検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google マップのユーザー補助機能

パソコン、スマートフォンまたはタブレットで、スクリーン リーダーを使って画面を操作できます。パソコンでユーザー補助機能を有効にすると、キーボードを使って地図を探索できます。

スクリーン リーダーを使用する

Google マップは以下のスクリーン リーダーに対応しています。

  • ChromeVox(Chrome ブラウザ)
  • VoiceOver(Safari)
  • JAWS、NVDA(Firefox)

キーボードで Google マップを探索する

キーボードを使って Google マップを探索する手順は次のとおりです。

  1. お使いのパソコンで Google マップを開きます。
  2. 地図上でカーソルを合わせるには、キーボードの Tab キーを押します。カーソルが置かれたエリアが四角形で囲まれてハイライト表示されます。四角形の下に、エリア内の場所が番号付きリストで表示されます。
    • 地図を移動するには矢印キーを使用します。
      ヒント: Shift キーを押しながら矢印キーを使用すると、正方形ごとに地図を移動できます。
    • 地図を拡大縮小するには + または - を押します。
    • 場所の詳細を確認する場合、その場所に関連付けられている番号を押します。
      ヒント: ハイライト表示されているエリアに 7 つ以上の場所がある場合、その他の場所を見るには数字の 9 を押し、元の表示に戻るには 8 を押します。

キーボード ショートカットの表示方法

キーボード ショートカットを一覧表示する手順は次のとおりです。

  1. お使いのパソコンで Google マップを開きます。
  2. ? キーを押すか、 Ctrl+/ を押します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。