商品を承認済みの状態に保つためのおすすめの方法

正確な情報の広告がユーザーに表示されるようにするため、Google では、登録された商品データと販売者のランディング ページに表示される情報が一致しているかを確認しています。この確認作業は定期的に行われ、これにより最新の情報を広告に表示することができます。

この記事では、商品データとランディング ページの情報を同期させるためのおすすめの方法について説明します。

Google がランディング ページのデータを確認できるようにする

Google Merchant Center によるランディング ページのデータ確認をスムーズにするための方法をいくつか紹介します。

  • 構造化データのマークアップを使用する。構造化データを使用して、ランディング ページの要素と商品フィード仕様の属性がどのように対応しているかを示すことができます。これにより、Google はランディング ページの要素の値に基づいて商品データを正しく確認することができます。また、構造化データを使用すると、商品アイテムを自動更新することができるので、サイトとフィードを常に同期し、商品アイテムが不承認となるのを防ぐことができます。詳細
  • ランディング ページが機能していることを確認する。Google が確認したときに商品のランディング ページが機能していないと、その商品は不承認となります。ランディング ページが一定期間機能しないことが事前にわかっている場合は、ランディング ページのメンテナンス、サイトの計画的なサービス停止時の推奨事項で説明されている手順に沿って操作してください。
  • Google のクローラが販売者のページにアクセスできるようにする。Google ではクローラを使用して、販売者のランディング ページのデータを読み取っています。サイトの robots.txt ファイルでクローラのアクセスを許可して、クローラがランディング ページにアクセスできるようにしてください。詳しくは、Google のクローラについての記事をご覧ください。
  • クロール速度を制限しない。Google Search Console では、Google によるサイトのクロール速度を制限することができます。クロール速度を制限すると、Google がランディング ページや画像をクロールできなくなる場合があります。Google がサイトをクロールできるようにするには、Googlebot のクロール速度を [サイトに合わせて自動的に最適化する] に設定してください。詳しくは、Googlebot のクロール速度を変更する方法をご覧ください。

価格と在庫状況を自動更新する

商品アイテムの自動更新を有効にすると、ランディング ページと商品データの価格や在庫状況が一致せずに商品が不承認となるのを防ぐことができます。また、商品データとランディング ページの情報が一致していないことに Google が気付いた場合、商品データが自動的に更新され、正しい情報が広告に表示されるようになります。この機能を有効にした場合でも、引き続き商品データを定期的に再登録する必要があります。詳しくは、商品アイテムの自動更新を有効にする方法をご覧ください。

ランディング ページを正しく設定するためのおすすめの方法をいくつか紹介します。

  • 構造化データを使用する。 すでに説明したとおり、送信したデータが price [価格] 属性および availability [在庫状況] 属性とどのように対応しているかは、構造化データのマークアップを使用して示します。そのため、自動更新を設定するには構造化データのマークアップが必要です。詳しくは、microdata についての記事をご覧ください。
  • 有効な HTML を使用する。Google ではランディング ページの構造に基づいて、表示されている価格の検出も行います。有効な HTML が使用されていれば、Google は正しい価格を検出することができます。有効な HTML を使用している場合でも、microdata を使って商品アイテムの自動更新を有効にする必要がある点にご注意ください。W3C 検証サービスを使用して HTML をチェックする方法をご確認ください。

大きなイベントの際に広告が表示されるようにする

新商品を売り出す場合は、新商品の発表中またはその直後に商品が承認済みになっているようにする必要があります。また、歳末の大売出しのときなどは、商品の価格や在庫状況が 1 日に何度も変わる場合があります。商品データとランディング ページに表示される情報を一致させて、商品が不承認とならないようにしてください。

大きなイベントの際に商品データを管理するためのおすすめの方法をいくつか紹介します。

  • 商品アイテムの自動更新を有効にする。前のセクションで説明したとおり、商品アイテムの自動更新を使用すると、ランディング ページの価格と在庫状況が、商品データに登録済みの値と異なっていることで商品が不承認となるのを防ぐことができます。ただし、商品データを更新するためのメインの方法としてこの機能を使用しないでください。この機能による更新は、Google がランディング ページをクロールしたときにのみ行われるため、商品データは通常どおり定期的に再登録する必要があります。詳しくは、商品アイテムの自動更新を有効にする方法をご覧ください。
  • 商品 ID が正確であることを確認する。固有商品 ID の中でも特に GTIN を指定すると、広告の情報が豊富になり、ユーザーが商品を見つけやすくなります。正しくない ID を使用すると、広告は不承認とならないかもしれませんが、適切なキーワードが検索されても広告が表示されなくなる可能性が高くなります。詳しくは、固有商品 ID についての記事をご覧ください。
  • ウェブサイトの構造を急に変更しない。前のセクションで説明したとおり、Google ではランディング ページをクロールして、価格や在庫状況などの情報を収集しています。ウェブサイトのページの構造を大幅に変更すると、Google が特定の商品の詳細を確認できなくなり、商品が一時的に不承認となる場合があります。次のような変更は行わないでください。
    • ランディング ページのソースコード内で価格情報の位置を移動する
    • JavaScript やその他のアニメーションを使用して価格や値下げを表示する
  • 商品の ID を変更しない。商品の ID を変更すると、その商品は新しい商品として処理されます。この商品が広告に表示されるには再度承認される必要があり、これには 3 営業日ほどかかる場合があります。また、この商品の過去の販売状況は新しい ID の商品と関連付けられません。id [id] 属性の詳細をご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。