Meet の字幕翻訳(ベータ版)に登録すると、字幕のリアルタイム翻訳をテストできます。

Google Meet で共同主催者を追加する

主催者向けの管理機能は、Google Workspace のすべてのエディションでご利用いただけます。主催者向けの管理機能がオンになっている場合、会議の主催者は以下の安全機能を使用できます。

  • チャット機能のロック
  • 画面共有機能のロック
  • 音声ロック
  • 動画ロック
  • 会議を終了して全員を退出させる
  • 全員の音声をミュートする

共同主催者を追加する機能のロールアウト状況をご確認ください。

Workspace の一部のエディションでは、主催者向けの管理機能を使用して、Google Meet の会議ごとに共同主催者を 25 人まで追加できます。

共同主催者は以下の Workspace エディションで追加できます。

  • Business Standard
  • Business Plus
  • Essentials
  • Enterprise Essentials
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Plus
  • Workspace for Education のすべてのエディション

重要:

  • 主催者向けの管理機能がデフォルトでオンまたはオフになるかは、Google Workspace のエディションによって異なります。主催者向けの管理機能は、会議内でオンまたはオフにできます。Workspace 管理者はドメインのデフォルトを設定できます
  • 会議の参加者を共同主催者にするには、その参加者が会議に参加している必要があります。
  • 共同主催者は主催者向けの管理機能をオフにできます。ただし、共同主催者に対して主催者向けの管理機能を再度有効にできるのはメインの主催者に限られます。
  • ブレイクアウト セッションでは、参加者を共同主催者にしたり、共同主催者の権限を取り消したりすることはできません。参加者に主催者の権限を付与するには、その参加者にメイン セッションに戻ってもらう必要があります。
  • 出席レポートやアンケートの詳細などの会議情報は、メインの主催者にのみ届きます。ただし、メインの主催者が共同主催者と会議情報を共有することは可能です。
  • 定期的に繰り返す会議や同じ会議コードを再使用する会議では、主催者向けの管理機能の設定が保存され、以降の会議セッションに適用されます。ただし、主催者が指名した共同主催者については、定期的に繰り返す会議ごとに指名し直す必要があります。
  • 主催者向けの管理機能は、ブレイクアウト セッションを使用する前にオンにすることをおすすめします。オンにしなかった場合、ブレイクアウト セッション中に主催者向けの管理機能の設定を変更することはできないため、共同主催者を指名できません。なお、共同主催者は、ブレイクアウト セッションを開いたり、会議用の安全管理機能を使用したりできます。

主催者向けの管理機能をオンまたはオフにする

  1. パソコンで meet.google.com にアクセスします。
  2. 会議に参加します。
  3. 右下の「会議の安全性」アイコン  をクリックします。
  4. 表示されたサイドパネルで [主催者向けの管理機能] をオン にします。
  5. オフにするには、[主催者向けの管理機能] をオフ  にし 次に [オフにする] をクリックします。

共同主催者を追加または削除する

  1. 会議中に、右下の「全員を表示」アイコン People Tab をクリックします。
  2. [ユーザー] タブで参加者の名前を確認または検索します。
  3. 目的のユーザー名の横のメニュー アイコン  次に [Add people and bots 主催者の権限を付与] をクリックします。

新しい共同主催者の画面の下部に「会議の安全性」アイコン  が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false