Google Meet のユーザー補助機能

障がいをお持ちのユーザーの方は、Google Meet のビデオ会議に参加する際に、Google Meet、Chrome ブラウザ、Google ミーティング ルーム ハードウェアのユーザー補助機能を使用することができます。

ユーザー補助機能

青緑色の線

  • 自動字幕起こし - 会話の内容が字幕で表示されるので、聴覚に障がいのあるユーザーもビデオ会議の内容を把握することができます。ビデオ会議を録画する際に字幕は録画されないため、録画を再生するときは字幕は表示されません。
    ビデオ会議で字幕を使用するをご覧ください。
  • スクリーン リーダーと拡大鏡 - 目の不自由な方や視力の弱い方は、Chrome ブラウザに組み込まれているスクリーン リーダー、全ページ拡大、高コントラスト色、およびユーザー補助の各種拡張機能をご利用いただけます。
    Google のユーザー補助機能、ユーザー補助対応サービスのご紹介をご覧ください。
  • キーボード ショートカット - キーボードを使用して、カメラとマイクを設定したり、ユーザー補助機能をオンにしたりできます。 
    G Suite のキーボード ショートカットを使用するをご覧ください。
  • Google ミーティング ルーム ハードウェア - 聴覚または視覚に障がいのあるユーザーは、Google Meet ハードウェア、Chromebox for meetings、Chromebase for meetings の音声フィードバック機能と自動字幕起こし機能をご利用いただけます。
    Google ミーティング ルーム ハードウェアのユーザー補助をご覧ください。

関連トピック

青緑色の線

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。