省電力設定の管理

10 分間何も操作しないとモニターを自動的にオフにし、カレンダーに登録されている次の予定の 10 分前に自動的にオンになるように設定できます。また、特定の時間帯はモニターがオンのままになるように設定することもできます。

はじめに

  • HDMI-CEC の有効化、他の詳細設定の変更、モニターのファームウェアの更新が必要となる場合があります。詳しくは、メーカーのマニュアルをご覧ください。
  • ディスプレイと Google Meet ハードウェアの HDMI ポートに HDMI ケーブルを接続します。

ディスプレイのテスト

ご使用のモニターが省電力機能をサポートしているかどうかをテストできます。

  1. Google Meet ハードウェアのタッチスクリーンで、設定アイコン "" 次に [ディスプレイ] をタップします。
  2. [省エネ機能をテスト] で [テスト] をタップします。

Google Meet ハードウェアは、ディスプレイをオフにしてから再びオンにします。テストが完了するまでに 30 秒程度かかることがあります。

省電力設定の変更

省電力設定は、[設定とポリシー] ページで変更できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから [デバイス] 次に [Google Meet ハードウェア] に移動し、右側にある設定アイコン "" をクリックします。

    一部の機能の利用には、Google ミーティング ルーム ハードウェアでカレンダーを使用する権限が必要な場合があります。

  3. (省略可)左側で組織部門を選択します。
  4. [ディスプレイの省電力モード] までスクロールします。
  5. (省略可)ディスプレイをオンのままにする時間帯を設定するには、[指定した時間帯はディスプレイをオンのままにする] チェックボックス 次に 目的の曜日と時間を選択します。
  6. [保存] をクリックします。

デバイスの復帰

省電力モードでは、次の場合にディスプレイがオンになります。

  • 予定されている会議の 10 分前になったとき
  • 画面をタップしたとき
  • デバイスを会議にリモートで接続したとき
  • HDMI ケーブルを使用してデバイスをタッチスクリーンに接続したとき(Mimo のみ)

詳しくは、デバイスをリモートで管理するをご覧ください。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。