plus code を使用して場所を検索、共有する

plus code は、番地と同じように使えるコードです。住所代わりの簡略なコードとして使用できるほか、通常の住所だけでは絞り込めない具体的な地点の指定にも役立ちます。たとえば同じ建物に入口が複数ある場合に、plus code を使えば入口も含めて指定できます。

plus code は、配達の受け取り場所の指定、緊急通報や公共サービスを利用する際の連絡、道案内などに便利です。シンプルなコードなので、他の人と簡単に共有することができます。

plus code は緯度と経度に基づいています。コードはシンプルなグリッド方式が使用され、20 種類の英数字(混同しやすい「1」と「I」などをあらかじめ除外したもの)の組み合わせで表現されます。

plus code の例: MP43+V5 渋谷区、東京都

場所の plus code を検索、共有する

  1. パソコンで Google マップを開きます。
  2. plus code を確認したい場所をクリックします。
  3. 画面下部に表示される情報ボックスにある座標(例: 53.339688, -6.236688)をクリックします。
  4. パネルが表示されます。
  5. plus code Plus Code をクリックすると、その場所のコードがクリップボードにコピーされます。
  6. コピーした plus code をメールやメッセージ アプリに貼り付けると、通常の住所と同じようにその場所を共有できます。

plus code を使用して場所を検索する

plus code を使用して場所を検索するには、plus code を住所のように使用します。

  1. パソコンで Google マップを開きます。
  2. 上部にある検索ボックスに plus code を入力します。

ヒント: 場所を検索するときは、市町村名付きの plus code(例: MP43+V5 渋谷区、東京都)を使用できます。
目的の場所と同じ市町村にいる場合は、6~7 桁の plus code のみで検索が可能です。たとえば東京都渋谷区にいるときは MP43+V5 だけで検索できます。

詳しくは plus code の説明をご覧ください

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。