shipping [送料]

shipping [送料] 属性を使用すると、商品の配送所要日数と送料を指定できます。Merchant Center のアカウントに商品アイテムの配送設定が定義されていない場合や、Merchant Center で設定した配送設定をオーバーライドする必要がある場合にこの属性を使用します。例えば、大型商品や壊れやすい商品について配送設定をオーバーライドする必要がある場合などです。

shipping [送料] 属性は、「Google で購入」では使用できません。この場合、Merchant Center からアカウント単位で送料を設定する必要があります。「Google で購入」の送料設定の詳細

送料には、運送業者が請求する料金または配送に直接関連するその他の費用を含めます。「発送」、「配送」、「配達」、「物流」、「運送業者」という単語で表される料金は、配送料とみなされます。ウェブサイトの発送条件に通関費用が含まれている場合は、通関費用を送料に含めることができます。送料には、前述の 5 つの単語のいずれかに関連する保険料も含める必要があります。

送料には、購入者が注文してから商品を受け取るまでの配送所要日数も含まれます。配送所要日数には、発送準備時間(処理時間とも呼ばれます)とお届け日数の両方が含まれます。発送準備時間は、注文を受けてから運送業者に引き渡すまでの時間です。お届け日数は、注文を運送業者に引き渡してから、購入者が受け取るまでの時間です。

ユーザーがショッピングでの購入を取り止める理由として、最も多く挙げられるのが配送所要日数と送料です。そのため、正確な情報を表示すると、広告と無料リスティングのパフォーマンス向上に役立ちます。

shipping [送料] 属性は、送料が不要なプログラムで商品の配送先の国を指定するためにも使用できます。

使用する場面

「Google で購入」では利用できません

送料は、拡張リスティングで必須です

また、以下の国を対象とするショッピング広告で必須です。

  • オーストラリア
  • オーストリア
  • ベルギー
  • カナダ
  • チェコ
  • フランス
  • ドイツ
  • アイルランド
  • イスラエル
  • イタリア
  • オランダ
  • ポーランド
  • 韓国
  • スペイン
  • スイス
  • 英国
  • 米国
shipping [送料] 属性を登録するのではなく、Merchant Center で送料を設定することをおすすめします送料設定の詳細

この属性は、商品アイテムの配送先の国を追加で指定する場合に使用します。

また、Merchant Center に商品アイテムの送料が定義されていない場合や、大型商品や壊れやすい商品などについて Merchant Center で設定した送料設定をオーバーライドする必要がある場合にもこの属性を使用します。

この shipping [送料] 属性には次のサブ属性があります。

  1. country [国](必須)
    • 商品の配送先に指定できる国。ISO 3166-1 国コード(CH など)を登録します。
  2. 配送地域(省略可)を指定するには、次のオプションのいずれかを登録します。
    • region [県](省略可)
      州、準州、または県を登録します。この属性は、米国、オーストラリア、日本で使用できます。ISO 3166-2 コード表(USAUJP)から下位分類コードを国の接頭語を付けずに登録します(例: NY、NSW、03)。
    • postal_code [郵便番号](省略可)
      郵便番号の範囲を登録します。この属性は、米国とオーストラリアで使用できます。
      次のいずれかの形式で登録します。
      郵便番号(例: 94043)
      郵便番号の範囲(例: 94002-95460)
      接頭語とワイルドカード(*)を使用した郵便番号の範囲(例: 94*)
      接頭語とワイルドカード(*)をそれぞれ 2 つ使用した郵便番号の範囲(例: 94*-95*)
    • location_id [地域 ID](省略可)
      Google Ads API(AdWords API)によって定義された、地域の数値基準 ID を登録します(例: カリフォルニアの場合は 21137)。この属性は、米国(州)、オーストラリア(州)、日本(都道府県)で使用できます。
    • location_group_name [地域グループ名](省略可)
      Merchant Center で設定し、名前を付けた地域グループを登録します。そこで設定したグループ名を使用します(例: West Coast、Outback)。この属性は、米国とオーストラリアで使用できます。地域グループの設定の詳細
  3. service [サービス](省略可)
    • サービスクラスまたは配送所要日数を登録します。
  4. price [価格](配送所要日数のオーバーライドを指定する場合に必須。それ以外の場合は省略可)
    • 固定の送料を登録します。小数点記号にはピリオド(.)を使用します(例: 3.00 USD)。価格が正しく解釈されるようにするため、カンマ(,)は使用しないでください。
  5. 発送準備時間(省略可)を指定するには、次のサブ属性を登録します。
    • min_handling_time [最短発送準備時間]
      注文を受けてから運送業者に引き渡すまでの最短日数。
    • max_handling_time [最長発送準備時間]
      注文を受けてから運送業者に引き渡すまでの最長日数。

      shipping [送料] のサブ属性である上記の発送準備期間と、単独の handling_time [発送準備時間] 属性を併用しないでください。商品に対して両方の属性セットを指定した場合、shipping [送料] の発送準備期間サブ属性は単独の handling_time [発送準備時間] 属性をオーバーライドします。広告や無料リスティングには shipping [送料] のサブ属性をおすすめしますが、「Google で購入」で販売される商品には単独の属性をおすすめします。

      営業日を使用します。たとえば、火曜日に注文を受け、金曜日までに倉庫から発送する場合、最長発送準備時間は 3 日間となります。
  6. お届け日数(省略可)を指定するには、次のサブ属性を登録します。
    • min_transit_time [最短お届け日数]
      商品が運送業者に引き渡されてから、購入者に納品されるまでの最短日数。
    • max_transit_time [最長お届け日数]
      商品が運送業者に引き渡されてから、購入者に納品されるまでの最長日数。
注: Google による配送所要日数の計算には、max_handling_time [最長発送準備時間]max_transit_time [最長お届け日数] の両方のサブ属性の値を指定する必要があります。発送準備時間のサブ属性とお届け日数のサブ属性が有効と見なされるようにするため、送料のサブ属性 price [価格] の値も登録する必要があります。
price [価格] 属性を登録すると、その商品について一致する国ではアカウントの配送サービスの設定(お届け日数など)が無視されます。

形式

登録したデータを Google が認識できるようにするため、以下の入力形式に関するガイドラインに沿って設定してください。

Unicode 文字(推奨: ASCII のみ)

サポートされている値

AUD、CAD、CHF、EUR、GBP、NZD、SGD、USD の場合: 
0~1000

AED、BRL、CNY、DKK、HKD、ILS、MYR、NOK、PLN、SAR、SEK、TRY の場合:
0~5000

ARS、CZK、MXN、THB、TWD、UAH、ZAR の場合: 
0~20000

INR、JPY、PHP、RUB の場合: 
0~100000

KRW の場合:
0~1000000

CLP の場合: 
0~500000

COP の場合: 
0~2000000

IDR の場合: 
0~10000000

VND の場合:
0~20000000

繰り返しフィールド

説明

商品ごとに shipping [送料] を最大 100 回登録できます。
 
ファイル形式 入力例
テキスト フィード

名前には登録するサブ属性を含めます。shipping [送料] を指定してから、丸括弧の中に登録するサブ属性名をコロン(:)で区切って追加します。

たとえば、国、郵便番号、価格、発送準備時間、お届け日数を登録するには、次のようにします。

名前        shipping(country:postal_code:price:min_handling_time:max_handling_time:
min_transit_time:max_transit_time
) [送料(国:郵便番号:価格:最短発送準備時間:最長発送準備時間:最短お届け日数:最長お届け日数)]

名前にサブ属性を含めない場合は、属性の値にはすべてのサブ属性が次の順序で含まれているとみなされます。

  1. country [国]
  2. region [県]
  3. service [サービス]
  4. price [価格]

は、各サブ属性を名前と同じ順序でコロン(:)で区切って記述します。引用符は使用できません。例:

名前        shipping(country:postal_code:price:min_handling_time:max_handling_time:
min_transit_time:max_transit_time) [送料(国:郵便番号:価格:最短発送準備時間:最長発送準備時間:最短お届け日数:最長お届け日数)]

値の例    US:80302:6.49 USD:1:3:2:5

複数の地域を登録するには、この属性を同じ名前で複数回登録します。例:

名前        shipping(country:postal_code:price:min_handling_time:max_handling_time:
min_transit_time:max_transit_time) [送料(国:郵便番号:価格:最短発送準備時間:最長発送準備時間:最短お届け日数:最長お届け日数)]

値の例    US:94002-95460:0 USD:1:3:2:5

名前        shipping(country:postal_code:price) [送料(国:郵便番号:価格)]
値の例    US:900*-901*:15.99 USD

オプションのサブ属性(service [サービス] など)を特定の商品で指定したくない場合は、コロン(:)を追加し、テキストは空白のままにします。例:

名前        shipping [送料]
値の例    US:::6.49 USD

名前        shipping(country:region:price) [送料(国:県:価格)]
値の例    US::6.49 USD

XML フィード

必要に応じて、オプションのサブ属性を指定します。さまざまな配送場所への送料を指定するには、shipping [送料] 属性と関連するサブ属性を複数回登録します。

<g:shipping>

  <g:country>US</g:country>

  <g:region>MA</g:region>

  <g:service>Ground</g:service>

  <g:price>6.49 USD</g:price>

  <g:min_handling_time>1</g:min_handling_time>

  <g:max_handling_time>3</g:max_handling_time>

  <g:min_transit_time>2</g:min_transit_time>

  <g:max_transit_time>5</g:max_transit_time>

</g:shipping>

<g:shipping>

  <g:country>US</g:country>

  <g:region>MA</g:region>

  <g:service>Express</g:service>

  <g:price>15.99 USD</g:price>

  <g:min_handling_time>1</g:min_handling_time>

  <g:max_handling_time>3</g:max_handling_time>

  <g:min_transit_time>2</g:min_transit_time>

  <g:max_transit_time>5</g:max_transit_time>

</g:shipping>


Content API 用にデータをフォーマットするには、Content API for Shopping をご覧ください。

ガイドライン

高品質な商品データを登録するため、以下のガイドラインに沿って設定してください。

最小要件

商品を表示するには、次の要件を満たす必要があります。これらの要件を満たしていない場合は商品が不承認となり、Merchant Center アカウントの [診断] ページに通知が表示されます。

  • 完全で正確な配送情報(配送所要日数、送料など)を登録します。
  • 購入者が商品の購入を取り止める理由として、最も多く挙げられるのが配送所要日数と送料の 2 つの問題です。そのため、配送設定は正確で最新のものとし、広告とリスティングの効果を高めることが大切です。
    • 関連するすべての送料を含めます。「配送」、「配達」、「発送」、「物流」、「運送業者」という単語を含む、購入に対するすべての費用を含めてください。
    • 正確な送料を提供できない場合は、少し多めの金額を指定します。ユーザーが支払う送料と同じか、それを多少上回る金額を指定してください。過度に多めに見積もると、商品の売れ行きに悪影響を及ぼす可能性があるのでご注意ください。
  • 個人に直接配送するための送料を使用します。それ以外の送料(ショップに配送するための送料や、会員にならないと適用されない送料など)は使用しないでください。
  • すべてのユーザーに向けてランディング ページに詳細情報を表示します。配送対象外の場所にいるユーザーの場合でも、ユーザーが広告をクリックしたら商品の詳細情報を確認できるようにしてください。
  • 配送情報を登録するときは地域の法律を遵守してください。

おすすめの方法

ここでは、商品データの基本的な要件を満たしたうえで、さらに効果を上げるための最適化方法を紹介します。

  • Merchant Center アカウントの配送設定を使用します。これらの設定を使用して、シンプルな均一料金や複雑なカスタムモデルを作成できます。shipping [送料] 属性は、Merchant Center で作成した設定をオーバーライドするための最後の手段として使用します。
  • 販売先の国の通貨で表現できる送料を登録します(ISO 4217 に準拠)。たとえば、1.0012 USD ではなく 1.01 USD と登録します。販売先の国の通貨で価格を表現できない場合は、表現できる値への丸め処理が行われます。
  • 属性を複数回登録する場合は、競合する情報を登録しないでください。たとえば、同じ地域または同じサービスクラスに対して 2 つの異なる価格を登録しないようにします。
  • プロモーション フィードを使用して送料プロモーションを登録します。2 週間のサマーバーゲン期間中に送料無料にするならば、プロモーション フィードで送料プロモーションをアップロードし、有効な期間の日付を入力します。コードを使用することで、買い物客がウェブサイトで購入手続きをするときに送料を無料にできます。プロモーションの詳細
  • 送料とは別に、購入に付随するすべての追加手数料を明記します。たとえば、輸入税、リサイクル料金、クレジット カード手数料、サービス料を記載します。この情報を tax [税金] 属性または price [価格] 属性の一部として登録しないでください。
  • 配送するすべての地域の送料を登録します。商品データまたはアカウントの配送設定で、配達先地域への送料を登録しないと、商品またはアカウントが不承認となることがあります。
  • Google 広告のショッピング キャンペーンを、商品の送料設定と availability [在庫状況] と一致させてください。 地理的な場所の広告をパーソナライズする方法

その他のガイドライン

各セクションを十分に読み、要件がお住まいの国や商品に適用されるかどうかをご確認ください。適用される要件を満たしていない場合は商品が不承認となり、Merchant Center アカウントの [診断] に通知が表示されます。

スウェーデン、ノルウェー、フィンランド
  • ユーザーの住所または集荷所のいずれかの送料を登録します。スウェーデン、ノルウェー、フィンランドでは、送料を登録する場合、運送業者(PostNord、DHL、Bring、Matkahuolto、Schenker)の集荷所までの送料を登録できます。こうした運送業者のいずれかを利用できることをウェブサイトに記載してユーザーに知らせてください。
アルゼンチン、チリ
  • ユーザーの住所、集荷所、店舗受け取りのいずれかの送料を登録します。
配送先を除外する
  • ランディング ページの在庫状況と商品データの送料設定を一致させます。販売先の国内で商品を配送しない地域がある場合は、配送対象の地域の送料のみを登録してください。
販売先の国外からの配送
  • 関税に関連した追加費用が適用される可能性があることをランディング ページに明記します。たとえば、ユーザーが注文を行う前に追加費用について認識できるよう、購入手続きの途中に事前説明の表示を組み込みます。輸出入に関連する情報を tax [税金] 属性または price [価格] 属性の一部として登録しないでください。詳しくは輸出要件をご覧ください。
ソフトウェアの定期購入、ダウンロード
  • 無形の商品(ソフトウェアの定期購入、デジタル コンテンツ、ダウンロード可能なソフトウェアなど)を宣伝するときは、送料を 0 として登録します(販売先の国で送料が必須の場合)。送料は、shipping [送料] 属性またはアカウントの送料設定を使用して登録できます。

テキスト形式

名前は、shipping [送料] を指定してから、丸括弧の中に登録するサブ属性名をコロン(:)で区切って記述します。

たとえば、国、郵便番号、価格を登録するには、次のように表記します。

名前 shipping(country:postal_code:price) [送料(国:郵便番号:価格)]

値は、各サブ属性を名前と同じ順序でコロン(:)で区切って記述します。たとえば、次のようになります。

名前        shipping(country:postal_code:price) [送料(国:郵便番号:価格)]
値の例    US:80302:6.49 USD
値の例    US:30*:12.75 USD

価格のみを登録することもできます。たとえば、次のようになります。

名前        shipping(price) [送料(価格)]
値の例    6.49 USD

名前にサブ属性を含めない場合でも、country [国]、region [地域]、service [サービス]、price [価格] の順序で 4 つすべての属性の値を登録します。たとえば、次のようになります。

名前        shipping [送料]
値の例    US:CA:Express:6.49 USD

オプションのサブ属性(service [サービス] など)を特定の商品で指定したくない場合は、コロン(:)を追加し、テキストは空白のままにします。たとえば、次のようになります。

名前        shipping [送料]
値の例    US:::6.49 USD

名前        shipping(country:region:price) [送料(国:県:価格)]
値の例    US::6.49 USD

繰り返しフィールド(地域ごとの送料の例)

テキスト

地域ごとに異なる送料を示すために、商品アイテムごとに送料の値を最大 100 個登録することができます。複数の地域を登録するには、この属性を同じ名前で複数回登録します。たとえば、次のようになります。

商品 犬用整形外科ベッド
title [商品名] 犬用整形外科ベッド、XXL サイズ
shipping [送料] US:94002-95460:0 USD
shipping [送料] US:900*-901*:0 USD
shipping [送料] US:902*-930*:15.99 USD

    

XML

XML フィードに複数の送料グループを登録するには、送料グループごとに個別の属性を指定します。商品ごとに最大 100 個の shipping [送料] 属性を登録することができます。

<g:shipping>
   <g:country>JP</g:country>
   <g:region>01</g:region>
   <g:service>翌日配送</g:service>
   <g:price>0 JPY</g:price>
</g:shipping>
<g:shipping>
   <g:country>JP</g:country>
   <g:region>47</g:region>
   <g:service>普通便</g:service>
   <g:price>499.00 JPY</g:price>
</g:shipping>
<g:shipping>
   <g:country>JP</g:country>
   <g:region>13</g:region>
   <g:service>普通便</g:service>
   <g:price>649.00 JPY</g:price>
</g:shipping>

郵便番号

米国とオーストラリアでは、postal_code [郵便番号] サブ属性を使用して郵便番号を登録することができます。これらの値の登録方法は複数あります。

1 つの郵便番号を登録する

完全な郵便番号を指定します。次のように指定します。

postal_code [郵便番号]    94043

郵便番号の範囲を登録する

2 つの完全な郵便番号をハイフン(-)で区切って指定します。次のように指定します。

postal_code [郵便番号]    94002-95460

ワイルドカードを使用して郵便番号の範囲を登録する

任意の桁数の番号の後にアスタリスク(*)を付けます。この例では、94 で始まるすべての郵便番号が含まれます。次のように指定します。

postal_code [郵便番号]    94*

接頭語とワイルドカードを 2 つ使用して郵便番号の範囲を登録する

接頭語とアスタリスク(*)を 2 つ使用し、ハイフン(-)で区切って、範囲を絞り込むことができます。どちらの接頭語も桁数は同じにします。次のように指定します。

postal_code [郵便番号]    94*-95*

送料無料、ソフトウェアの定期購入、ダウンロード

送料無料を指定するには、販売先の国の通貨でサブ属性 price を 0 に設定します。無形の商品(1 回限りのダウンロード、ソフトウェアの定期購入など)の場合は、shipping [送料] も 0 に設定します。たとえば、次のようになります。

商品 Google セキュリティ ソフトウェア ベーシック エディション(1 年間の定期購入)
title [商品名] Google セキュリティ ソフトウェア ベーシック エディション(1 年間の定期購入)
price [価格] 2990.00 JPY
google_product_category [Google 商品カテゴリ] Software > Computer Software > Antivirus & Security Software [ソフトウェア > PCソフト > セキュリティ・ウイルス対策ソフト]
brand [ブランド] Google
shipping [送料] US:::0 USD
image_link [商品画像リンク] http://www.example.com/image1.jpg
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。