される運送業者の送料を使用したりする場合は、関連情報を商品データに追加する必要があります。

商品の詳細 属性 追加するデータ
商品の重量 shipping_weight [搬送重量] 属性 重量に基づいて送料を変えられるよう、各商品の搬送重量を指定する
商品の寸法 shipping_length [梱包箱の奥行]shipping_width [梱包箱の幅]shipping_height [梱包箱の高さ] の各属性 運送業者の送料の計算に使用する、商品の寸法を指定する
商品グループごとに異なる送料 shipping_label [送料ラベル] 属性 商品のグループ(例: 生もの、特大)を定義し、各グループに特別な送料を適用する
商品グループごとに異なるお届け日数 transit_time_label [お届け日数ラベル] 属性 より正確な配送予定日を提示できるよう、商品グループのお届け時間を指定する

より高度な送料設定の仕組み

使用する送料モデルによっては、以下のより高度な設定を理解しておく必要があります。

運送業者の送料(オーストラリア、ドイツ、イギリス、アメリカのみ)

この設定は、運送業者によって計算された送料に基づいて送料を請求する場合に使用します。サポートされている運送業者(例: UPS、TNT、Hermes)とサービス(例: 陸送、翌日航空便、3 営業日配送)から選択できます。
地域 サポートされている運送業者
オーストラリア AusPost、TNT、TOLL
フランス Geodis
ドイツ DHL、DPD、Hermes、UPS
イギリス DHL、DPD、Royal Mail、TNT、UPS、Yodel
アメリカ FedEx、UPS、USPS

運送業者の送料を使用するには、配送関連の属性も登録する必要があります(上記の表を参照)。

  • shipping_weight [搬送重量]
  • shipping_length [梱包箱の奥行]
  • shipping_width [梱包箱の幅]
  • shipping_height [梱包箱の高さ]

詳しくは、運送業者の送料の設定についての記事をご覧ください。

送料の変更

運送業者の送料では、各運送業者の一般標準料金が使用されますが、送料を割合または一定額によって調整(増額または減額)できます。

運送業者によっては、法人向け料金と個人向け料金の複数の送料が用意されている場合があります。Google では法人向け料金を使用します(例: FedEx の場合は「Standard」、UPS の場合は「Daily」)。一般標準料金以外の送料(業者割引などと呼ばれます)を使用する場合は、通常、料金を 50~60% に調整する必要があります。

運送業者と契約を結んでいる場合は、送料を割合または一定額で調整する必要があります(増額、または -10 などのマイナスの数字を使用して減額)。

サブテーブルと複雑な送料モデル

送料が 3 つ以上の項目に基づいている場合はサブテーブルを使用します。たとえば、送料が価格、重量、配送先に基づいて計算される場合はサブテーブルを使用します。詳しくは、サブテーブルの設定についての記事をご覧ください。

販売先の国外からの配送

  • 国境を越えて配送する場合、通常は税関手数料、関税、輸入税などの追加費用がかかります。運送業者が商品の通関手続きをすべて担当し、ウェブサイトの配送条件に通関費用が含まれている場合を除き、通関費用は shipping [送料] 属性に含めないでください。詳しくは輸出要件をご覧ください。

注: 韓国国外から韓国国内への配送は認められていません。

配送なし

特定の商品を配送サービスによって配送しないことを示すには、[配送なし] オプションを使用します。たとえば、23 kg 以上の商品を速達便で配送しない場合は、[配送なし] を指定します。
商品の対象国がオーストラリア、日本、アメリカの場合は、[配送なし] を指定して、特定の州(オーストラリアとアメリカ)、郵便番号(オーストラリアとアメリカ)、または都道府県(日本)を除外できます。たとえば、東京都以外の都道府県や、アメリカ東海岸を表す郵便番号の範囲には配送しないことを指定できます。
これらの国では、配送可能な地域への送料を設定したうえで、配送対象外の地域を [配送なし] に指定してください。詳しくは、送料の設定方法についての記事をご覧ください。

配送ゾーン(オーストラリア、フランス、米国のみ)

配送ゾーンを使用してカスタムの地域を作成し、オーストラリア、フランス、米国のお客様への配送に正確な送料とお届け日数を設定できます。たとえば、米国の東海岸にお住まいの場合、西海岸への配送では送料とお届け日数がより多くかかることがあります。詳しくは、配送ゾーンの設定についての記事をご覧ください。

お届け日数ラベル

複数の異なるグループの商品を配送する場合は、商品のグループごとにお届け日数ラベルを作成して、フィード内の対応する商品に transit_time_label [お届け日数ラベル] 属性を適用できます。お届け日数ラベルを使用すると、より正確な配送予定日をお客様に知らせることができるため、購入決定に結びつきやすくなります。たとえば、重量が重いので配送料が高い商品アイテムには、「重い」というお届け時間ラベルを追加します。詳しくは、お届け日数ラベルについての記事をご覧ください。

特大の商品の配送、貨物輸送(LTL)

運送業者が取り扱う荷物のサイズと重量には制限があります。通常、大型の商品は貨物輸送で配送されます。貨物輸送は「運送業者の送料」機能でサポートされていないため、商品が大きすぎて一般的な運送業者を使用して配送できない場合は、送料テーブルを手動で設定する必要があります。
注: これは、ショッピング広告商品のみに適用されます。Shopping Actions プログラムでは、LTL(小口混載輸送)と貨物輸送は現在取り扱っていません。
貨物輸送を設定する場合のおすすめの方法は次のとおりです。
  • shipping_label [送料ラベル] 属性を使用して、特大の商品や重量の大きい商品にラベルを付けます。 shipping_label [送料ラベル] 属性を使用すると、特大の商品にラベル(例: 特大)を付けて、その商品に特別な送料を指定できます。たとえば、一般的な貨物分類に送料ラベルを追加できます。
  • テーブルと送料グループを使用して、重量と配送先に基づいた料金を追加します。 複雑な送料設定の場合、サブテーブルまたは送料グループを使用して分けるのが最も簡単な方法です。
    • 送料ラベルに基づいた基本送料。 送料ラベルを使用すると、送料グループを作成することによって、商品グループごとに異なる送料テーブルを作成できます。たとえば、shipping_label [送料ラベル] 属性を使用して、各商品の貨物分類を指定できます。次に、ラベルごとにグループ(クラス 70、クラス 100 など)を作成します。
    • 重量と地域に基づいた基本送料。 送料ラベルを使用したくない場合は、異なる重量分類のサブテーブルと、地域別または郵便番号のグループ別に異なる送料をリンクできます。
  • 多めの金額を設定します。 正確な送料を指定できない場合は、多めの金額を登録します。ウェブサイトに記載されている送料よりも高い金額を登録しても、商品が不承認となることはありません。ウェブサイトに記載されている価格よりも低い送料を登録すると、商品は不承認となります。

詳しくは、送料の設定方法についての記事をご覧ください。

配送予定日

配送予定日は、ユーザーが購入を決定するための重要な情報です。配送予定日をショッピング広告に表示したい場合は、各配送サービスのお届け日数と各商品の発送準備時間を指定します。
お届け日数とは、運送業者がお客様の施設で集荷してからその荷物を配送するまでにかかる日数(営業日)を指します。Merchant Center アカウントで、各配送サービスのお届け日数オプションを設定できます。
発送準備時間とは、出荷前に注文を処理するために必要な営業日数を指します。通常、発送準備時間は、顧客から注文を受けてから運送業者が発送のために集荷するまでの時間です。発送準備時間は、Merchant Center の配送サービス内で、または商品データと一緒に、max_handling_time [最長発送準備時間] 属性と min_handling_time [最短発送準備時間] 属性を使用して登録します。詳しくは、配送予定日の設定についての記事をご覧ください。
祝日配送の締め切り設定
クリスマスや母の日などの特定の祝日までに届けるサービスを提供している場合、祝日配送の締め切り設定を行うことで、一時的な受け付け終了日を登録できます。[この日時以降を表示] フィールドに入力した日時に基づいて、お客様の購入する商品が祝日の当日までに配送されるかどうかが、商品に表示されます。
たとえば、12 月 24 日のクリスマスイブまでの配送を保証するには、12 月 15 日午後 2 時までに注文を受ける必要があるとします。この期限を Merchant Center に設定すると、商品が 12 月 24 日までに届くことを知らせるテキストが広告と Shopping Actions に表示されます。このテキストは、設定した期限(この例では 12 月 15 日午後 2 時)を過ぎると表示されなくなります。
祝日配送の締め切り設定は、他のすべての配送予定日設定よりも優先されます。設定した期限より前に受けたすべての注文を約束どおりに配送できるよう、十分に余裕を持って締め切り設定をすることが重要です。たとえば、クリスマス配達の注文期限を 12 月 24 日に設定した場合、その日までに注文された商品はすべてクリスマスまでの配達を保証することになります。この期日を守るために、週末の発送作業や速達便へのアップグレードが必要になるかもしれません。Shopping Actions に参加している場合、「発送期限」または「配達期限」の期日を遵守できないと販売者基準スコアが下がる可能性があります。

Merchant Center では、次の米国の祝日について、祝日配送の締め切り設定ができます。
  • バレンタイン デー
  • イースター
  • 母の日
  • 父の日
  • 独立記念日
  • ハロウィーン
  • 感謝祭
  • クリスマス

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。