通知

Duo と Meet が新しい Meet アプリに統合されました。Meet(従来)のユーザーは新しいアプリをダウンロードできます。

Google Meet のユーザー補助機能

障がいをお持ちのユーザーの方は、Google Meet のビデオ会議に参加する際に、Google Meet、Chrome ブラウザ、Google ミーティング ルーム ハードウェアのユーザー補助機能を使用することができます。

重要:

  • ボイスオーバー ソフトウェアで Meet を使用している場合、チャット メッセージが送信されると通知音が鳴りますが、メッセージはボイスオーバーされません。メッセージを聞くには、チャットパネルを開きます。
  • 電気式人工咽頭を使用している場合は、Meet でノイズ キャンセル機能をオフにすることをおすすめします。Meet ではユーザー補助機能を改良中です。 詳しくは、ノイズ キャンセルをオフにする方法についての記事をご覧ください。

ユーザー補助機能

青色の線

  • 自動字幕起こし - 会話の内容が字幕で表示されるので、聴覚に障がいのあるユーザーもビデオ会議の内容を把握することができます。会議を録画する場合は、[字幕を録画] を選択して字幕をクリップに埋め込みます。
    ビデオ会議の字幕についての詳細
  • 文字起こし - 会議で文字起こしを有効にし、後で会議の内容を文字で確認できるようにします。
    Google Meet の文字起こしの詳細
  • スクリーン リーダーと拡大鏡 - 目の不自由な方や視力の弱い方は、Chrome ブラウザに組み込まれているスクリーン リーダー、全ページ拡大、高コントラスト色、およびユーザー補助の各種拡張機能をご利用いただけます。
    Google のユーザー補助機能の詳細
  • キーボード ショートカット - キーボードを使用して、カメラとマイクを設定したり、ユーザー補助機能をオンにしたりできます。
    Google Workspace のキーボード ショートカットの詳細
  • Google ミーティング ルーム ハードウェア - 聴覚または視覚に障がいのあるユーザーは、Google Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings の音声フィードバック機能と自動字幕起こし機能をご利用いただけます。
    Google ミーティング ルーム ハードウェアのユーザー補助機能の詳細
  • 話す - ミュートを解除するには、スペースキーを長押しします。長押しをやめると再度ミュートになります。
    • この機能は音声設定でデフォルトでオフになっているため、Windows でスクリーン リーダーをご利用の場合は動作しない場合があります。その場合、スペースキーを押したときの動作が異なります。
  • 会議の妨げになる動画を非表示にする - 他の参加者の動画フィードをオフにします。会議のビューをプレゼンターのみにフォーカスしたり、集中の妨げになる動画フィードの参加者を非表示にしたりできます。この変更は他の参加者には通知されず、他の参加者のフィードにも影響しません。
  • タイルのペア設定 - この Google Meet の機能を使用すると、通話中にタイルをペア設定できます。たとえば、参加者とその手話通訳者は、ペア設定されたタイルを使用して発言者と通訳者を表示できます。詳しくは、Google Meet のタイルをペア設定するをご覧ください。

関連トピック

青色の線

true
Android 向けの新しい Meet アプリを入手する

Google Meet は、あらゆるデバイスでビデオ通話とビデオ会議を利用できるアプリです。楽しいフィルタやエフェクト、全員が参加できる開始時間の設定といった、ビデオ通話用の各種機能をご利用いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー