組織のドメインを管理する

Google ミーティング ルーム ハードウェアを使用するには、Google で組織のドメインを確認する必要があります。この手続きを 1 度行えば、Google ミーティング ルーム ハードウェアで組織内の他のデバイスおよびユーザーとやり取りできるようになります。

組織のドメイン所有権を証明する

プラットフォーム 説明
G Suite を使用している組織の場合

G Suite の設定手続きでドメインの所有権を証明済みです。同じ G Suite アカウントにセカンダリ ドメインを関連付ける必要がない場合は、次へお進みください(以下)。

G Suite を使用していない組織の場合

1 台目の Google ミーティング ルーム ハードウェア デバイスを購入したら、案内メールに記載されている手順を行います。

G Suite をご利用になっていない場合は、注文とドメイン名の確認が完了すると G Suite の試用に申し込むことができます。この場合の無料試用期間は 30 日です(通常の試用期間は 14 日間です)。

 

デバイスの登録と管理を行うには、組織のドメイン名の所有権を証明していただく必要があります。ドメイン名とは、会社のメールアドレスの「@」マークの後や、ウェブサイトのアドレスの「www.」の後に表示される固有の名前のことです。ドメインの所有権の証明は、権限のないユーザーが Google ミーティング ルーム ハードウェアや各種サービスにアクセスするのを防ぐためのものです。

他のドメインを関連付ける

同じ G Suite アカウントにセカンダリ ドメインを関連付けて、その追加ドメインのユーザーが Google ミーティング ルーム ハードウェアを使用できるようにすることもできます。詳しくは以下をご覧ください。

複数ドメインのサポート

Google ミーティング ルーム ハードウェアは、1 つの G Suite アカウントに登録されたプライマリおよびセカンダリのネットワーク ドメイン内での運用を想定して設計されています。ただし、ネットワーク ドメインごとに異なる G Suite アカウントを使用している場合は、以下の特記事項が適用されます。

G Suite のドメインタイプ 説明 注文時の注意事項 サポートされる機能

プライマリ ドメイン

1 つの G Suite アカウントで管理される単一のネットワーク ドメイン。 注文時にプライマリ ドメインの情報を提示し、Google ミーティング ルーム ハードウェアのライセンスがプライマリ ドメインのアカウントに適用されるようにしてください。

プライマリ ドメイン(および関連付けられている G Suite アカウント)のすべてのユーザーが、Google Meet のビデオ通話に参加できます。

セカンダリ ドメイン

プライマリ ドメインと同じ G Suite アカウントで管理される追加のサブドメインまたは別個のドメイン。

注文時にセカンダリ ドメインの情報を送信する必要はありません。Google ミーティング ルーム ハードウェアのライセンスはプライマリ ドメインのアカウントに適用されますが、セカンダリ ドメインのユーザーも、プライマリ ドメインのユーザーと同じ機能を利用できます。

詳しくは、ドメインを追加、変更するドメインの管理に関する記事をご覧ください。

セカンダリ ドメインのユーザーも、プライマリ ドメインのユーザーと同じ機能を利用できます。

複数ドメイン

異なる G Suite アカウントで管理される別個のドメイン。

組織で複数のドメインを使用している場合は、Google ミーティング ルーム ハードウェアの注文時に、ドメイン名と各ドメインで使用するライセンスの数を提示する必要があります。

  • 複数ドメインのユーザーが Meet のビデオ通話を利用できるようにするには、それぞれのドメイン用のライセンスを購入しておく必要があります。
  • 別のアカウントから会議に参加するには、招待を受ける必要があります。
  • 各 G Suite アカウントのユーザーが会議室情報をカレンダーの会議予定に追加した場合は、それぞれの G Suite アカウントに属する 2 台のデバイスからビデオ通話に参加できます。
  • ある G Suite アカウントで作成されたリソース(会議室)に、別のアカウントのユーザーがアクセスすることはできません(たとえば、別の G Suite アカウントの管理下にある会議室で会議をスケジュールすることはできません)。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。