よくある質問

よく寄せられるご質問の回答を以下にまとめています。

会議コードはどのように使うのですか?

会議コードは abc-nmop-xyz の形式(ダッシュは任意)になっており、次の操作を行うことができす。

会議のリンクをクリックする

末尾に会議コードが含まれている会議の URL をクリックまたはタップします。

例: https://meet.google.com/abc-nmop-xyz

ブラウザや Meet モバイルアプリでコードを入力する

  1. https://meet.google.com/ にアクセスするか、モバイルアプリを開きます。
  2. [ミーティング コードを使用](モバイルアプリでは [会議コードを使用])をクリックします。
  3. 会議コード(例: abc-nmop-xyz)を入力します。

より詳しく

会議を作成できません。なぜですか?
ハングアウト Meet は G Suite でのみサポートされているため、ご利用には G Suite アカウントが必要で、職場や学校で使用している Gmail などにログインしておく必要があります。
ログインしているにもかかわらず Meet の画面が表示されない場合は、管理者が組織に対してまだ Meet の使用を有効化していない可能性があります。詳しくは、G Suite 管理者にお問い合わせください。
より詳しく
マイクやカメラへのアクセスが拒否されました。なぜですか?
Meet に Chrome でのカメラとマイクの使用を許可する必要があります。Meet のビデオ通話に初めて参加するときにアクセスを許可するよう求められますが、Meet にカメラやマイクの使用を許可するように設定を変更することも可能です。
たとえば、Meet がカメラにアクセスできない場合は、アドレスバーのカメラアイコン 許可されていないメディア をクリックし、[https://meet.google.com によるカメラとマイクへのアクセスを常に許可する] オプションを選択します。
より詳しく
ネットワークのエラーが表示されます。なぜですか?
ネットワーク転送のタイムアウトやファイアウォールのエラーが表示される場合は、組織のネットワークが正しく設定されておらず、ビデオ通話向けに最適化されていないことが考えられます。たとえば、必要な UDP ポートや TCP ポートがブロックされている可能性があります。
 
より詳しく
G Suite 管理者およびネットワーク管理者は、ハングアウト Meet 用にネットワークを最適化する必要があります。
「会議が満員」と表示されます。なぜですか?
会議に一度に参加できる人数の上限は、25 人(G Suite Basic の場合)50 人(G Suite Business、G Suite for Education の場合)、または 100 人(G Suite EnterpriseG Suite Enterprise for Education の場合)です。この上限を超える場合、参加しようとしたときにエラー メッセージが表示されます。
注: この上限は接続する端末の数です。会議室から参加したり、端末を共有したりすれば、1 個の端末を複数のユーザーで利用できます。
より詳しく

G Suite 管理者向け:

会議に参加中に会議のウィンドウが表示されるのはなぜですか?
会議に参加する場合は、すでに会議が表示されているウィンドウやタブを選択しないようご注意ください。共有するドキュメントが表示されているウィンドウでのみ参加します。
会議が表示されているウィンドウで参加すると、無限ミラーリングが発生する場合があります。
より詳しく

 

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。