Google マップのライブビューを使用する

ライブビューを利用すると、実際の風景を見ながら目的地を見つけ、経路を確認できます。

ライブビューの提供状況

ライブビュー マップ AR は、すでにストリートビューの対象になっている地域で表示されます。

ヒント: ライブビューを初めて起動する際、カメラへのアクセスを求めるメッセージがスマートフォンに表示されます。

ライブビューを利用する

Google マップの徒歩ナビには、2D 地図とライブビューの 2 種類のビューがあります。ライブビューでは、実際の風景の中に経路が表示されるほか、画面下には小さな地図が表示されます。どのタイプの経路でも、徒歩の部分でライブビューのナビゲーションを使用できます。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで、Google マップ アプリ マップ を開きます。
  2. 検索バーに目的地を入力するか、地図上で目的地をタップします。
  3. 経路アイコン 経路の青いアイコン をタップします。
  4. 地図の上にある移動モード ツールバーで、徒歩アイコン 徒歩 をタップします。
  5. 画面下の中央にある [ライブビュー] マップ AR をタップします。
  6. 画面の指示に沿って、マップに現在地を認識させます。
    ヒント: スマートフォンのカメラは、木や人物ではなく、通りの向かい側にある建物や標識に向けてください。
  7. 現在地を認識すると、カメラビューを通して画面に経路が表示されます。
    ヒント: 安全のため、また電池寿命を長持ちさせるため、経路が確認できたらスマートフォンをしまうことをおすすめします。
  8. 次の移動ステップや目的地に到達すると、スマートフォンが振動します。
  9. ライブビューに戻るには、スマートフォンを縦表示にするか、[ライブビュー] ボタンを押します。

重要: ライブビューは走行中の車内で使用しないでください。

2D 地図表示に切り替える

スマートフォンを縦表示から横表示にすることで、ライブビューと 2D 地図表示を切り替えることができます。縦横の回転機能はデフォルトでオンになっていますが、次の手順で設定を変更できます。

  1. 画面右上の プロフィール写真またはイニシャルアカウント サークル 次に [設定] 次に [ナビの設定] の順にタップします。
  2. [徒歩のオプション] で [ライブビュー] マップ AR をオフにします。
  3. これで傾斜設定がオフになります。

ライブビューを使って方向を確認する

ライブビューでランドマークを使って方向を確認するには、次の 2 つの方法があります。

  • 場所を検索するか、地図上で場所をタップしてから、[ライブビュー] マップ AR をタップします。
  • 「レストラン」、「ショッピング モール」などのカテゴリで検索してから、[地図を表示] をタップします。
    • 表示された各場所をスワイプして、いずれかを選択します。
    • [ライブビュー] マップ AR をタップします。

ライブビューが表示されたら、以下の操作を行います。

  1. 画面の指示に沿って、マップに現在地を認識させます。
    ヒント: スマートフォンのカメラは、木や人物ではなく、通りの向かい側にある建物や標識に向けてください。
  2. 現在地が認識されると、目的地までの距離が表示されます。また、ライブビューの徒歩ナビを開始することもできます。
ヒント: 目的地が建物の上層階にある場合は、情報カードにそのことが記載される場合があります。

ライブビューで他のユーザーを見つける

重要: この機能はベータ版で、Pixel スマートフォンでのみご利用いただけます。
他のユーザーがあなたと現在地を共有している場合、ライブビューを使ってその場所を実際の風景の中で見ることができます。
  1. スマートフォンで、Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. プロフィール写真またはイニシャル Account circle and then [現在地の共有] をタップします。
  3. あなたと現在地を共有しているユーザーのリストで、現在地を見つけたいユーザーをタップします。
  4. [ライブビュー] マップ AR をタップします。
    • 画面の指示に沿って、マップに現在地を認識させます。
  5. スマートフォンのカメラは、木や人物ではなく、通りの向かい側にある建物や標識に向けてください。
  6. 現在地が認識されたら、あなたと現在地を共有しているユーザーの方向に向くことができます。ユーザーの現在地を示すピンのほか、距離についての詳細情報や方向のヒントも表示されます。 
    • また、ライブビューの徒歩ナビを開始することもできます。

ライブビューが利用できるかどうかを確認する方法

[ライブビュー] マップ AR をタップすると、画面にメッセージが表示されます。スマートフォンのカメラを周囲の建物や道路標識など、このエリアのストリートビュー データから Google マップアプリが認識できるものに向けるように指示されます。Google マップが現在地を認識すると、スマートフォンにナビの指示が表示されます。

ライブビューが利用できない場合

次のような場所や状態でライブビューを使用するようにしてください。

  • 明るい場所
  • 屋外
  • スマートフォンのカメラを通りの向かい側の建物や標識に向けられる場所
  • ストリートビューを利用できる地域

ライブビュー使用時の安全に関する注意事項

ライブビューは、必要な時に限って使うことをおすすめします。たとえば、歩き始めるときや、曲がり角に来たとき、目的地の近くに来たときにご活用ください。

重要: 経路案内が不要になったら、スマートフォンをしまうことをおすすめします。

ライブビューに関するフィードバックを送る

徒歩ナビのライブビューを使用した感想をお聞かせください。
  1. [フィードバック] フィードバックの青アイコン をタップします。
  2. 発生した問題の種類について、質問に答えます。
  3. フィードバックを入力します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。