Google Meet を使用するための要件

Google Meet のアクセス要件

Google Meet を使用するには Google アカウントが必要です。

仕事用または学校用 Google Workspace アカウントをご利用の場合:

  • Google Workspace 管理者が組織に対して Meet を有効にしている必要があります。Meet を開けない場合は、管理者の方にお問い合わせください。
  • ビデオ会議を作成するには、Google Workspace アカウントにログインする必要があります。
  • 組織内外のすべてのユーザーがリンクを使用して参加できます。

Meet ビデオ通話には次のものが必要です。

サポート対象のオペレーティング システムを使用する

Meet では、次のオペレーティング システムの最新バージョンとその 2 つ前までのメジャー リリースがサポートされます。

  • Apple macOS
  • Microsoft Windows
  • Chrome OS
  • Ubuntu などの Debian ベースの Linux ディストリビューション

Meet は次のモバイル オペレーティング システムで動作します。

Gmail アプリの Meet ビデオ通話は次のオペレーティング システムに対応しています。

  • Android 6 以降
  • iOS 12 以降
サポート対象のウェブブラウザを使用する

以下のいずれかのブラウザの最新バージョンを使用することをおすすめします。

ヒント: ご利用のブラウザが Meet ビデオ会議に対応していない場合は、電話番号と PIN(会議の主催者から提供されている場合)を使用してダイヤルインできます。
Meet にカメラとマイクの使用を許可する
Meet の使用を開始する前に、パソコンのカメラとマイクへのアクセスを許可する必要があります。

Meet を初めて使用するときにアクセスを許可する

  1. ウェブブラウザで Meet のホームページに移動します。
  2. [新しいミーティングを開始] をクリックします。
  3. [許可] をクリックします。

設定を変更してアクセスを許可する

アクセスの許可を求めるメッセージが表示されない場合や、以前にアクセスをブロックした場合でも、設定を変更するとアクセスを許可できます。
  1. ウェブブラウザで Meet のホームページに移動します。
  2. [新しいミーティングを開始] をクリックします。
  3. 画面右上の「カメラはブロックされています」アイコン 許可されていないメディア をクリックします。
  4. [https://meet.google.com によるカメラとマイクへのアクセスを常に許可する] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。ビデオ会議が自動的に接続します。会議が再読み込みされない場合は、一旦終了して再度会議を開始してください。
推奨ハードウェア
Meet の機能によってハードウェアの要件が異なります。システムの最小要件を満たしていればビデオ通話には参加できますが、マルチタスクや高画質動画などの Google Meet ユースケースには、特定のデバイス要件を満たしているハードウェアを使用することをおすすめします。

Google Meet を使用するためのシステムの最小要件は次のとおりです。

  • デュアルコア プロセッサ
  • 2 GB のメモリ

Meet ユーザー シナリオ

ハードウェア システム推奨事項(最小限)

  • 少人数(参加者が 5 人未満)のビデオ通話を [スポットライト] または [タイル表示] レイアウトで行う
  • 大人数(参加者が 5 人以上)のビデオ通話を [スポットライト] レイアウトで行う
  • デュアルコア プロセッサ
  • 2 GB のメモリ
  • 少人数または大人数のビデオ通話を任意のレイアウトで行う
  • Meet の他に 1~2 個のタブまたはアプリを開いて同時に使用する
  • Quad Core Intel Celeron N3000 シリーズ プロセッサ
  • Dual Core Intel Celeron N4000 シリーズ プロセッサ
  • Dual Core Intel Celeron 2000 / 3000 / 4000 シリーズ プロセッサ
  • AMD 3000 シリーズ
  • AMD Athlon 300
  • Mediatek 8173 / 8183
 
  • 4 GB のメモリ
  • 少人数または大人数のビデオ通話を任意のレイアウトで行う
  • ビデオ通話で自分の画面を共有する
  • Meet の他に 5~10 個のタブまたはアプリを開いて同時に使用する
  • Quad Core Intel Celeron N4000 / N5000 シリーズ プロセッサ
  • 7th Gen Intel i3 プロセッサ
  • 6th Gen Intel i5 プロセッサ
  • AMD Ryzen 3 3300U
 
  • 4 GB のメモリ
  • 少人数または大人数のビデオ通話を任意のレイアウトで行う
  • ビデオ通話で自分の画面を共有する
  • HD 動画の画質
  • Meet の他に 10 個以上のタブまたはアプリを開いて同時に使用する
  • Quad Core 6th Gen Intel i5
  • AMD Ryzen 5 3500U
 
  • 8 GB のメモリ
Meet の問題を解決する

Meet でパフォーマンスの問題が発生している場合は、次の手順をお試しください。

  • 開いている Meet のタブが 1 つだけであることを確認します。開いているだけで現在使用していないブラウザのタブ、ウィンドウ、アプリがある場合は、すべて閉じてください。
  • Meet 固有の拡張機能をはじめとする、すべての Chrome 拡張機能をオフにします。
  • デバイスの過熱を防ぐために、ある程度の高さがある平らな面にデバイスを置きます。デバイスを床やベッドの上に直接置いて長時間使用することは避けてください。
  • Meet のレイアウトを [スポットライト] に変更します。
  • デバイスの動画の解像度を下げます

ご利用のパソコンが要件を満たしているにもかかわらず、ビデオ通話で引き続き問題が発生する場合は、その他のトラブルシューティングの手順をお試しください。

最大参加可能人数の要件
個人の Google アカウントをご利用の場合: ビデオ通話に参加できる人数の上限は 100 人です。
仕事用または学校用 Google Workspace アカウントをご利用の場合: ご利用の Google Workspace エディションによって、ビデオ会議に参加できる人数の上限が異なります。
Google Workspace のエディション 参加上限数
Business Starter、Frontline、Education Fundamentals、Education Standard、G Suite Basic 100
Business Standard、Enterprise Essentials、Essentials、G Suite Business、Nonprofits 150
Business Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Teaching and Learning Upgrade、Education Plus 250
最大通話時間

Google Meet の無料ユーザー

パソコンで以下の会議を主催できます。

  • 1 対 1 の通話(最長 24 時間)。
  • 参加者が 3 名以上の通話(最長 60 分)。

ヒント: 開始から 50 分が経過すると、チャイムが鳴り、通話が間もなく終了することを知らせるメッセージ通知が届きます。通話時間を延長するには、主催者が Google アカウントをアップグレードする必要があります。アップグレードしなかった場合、通話は 60 分で終了します。

Google Workspace Individual 登録ユーザー

1 対 1 の通話および参加者が 3 人以上のグループ通話を主催できます(それぞれ最長 24 時間)。

詳しくは Google Workspace Individual をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false