Google マップのタイムライン機能

ロケーション履歴の情報は、Google マップのタイムライン機能から閲覧、管理できます。この機能はモバイル端末とパソコンのどちらでも使用できます。タイムラインでは、ロケーション履歴の個々のエントリの編集、指定期間内の情報の削除、ロケーション履歴の全エントリの削除などが可能です。タイムラインは非公開なので、本人しか見ることができません。

[ウェブとアプリのアクティビティ] などの設定がオンになっている場合は、ロケーション履歴を一時停止したり、ロケーション履歴から位置情報データを削除したりしても、Google の他のサイト、アプリ、サービスの利用状況データとして、位置情報が Google アカウントに保持されていることがあります。たとえば、ウェブとアプリのアクティビティの設定がオンになっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報データが保存されることがあります。また、カメラアプリの設定によっては、位置情報データが写真に記録されることもあります。

: 現在、韓国ではタイムラインをご利用いただけません。ロケーション履歴のオンや一時停止はアクティビティ管理で行います。また、こちらでロケーション履歴のデータを削除することも可能です。

タイムラインを作成する

タイムラインを作成するには、現在地とロケーション履歴をオンにする必要があります。ロケーション履歴をオンにしておくと、そのデバイスを持って移動した場所がタイムラインに記録されます。ただし、デバイスでアカウントにログインし、そのデバイスで現在地情報の送信をオンにしている場合に限られます。詳しくは、ロケーション履歴の説明をご覧ください。

: お使いのデバイスで位置情報サービスをオンにすると、iPhone や iPad の位置情報がご利用のアプリと共有されます。他の設定(ウェブとアプリのアクティビティなど)がオンの場合は、Google の他のサービス(Google 検索など)でのアクティビティの一部として、位置情報データが保存されることもあります。

  1. iPhone または iPad で Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [設定] 設定 をタップします。
  3. [個人的なコンテンツ] をタップ 次に 下にスクロールして [現在地設定] を表示します。
  4. [位置情報サービスがオン] になっていることを確認します。オンになっていない場合は、[位置情報サービスが [常に使用] に設定されていない] 次に [位置情報] 次に [常に許可] をタップします。

移動履歴を表示する

  1. iPhone または iPad で Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. 表示する日や月を変更するには、[カレンダーを表示] 予定 をタップ 次に 左か右にスワイプして該当の日をタップします。

ロケーション履歴をオンにする、一時停止する

ロケーション履歴をオンにすると、位置情報や訪れた場所が Google アカウントに記録されます。Google マップを使用していない間の履歴も記録されます。ロケーション履歴のオンと一時停止を切り替える手順は次のとおりです。

  1. iPhone または iPad でタイムラインにアクセスします。
  2. [設定] 設定 次に [ロケーション履歴を有効にする] または [ロケーション履歴を一時停止] を選択します。

詳しくは、ロケーション履歴を管理する方法をご覧ください。

タイムラインを編集する

訪れた場所を変更する

タイムラインに表示されている場所や時間が間違っている場合、それらの情報を編集できます。この操作を行うには、[ウェブとアプリのアクティビティ] がオンになっている必要があります。

  1. iPhone または iPad で Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. 情報が間違っている場所を見つけて、タップします。
  4. [場所を編集] をタップします。
  5. [場所や住所を検索] をタップするか、スクロールしてリストから適切な場所を選択します。
  6. 訪れた日時と滞在時間を編集するには、時間をタップします。

: [ウェブとアプリのアクティビティ] がオフになっている場合は、タイムライン上の場所やアクティビティを編集することはできませんが、日単位でのデータの削除と、ロケーション履歴の削除は行えます。

マイルと km の単位を切り替える

タイムラインで表示する距離の単位を変更するには、メニュー メニュー 次に [設定] 設定 次に [距離単位] をタップして、[自動]、[km]、[マイル] のいずれかを選択します。

タイムラインに自宅や職場を表示する

自宅や職場の住所を Google に保存してある場合、タイムラインの表示にも反映されます。保存した情報は、タイムラインだけでなく、Google の他のプロダクトやサービスでも使用されることがあります。
詳しくは、自宅や職場の住所を設定する方法をご覧ください。
1 日分のデータを削除する

重要: タイムラインから情報を削除すると、後で元に戻すことはできません。削除したロケーション履歴の情報は、タイムラインに二度と表示されなくなります。[ウェブとアプリのアクティビティ] などの設定がオンになっている場合は、ロケーション履歴を削除しても、Google の他のサイト、アプリ、サービスの利用状況データとして、位置情報が Google アカウントに保持されていることがあります。たとえば、ウェブとアプリのアクティビティの設定がオンになっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報データが保存されることがあります。また、カメラアプリの設定によっては、位置情報データが写真に記録されることもあります。

  1. iPhone または iPad で Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. 右上の [カレンダーを表示] 予定 をタップ 次に 削除する日を選択します。
  4. その他アイコン その他 次に [1 日分をすべて削除] 削除 をタップします。
ロケーション履歴を削除する

ロケーション履歴は一部またはすべてを削除できます。

重要: タイムラインから情報を削除すると、後で元に戻すことはできません。削除したロケーション履歴の情報は、タイムラインに二度と表示されなくなります。[ウェブとアプリのアクティビティ] などの設定がオンになっている場合は、ロケーション履歴を削除しても、Google の他のサイト、アプリ、サービスの利用状況データとして、位置情報が Google アカウントに保持されていることがあります。たとえば、ウェブとアプリのアクティビティの設定がオンになっている場合、Google 検索や Google マップでのアクティビティの一部として位置情報データが保存されることがあります。また、カメラアプリの設定によっては、位置情報データが写真に記録されることもあります。

  1. iPhone または iPad で Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. メニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. その他アイコン その他 次に [設定] をタップします。
  4. スクロールして [現在地設定] を表示します。
    • 履歴の一部を削除する場合: [指定期間のロケーション履歴の削除] をタップ 次に 期間を設定 次に [削除] をタップします。
    • 履歴をすべて削除する場合: [ロケーション履歴をすべて削除] を選択します。

詳しくは、ロケーション履歴を管理、削除する方法をご覧ください。

ロケーション履歴を自動で削除する

3 か月以上または 18 か月以上前のロケーション履歴が自動的に削除されるように設定できます。

  1. iPhone または iPad で Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. 左上のメニュー メニュー 次に [タイムライン] タイムライン をタップします。
  3. 右上にあるその他アイコン More 次に [設定] をタップします。
  4. [現在地設定] で [ロケーション履歴の自動削除] をタップします。
  5. 画面の手順に沿って操作します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。