タイムゾーンと再起動の設定の確認

一台一台のデバイスの設定については、Google ミーティング ルーム ハードウェアの管理をご覧ください。

Google 管理コンソールで Google ミーティング ルーム ハードウェアを管理するにあたり、タイムゾーンの設定が正しいことを確認しておく必要があります。これにより、Google ミーティング ルーム ハードウェアの定期的な再起動を設定できます。

タイムゾーンと再起動の間隔を設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Google ミーティング ルーム ハードウェア] にアクセスします。
  3. [デバイス] パネルで設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. [システム設定] をクリックします。
  5. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  6. (省略可)[スケジュールされた再起動] をクリックします。
    1. [デバイスを再起動するローカル時刻] で、デバイスを再起動する時刻を選択します。
    2. [再起動の期間] で、再起動の間隔(日数)を選択します。たとえば、デバイスを 5 日ごとに再起動する場合は [5] を選択します。
    3. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。
  7. (省略可)[タイムゾーン] をクリックします。
    1. [システム タイムゾーン] で、選択されているタイムゾーンの設定を確認し、必要に応じて修正します。
    2. [タイムゾーンの自動検出] で、適用する設定を選択します。
  8. [保存] をクリックします。子組織部門を設定した場合は、親組織部門の設定を継承またはオーバーライドできる場合があります。
詳しくは、カレンダーとタイムゾーンに関する問題をご覧ください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。