デバイスのリストをダウンロードする

管理者は、デバイスのリストを Google スプレッドシートに書き出したり、リストを CSV ファイルとしてダウンロードしたりできます。デバイスの数を確認したり、トラブルシューティングを行ったりする際に、スプレッドシートが必要になる場合があります。このリストには、デバイス名、ステータス、接続済み周辺機器、OS のバージョン、IP アドレスなどの値が含まれます。

 

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス管理] 次に [Google ミーティング ルーム ハードウェア] にアクセスします。

    [デバイス管理] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

    一部の機能では、Google ミーティング ルーム ハードウェアでカレンダー権限が設定されている必要があります。

  3. [デバイス] でダウンロード アイコン ダウンロード をクリックします。

  4. リストを Google スプレッドシートに書き出すか、CSV ファイルとしてダウンロードするかを選択します。

  5. [ダウンロード] をクリックします。

  6. リストの準備が整うと、右上の [タスク] にリンクが表示されるので、リンクをクリックしてリストを取得します。

リストの各列の説明

列名 説明
adminConsoleUrl Google 管理コンソールのデバイスのページへの直接 URL
deviceId デバイス ID
deviceName デバイス名
status プロビジョニングのステータス
orgUnitPath 組織部門
model ハードウェアの機種
serialNumber シリアル番号
lastEnrollmentTime 登録またはデプロビジョニングの日時
annotatedAssetId カスタム フィールド: アセット ID
annotatedUser カスタム フィールド: ユーザー
note カスタム フィールド: メモ
annotatedLocation カスタム フィールド: 場所
assignedCalendarResourceEmail 割り当て済みカレンダー リソースのメールアドレス
assignedCalendarGeneratedResourceName 割り当て済みカレンダー リソースの名前
assignedRoomResourceName 割り当て済みカレンダー リソースの会議室名
assignedRoomBuilding 割り当て済みカレンダー リソースのビルディング名
assignedRoomFloor 割り当て済みカレンダー リソースの階
lastPeripheralReport 最新の周辺機器レポートの日時
connectedCameras 接続済みカメラ*
connectedSpeakers 接続済みスピーカー*
connectedMicrophones 接続済みマイク*
connectedTouchScreens 接続済みタッチ スクリーン*
defaultCamera デフォルトのカメラ
defaultSpeaker デフォルトのスピーカー
defaultMicrophone デフォルトのマイク
osVersion Chrome OS のバージョン
bootMode 起動モード
platformVersion プラットフォームのバージョン
firmwareVersion ファームウェアのバージョン
wifiMacAddress Wi-Fi MAC アドレス
ethernetMacAddress イーサネット MAC アドレス
lastSync ポリシー設定との最終同期
selectedCamera 選択したカメラ
selectedSpeaker 選択したスピーカー
selectedMicrophone 選択したマイク
ipAddresses アクティブな IP アドレス

 

* JSON エンコードされた文字列のリストが含まれます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。