ユーザー グループ

この記事の内容:

ユーザー グループについて

ユーザー グループを使用すると、ユーザーや組織構造、権限を一元管理するプロセスを簡素化できます。

ユーザー グループには、ユーザーや他のユーザー グループをメンバーとして含めることができます。

ユーザー グループ権限は、組織と、組織内の個々のサービス アカウントに対して割り当てることができます。グループのメンバーはそのグループの権限を継承し、個別の権限を保持します。

次の権限をグループに割り当てることはできません。

  • Google タグ マネージャー: 管理(アカウント)、承認、公開(コンテナ)
  • Google オプティマイズ: 管理(アカウント)、編集、公開(コンテナ)

これらの権限は、個々のサービスでユーザーに割り当てる必要があります。

グループ管理

グループを作成すると、作成者がそのグループのオーナーになります。オーナーは、他のオーナーを指定することができます。

グループは、作成した組織内でのみ表示されます。組織管理者とサービス管理者は、それぞれの組織のすべてのユーザー グループを表示できます。

ユーザー グループは他のグループの中にネストすることができます。これは、「北米社員」グループ、「ヨーロッパ社員」グループ、「アジア社員」グループを含む「全社員」グループなど、複雑な階層的構造をモデル化する場合に役に立ちます。

ユーザー グループを作成できるのは、組織のユーザー管理者とアナリティクス サービスのユーザー管理者です。

組織のユーザー管理者は、組織内のグループにユーザーを追加したり、グループ内のユーザーを削除したりできます。グループ オーナーは、自分がオーナーになっているグループにユーザーを追加したり、グループからユーザーを削除することができます。

グループにユーザーを追加すると、ユーザーがまだメンバーでない場合は、ユーザーが組織のメンバーになります。

推奨事項

ユーザー グループは柔軟性の高い機能ですが、タイプは次の 2 つのみを使用することをおすすめします。

  • 人指向(誰が誰の上司または部下なのか)
  • 役割指向(役割を務めるのは誰か、役割に必要な権限はどれか)

また、重複を避け、区別を簡単にするために、簡単な命名基準を使用することをおすすめします。

たとえば、人指向のグループの場合、次のような命名基準を使用できます。

  • 直属の部下: 山田花子(山田花子の直属の部下全員)
  • 直属の部下: 山田太郎(山田太郎に報告するすべての人)

役割指向のグループでは、次のような命名基準を使用できます。

  • データ アナリスト: EMEA(EMEA のデータ アナリスト全員と必要な権限)
  • データ アナリスト: 北米(北米のデータ アナリスト全員と必要な権限)

ユーザー グループを作成する

ユーザー グループの作成には、次の手順が含まれます。

  • グループの名前と説明を入力する(ステップ 5
  • 必要に応じて組織管理者の役割をグループに追加する(ステップ 7~8
  • ユーザーまたは既存のグループを新しいグループに追加する(ステップ 9~12
  • 必要に応じて新しいグループを他の既存グループに追加する(ステップ 13~14
  • 新しいグループにサービス アカウントの権限を追加する(ステップ 15~17

ユーザー グループを作成するには:

  1. Google マーケティング プラットフォームにログインします。
  2. [管理] > [組織] をクリックし、目的の組織を選択します。
  3. [ユーザー グループ] をクリックします。
  4. [+] をクリックします。
  5. 名前と説明を入力し、[作成] をクリックします。
  6. [グループの詳細] で、[編集] をクリックします。
  7. [組織の権限] で、[編集] をクリックします。
  8. 組織管理者の役割を追加します。
    [保存] をクリックします。
  9. ユーザーや他のグループを新しいグループに追加するには、[メンバー] をクリックします。
  10. [+] をクリックします。
  11. カンマまたはスペースで区切ったメールアドレスのリストを入力します。
    必要に応じて、他のグループを現在のグループに追加します([グループを追加] をクリックします)。
    必要に応じて、これらのユーザーまたはグループを現在のグループのオーナーにします([権限] > [オーナー] スイッチをオンにします)。
  12. [追加] をクリックし、グループパネルを閉じます。
  13. 現在のグループを他のグループに追加するには、[グループ メンバー] をクリックします。
  14. [+] をクリックします。
    次のパネルで追加するグループを選択し、[保存] をクリックします。
  15. サービス アカウントの権限を追加するには、サービス アカウントのいずれかをクリックします。

    次の権限をグループに割り当てることはできません。

    • Google タグ マネージャー: 管理(アカウント)、承認、公開(コンテナ)
    • Google オプティマイズ: 管理(アカウント)、編集、公開(コンテナ)

    これらの権限は、個々のサービスでユーザーに割り当てる必要があります。

  16. [+] をクリックして権限を追加するアカウントを選択した後、[完了] をクリックします。
  17. 追加したアカウントの [編集] をクリックし、目的の権限を選択してから [保存] をクリックします。

ユーザー グループを編集する

  1. Google マーケティング プラットフォームにログインします。
  2. [管理] > [組織] をクリックし、目的の組織を選択します。
  3. [ユーザー グループ] をクリックします。
  4. 関連するグループをクリックします。
  5. 上記の「ユーザー グループを作成する」の手順に従ってグループの設定を行い、必要に応じて設定を編集します。

ユーザー グループを削除する

  1. Google マーケティング プラットフォームにログインします。
  2. [管理] > [組織] をクリックし、目的の組織を選択します。
  3. [ユーザー グループ] をクリックします。
  4. 削除するグループの行で その他 をクリックし、[グループを削除] をクリックします。
  5. 複数のグループを削除するには、各グループのチェックボックスをオンにして、グループリストの上にある その他 をクリックし、[選択したグループを削除] をクリックします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。