Meet ハードウェアで静的 IP を設定する

企業向けの Chrome デバイスの管理者と IT 担当者を対象としています。

Google Meet ハードウェアは、有線ネットワークとワイヤレス ネットワークで利用できます。多くの組織では DHCP や Wi-Fi を使用していません。DHCP と Wi-Fi ではイーサネットと同等の品質が得られなかったり、DHCP と Wi-Fi を利用できなかったりすることがあります。DHCP や Wi-Fi を使用していないネットワーク環境で、デバイスがイーサネット経由で接続されている場合は、Meet ハードウェアに静的 IP アドレスを設定します。設定方法は、デバイスをすでに登録してある場合と、デバイスを初めて使用する場合とで異なります。

始める前に

Google ミーティング ルーム ハードウェアのネットワークの要件をご覧ください。

登録時に設定を完了する

Meet ハードウェアを初めて設定するときに、デバイスがイーサネット経由で接続されていて、ネットワークに DHCP サーバーがない場合は、以下の手順を行います。

  1. デバイスの電源をオンにします。
  2. デバイスにキーボードを接続します。
  3. セットアップ画面が表示されるのを待ちます。プロンプトの操作を行わないでください。
  4. [次へ] をクリックします。
  5. 右下の時刻表示をクリックします。
  6. ポップアップ ウィンドウの Wi-Fi アイコン "" 次に [イーサネット] をクリックします。
  7. イーサネット設定のポップアップ ウィンドウで、[IP アドレスを自動的に設定] をオフ "" にします。
  8. 元のネットワークの設定に応じて、以下の項目に入力します。
    • IP アドレス
    • ルーティング プレフィックス
    • ゲートウェイ
  9. 下にスクロールして [Google ネームサーバー] を選択します。
  10. デバイスを再起動します。

登録時とは別に設定を完了する

Wi-Fi またはアクセス ポイントを使用して登録した場合は、次の手順で Meet ハードウェアに静的 IP アドレスを設定します。

  1. デバイスの電源をオンにします。
  2. デバイスにキーボードを接続します。
  3. Ctrl+Alt+S キーを押してキオスクモードを終了します。
    ログインを求めるメッセージが表示されます。
  4. 右下の時刻表示 次に Wi-Fi アイコン "" をクリックします。
    デバイスのイーサネット ポートがすでにスイッチに接続されている場合は、イーサネットが一番上に表示されます。
  5. [イーサネット] をクリックします。
  6. イーサネット設定のポップアップ ウィンドウで、[IP アドレスを自動的に設定] をオフ "" にします。
  7. 元のネットワークの設定に応じて、以下の項目に入力します。
    • IP アドレス
    • ルーティング プレフィックス
    • ゲートウェイ
  8. 下にスクロールして [Google ネームサーバー] を選択します。
  9. ウィンドウを閉じます。
  10. キオスクモードでデバイスを再起動します。

ゲストまたはユーザーとして静的 IP を設定する

Meet ハードウェア デバイスにゲストまたはユーザーとしてログインし、ユーザー セッションで静的 IP アドレスを設定する場合:

  • 他のユーザーが別の静的 IP アドレスをデバイスに設定していない場合、Meet はユーザー セッションで設定された IP アドレスを使用します。
  • 他のユーザーが上記のいずれかの方法ですでに静的 IP アドレスを設定している場合、Meet はその IP アドレスを使用し、ユーザー セッションで設定された IP アドレスは無視します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。