検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google マイビジネスでビジネス リスティングを管理することで、ビジネス情報を簡単に更新できます。

地図上のエラーを報告する手順

住所やビジネス情報の誤りなど、Google マップでエラーを見つけた場合は、編集をご提案ください。法律上の理由により削除すべきと思われるコンテンツがある場合、法律関連の申し立てを送信してください。

: 国や地域によっては編集できない場合があります。

現在日本では、一部地図データの修正対応をすることができません(例 : 道路、ビルなどの名称)。データ提供元と協力して、定期的に地図情報を更新していきますので、あらかじめご了承ください。

地図上のエラーを報告する

  1. Google マップを開き、ログインしていることを確認します。
  2. 左上のメニュー をクリックします。
  3. [フィードバックの送信] をクリックします。
  4. [データの問題を報告する] をクリックします。
  5. 表示される指示に従って問題の場所の情報を入力します。
  6. [送信] をクリックします。

:

  • 検索した場所の情報が間違っていた場合は、[編集を提案する] をクリックして情報の修正を提案することができます。
  • Google マップをライトモードでご利用の場合、編集を提案することはできません。

編集内容の反映にかかる時間

編集内容はレビューを行うため、地図に反映されるまでに時間がかかることがあります。編集内容の更新状況についてメールでお知らせします。また、編集をレビューした他のユーザーからの質問を転送させていただく場合があります。

報告できる問題の種類

報告できる問題としては、次のようなものがあります。

ビジネス リスティング、空港、公園などの場所
  • 閉業しているか、移転しているか、存在しない
  • 名前
  • 住所
  • カテゴリ
  • マーカーの場所
  • 電話番号
  • ウェブサイト
  • 営業時間
住所
  • 住所
  • マーカーの場所
道路
  • 道路名が間違っている
  • 一方通行 / 対面通行が間違っている
  • 間違って描かれている
  • 行き止まりになっている
  • 存在しない

現在日本では、一部地図データの修正対応をすることができません(例 : 道路、ビルなどの名称)。データ提供元と協力して、定期的に地図情報を更新していきますので、あらかじめご了承ください。

その他の問題の報告

写真を報告する
  1. Google マップを開きます。
  2. 場所を検索します。
  3. 写真を選択します。
  4. 右下に表示される [問題の報告] をクリックします。
  5. 表示される指示に従って問題の場所の情報を入力します。
  6. [送信] をクリックします。
ストリートビューの写真にぼかしを入れる、または写真を削除する

不適切なコンテンツが含まれるストリートビュー写真を見つけた場合は、写真にぼかしを入れる、または写真を削除するリクエストを送信してください。

ビジネス リスティングの情報が間違っている場合

ビジネス オーナーの場合、無料の Google マイビジネスを使って、リスティング情報の管理が可能です。営業時間、住所、写真などの詳細を簡単に管理できます。

パソコンでビジネス情報を登録し、オーナー確認を行ってください。

ビジネス情報を登録してオーナー確認が済むと、ビジネス情報を更新できるようになります。

ビジネスの説明が間違っている場合

Google では、表示されるビジネスの説明が正確で最新のものであるよう努めています。不明確な説明や否定的な説明は削除しませんが、次の場合には削除します。

  • キーワードやクチコミのスニペットが無関係の場所に関連付けられている場合
  • 編集者による概要に提供していないサービスの情報が含まれる場合

ご希望の場合は、間違ったビジネスの説明を報告できます。

詳しくは、ローカルのクチコミに関するポリシーをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?