小売店向け動的リマーケティングについて

リマーケティングでは、過去のサイト訪問者に対して、訪問したセクションに応じてカスタマイズされた広告を表示することができます。小売店向け動的ディスプレイ広告ではこれをさらに一歩進めて、ユーザーが過去にサイトで取った行動に合わせた具体的な商品情報を含む動的リマーケティング広告を表示することが可能です。

仕組み

小売店向け動的リマーケティングを使用するには、まず Google Merchant Center から商品データを登録し、Google 広告と Merchant Center アカウントをリンクし、さらに動的リマーケティング キャンペーンを作成する必要があります。この手順によって、Merchant Center アカウントの商品データを動的リマーケティング キャンペーンで使用できるようになります。

すでにショッピング広告の商品を登録済みの場合は、既存のデータを動的リマーケティング キャンペーンに使用できます。ディスプレイ広告固有の属性を商品フィードに追加することもできます。

商品データが Merchant Center に登録されると、Google 広告で動的リマーケティング キャンペーンを作成し、動的リマーケティング タグをウェブサイトに追加できるようになります。詳しくは、Google 広告で動的リマーケティング キャンペーンを作成する方法をご覧ください。

ディスプレイ広告の商品アイテム ステータス レポートを有効にする

小売向け動的ディスプレイ広告を使用して商品を宣伝する際には、その商品の商品アイテム ステータス レポートを有効にすることができます。これにより、[ホーム] ページにディスプレイ広告掲載先の商品アイテム ステータス概要グラフ、[商品] ページに商品アイテム ステータス レポートが表示されるようになります。

ディスプレイ広告掲載先のオファー ステータス レポートを有効にするには:

  1. Merchant Center アカウントにログインします。
  2. その他メニューから、[Merchant Center プログラム] をクリックします。
  3. [動的リマーケティング] カードを探して [有効にする] をクリックします。

一度有効にしたレポートを無効にすることはできませんが、Merchant Center フィード設定内から動的リマーケティングのターゲットとしてフィード全体を無効にするよう選択することができます。

動的リマーケティングに関するポリシー

動的広告キャンペーンを運用するには、Google 広告ポリシーに準拠する必要があります。動的リマーケティングなど、インタレスト ベース広告に分類される広告には、特定のポリシーが適用されます。

商品データのソースが同じでも、動的広告とショッピング広告にはそれぞれ異なるポリシーが適用されます。そのため、ショッピング広告で宣伝できる商品でも動的リマーケティング キャンペーンでは宣伝できない場合や、その逆の場合もあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。