デバイス情報を表示、編集する

デバイスの識別情報(名前、アセット ID、カスタムの場所、メモなど)は、Google 管理コンソールで入力、表示、変更できます。診断情報や接続されている周辺機器などを確認することもできます。

デバイスの情報を確認する

デバイスの履歴、情報、診断結果を確認する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Google Meet ハードウェア] に移動します。
  3. 次のいずれかを行います。
  4. [デバイス情報] をクリックして展開します。
    次の情報が表示されます。
    • モデル
    • シリアル番号
    • Google Chrome のバージョン
    • Wi-Fi MAC アドレス
    • イーサネット MAC アドレス
    • 登録日
    • プラットフォームのバージョン
    • ファームウェアのバージョン
    • TPM ファームウェアのバージョン
    • 起動モード
    • デバイス ID
    • 名前
    • アセット ID
    • カスタムの場所
    • メモ
    • 自動ズーム
    • 会議室のカレンダー
    • ビルディング名
    • 階数
    • 接続されている周辺機器
    • 周辺機器の履歴
    • 診断
  5. [接続されている周辺機器] で [履歴を表示] をクリックします。
    最近の周辺機器の接続イベントが一覧表示されます。
  6. [診断] で、最近の診断テストの結果を確認します。

デバイスの情報を編集する

デバイスの名前、アセット ID、カスタムの場所、メモを更新できます。また、自動ズームのオンとオフを切り替えることもできます。

デバイスの識別情報を入力する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Google Meet ハードウェア] に移動します。

    一部の機能の利用には、Google ミーティング ルーム ハードウェアでカレンダーを使用する権限が必要な場合があります。

  3. 次のいずれかを行います。
  4. [デバイスの設定] をクリックして展開します。
  5. 編集アイコン "" をクリックします。
  6. [名前]、[アセット ID]、[ユーザー]、[カスタムの場所]、[メモ] に必要な情報を入力します。
  7. (省略可)[自動ズーム] をオン "" またはオフ "" にします。
  8. (省略可)デバイスの情報を更新します。
    • デバイスの設定を変更するには、[デバイスの設定] をクリックします。
    • カレンダーを割り当てたり、カレンダーの割り当てを更新したりするには、[カレンダーの割り当て] をクリックします。
    • 周辺機器をデフォルトに設定するには、[接続されている周辺機器] リストで周辺機器にカーソルを合わせ、[デフォルトに設定] をクリックします。
    • 新しいテストのスケジュールを手動で設定するには、[今すぐ診断を実行] をクリックします。

デバイスに名前を付ける

登録中、デバイスはデバイスリストに [名前のないデバイス] として表示されます。デバイスを見分けやすくするために、このラベルをわかりやすい名前に変更することも可能です。
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Google Meet ハードウェア] に移動します。
  3. 名前を変更するデバイスをクリックします。
  4. [デバイスの設定] をクリックして展開します。
  5. 編集アイコン "" をクリックします。
  6. 新しい名前を入力します。
  7. [保存] をクリックします。
ヒント: デバイスに割り当てられたカレンダー リソースを変更すると、自動的にデバイスの名前を変更できます。デバイスとカレンダーのリソース名を照合すると、どのリソースがどのデバイスに対応しているかを特定しやすくなります。

 

 
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。