Chromebase にカレンダーを割り当てる

Chromebase for meetings の設定

Chromebase for meetings デバイスを登録したあと、デバイスを会議室かユーザーのカレンダーに関連付ける必要があります。

組織で G Suite をご利用の場合は、デバイスを Google カレンダー リソース(会議室)に関連付けることができます。組織で G Suite をご利用でない場合は、Microsoft Outlook® プラグインを使用してビデオハングアウトのスケジュールを設定します。

Chromebase を会議室に関連付ける

会議室の Chromebase for meetings デバイスを登録したあと、管理ユーザーがその会議室のオンライン カレンダーにデバイスを関連付ける必要があります。こうすることで、他のユーザーが Chromebase for meetings を使用するビデオ会議のスケジュールを設定できるようになります。

臨時の会議で Chromebase for meetings デバイスを使用する場合は、デバイスを会議室のカレンダーに関連付ける必要はありません。

プラットフォーム カレンダー 説明
G Suite を使用している組織の場合 Google カレンダー 個々の Chromebase for meetings デバイスを会議室や特定のユーザーのカレンダーと関連付けます。
Google カレンダーのビデオハングアウトに会議室やユーザーを追加すると、指定した時間に Chromebase for meetings の画面に会議名が表示されるようになり、リモコンを操作して会議に参加できます。
組織で G Suite を使用していない場合 Microsoft Outlook® プラグイン プラグインを使って Microsoft Outlook の予定にビデオハングアウト名を追加します。参加者は Chromebase for meetings のリモコンを使用してビデオハングアウトに参加します。

Chromebase をユーザーの Google カレンダーに関連付ける

Chromebase for meetings デバイスを会議室や特定のユーザーのカレンダーに割り当てることができます。

Google カレンダー 説明
会議室のカレンダー

Chromebase for meetings デバイスが会議室に設置されている場合は、デバイスと会議室を関連付けます。ユーザーがカレンダーの予定を作成する際に、会議室を招待状に追加できます。これで会議室を予約できることに加え、指定した時間に Chromebase for meetings の画面に会議室名が表示されるようになります。リモコンでビデオハングアウトを選択して参加します。


会議室に関連付けできるデバイスは 1 台のみですが、ユーザーのカレンダーには複数の Chromebase for meetings デバイスを関連付けることができます。ただし、臨時の名前付き会議に Chromebase for meetings デバイスを使用する場合、デバイスとカレンダーを関連付ける必要はありません。

ユーザーのカレンダー プラグインによって、ビデオハングアウト名が Microsoft Outlook の予定に追加され、参加者はビデオハングアウトに参加できます。
ホームオフィスや遠隔地など Chromebase for meetings デバイスを使用するのが 1 人だけである場合は、デバイスをユーザーのカレンダーを関連付けることができます。そのユーザーがカレンダーの予定を追加すると Chromebase for meetings デバイスに会議名が表示されるので、リモコンで会議を選択して参加できます。
ユーザーのカレンダーには複数の Chromebase for meetings デバイスを関連付けることができます。

ドメイン管理者の方は、次の手順で Chromebase for meetings デバイスを会議室やユーザーのカレンダーに割り当ててください。ドメイン管理者以外の方は、組織の IT 管理者に次の手順で設定を行うよう依頼してください。

  1. デバイス登録の最後に、Chromebase for meetings 管理コンソールの端末ページの URL が画面に表示されます。
  2. ノートパソコンなどの端末で、この URL をウェブブラウザにコピーします。
    : 後でこの URL が必要になった場合は、Chromebase for meetings デバイスのホーム画面で右上の設定アイコンをクリックすると、設定画面に URL が表示されます。また、Google 管理コンソールにログインし、[端末管理] > [Chrome devices for meetings] をクリックすると、URL を使用せずに端末ページにアクセスすることもできます。デバイスを選択して [カレンダーを割り当て] をクリックします。
  3. ログイン画面が表示されたら、G Suite アカウントを使用して Google 管理コンソールにログインします。ログイン済みの場合はこの画面は表示されません。
  4. Chromebase for meetings デバイスの端末管理画面が表示されます。[カレンダーを割り当て] をクリックします。
  5. 画面右側で、次のいずれかを選択します。
  • 会議室のカレンダーを使用 – このデバイスが基本的に共有の会議室(電話ブースや打ち合わせスペースなど)に設置されている場合は、デバイスを会議室と関連付けることをおすすめします。Chromebase for meetings デバイスがある会議室を選択し、[保存] をクリックします。該当の会議室がリストに表示されない場合は、[リソースを作成] をクリックして会議室名を入力し、[保存] をクリックします。
  • ユーザーのカレンダーを使用 – デバイスを主に特定の個人で使用する場合は、デバイスをユーザーのカレンダーと関連付けることをおすすめします。該当するユーザーの名前またはメールアドレスを入力し、[保存] をクリックすると、そのユーザーを含むカレンダーの予定がデバイスに表示されるようになります。

会議室名の左側に緑色の丸が表示されている場合、その会議室のカレンダーはまだどのデバイスにも割り当てられていません。黄色の丸が表示されている場合、その会議室のカレンダーはデバイスに割り当てられています。

: Chromebase for meetings デバイスを別の会議室に移動する場合や、在宅作業用などとして別のユーザーに渡す場合は、管理者が移動先の会議室やユーザーのカレンダーにデバイスを割り当て直す必要があります。また、Chromebase for meetings デバイスを使用しない場合は、カレンダーへのデバイスの割り当てを解除できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。