Google マップと安全運転支援機能

重要: この記事は、車に搭載された Google マップのみを対象としています。利用可能な機能は車のメーカーや地域によって異なります。

Google マップと連携していない安全運転支援機能が搭載されている場合、ハンドル上または車内インフォテイメント システム内にある操作パネルでオンとオフを切り替えることができます。これらの特定の機能を使用できるかどうかは、外付けカメラや運転支援機能などの車載機能と連携できるかどうかによります。車に搭載されている機能は、ドライバーズ マニュアルまたはダッシュボード中央の画面でご確認いただけます。

現在の法定速度に関する情報

外部カメラとマップから提供される制限速度情報に基づいて現在地の法定制限速度を表示できる機能が搭載されている車の場合、制限速度標識がない場所ではマップから提供される情報に基づき制限速度が表示されることがあります。
また、法定制限速度は、天気、時間帯、季節などの条件によって変わることがあります。こうした条件付きの制限速度が適用されるかどうかの判断にも、Google マップから提供される情報(現在の気象条件など)が使用されることがあります。

進行方向エリアの法定制限速度に関する情報

進行方向エリアの法定制限速度を表示する機能が搭載されている車では、Google マップで目的地を設定すると、その情報が使用されます。目的地を設定しない場合は、車が進む経路の予測が Google マップから車のシステムに伝えられ、進行方向エリアの制限速度が表示されます。

アダプティブ クルーズ コントロール

自動的に速度を調節して前方の車との車間距離を一定に保つ機能が搭載されている車の場合、前方に車がいないときには運転手自身が速度を調整するか、速度予測や法定制限速度に基づき速度が調節されます。アダプティブ クルーズ コントロール機能の全体的な品質向上のため、Google マップから提供される情報が使用されることがあります。

オフライン マップと Vehicle Map Service(VMS)

Google マップは、Vehicle Map Service(VMS)経由でデータを提供し、制限速度情報やアダプティブ クルーズ コントロールなど、車に搭載されている安全運転支援機能をサポートしています。こうした機能では、インターネット接続がないエリアや接続状態が悪いエリアを中心に、オフライン マップのデータが利用されます。
オフライン マップのデータをいつでも利用できるように、プライバシー センターの [自動ダウンロード] をオンにしてください。オフライン マップの自動ダウンロードを選択すると、車両の位置情報や過去にダウンロードしたオフライン マップなどの情報が Google 側のサーバーと共有されます。
オフライン マップの手動ダウンロードが選択されている状態で進行方向エリアのオフライン マップがダウンロードされていないと、一部の安全支援運転機能が動作しない場合があります。
ヒント: 過去にダウンロードした地図は引き続きご利用いただけますが、自動更新は行われません。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。