検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

現在地を正確に特定、表示する

Google マップでの現在地の特定は、ときに困難な場合もあります。地図上の青い点が表示されなかったり、位置が正確でなかったりする場合は、問題を解決できるように次の方法をお試しください。

地図上に現在地を表示する

  1. Google マップを開きます。
  2. 画面右下の現在地アイコン 場所 をクリックします。現在地を示す青い点が表示されます。

Google マップが現在地を特定する仕組み

Google マップは、次のような情報からユーザーの現在地を推測します。

ブラウザで現在地の使用を Google マップに許可する

現在地を地図の中心に表示するには、Google マップに現在地の使用を許可する必要があります。

Google Chrome
  1. Chrome を開き、Google マップを表示します。
  2. 画面右下の現在地アイコン 場所 をクリックします。
  3. 「Google マップは現在地を使用できません」というメッセージが表示される場合は、以下の手順に沿って操作します。
  4. 右上にある [その他] その他 をクリックします。
  5. [設定] 次へ [詳細設定を表示] をクリックします。
  6. [プライバシー] セクションで [コンテンツの設定] をクリックします。
  7. 表示されたダイアログで [現在地] セクションまでスクロールし、次のオプションのいずれかを選択します。
    • すべてのサイトに対して自分の物理的な現在地の追跡を許可する: すべてのサイトで現在地が自動的に表示されるようになります。
    • サイトがあなたの物理的な現在地を追跡しようとしたときに確認する: サイトから現在地情報のリクエストがあるたびに、確認のメッセージが Google Chrome に表示されます。
    • すべてのサイトに対して自分の物理的な現在地の追跡を許可しない: すべてのサイトで現在地が表示されなくなります。
  8. [完了] をクリックします。
Firefox
  1. Firefox を開き、Google マップを表示します。
  2. 画面右下の現在地アイコン 場所 をクリックします。
  3. 現在地情報の共有を求めるメッセージが表示されたら、[常に現在地を共有] をクリックします。
Safari
  1. Safari を開き、Google マップを表示します。
  2. 画面右下の現在地アイコン 場所 をクリックします。
  3. 現在地情報の共有を求めるメッセージが表示されたら、[常に現在地を共有] をクリックします。

Mac をご使用の場合は、Safari の位置情報サービスをオンにする前に、システムの位置情報サービスの設定を変更する必要があることがあります。その場合の手順は次のとおりです。

  1. [システム環境設定] 次へ [セキュリティとプライバシー] 次へ [プライバシー] 次へ [位置情報サービス] をクリックします。
  2. 左下にあるロックをクリックして、変更を許可します。
  3. [位置情報サービスを有効にする] チェックボックスをオンにします。
Internet Explorer
  1. Internet Explorer を開き、Google マップを表示します。
  2. 画面右下の現在地アイコン 場所 をクリックします。
  3. 現在地情報の共有を求めるメッセージが表示されたら、[一度のみ許可] または [このサイトのオプション] 次へ [常に許可] の順にクリックします。
  4. 「Google マップは現在地を使用できません」というメッセージが表示される場合は、ブラウザのツールバーで [設定] 次へ [プライバシー] 次へ [位置情報] の下にある [サイトのクリア] をクリックします。

現在地機能の精度を改善する他の方法

「現在地を特定できない」といったエラーが表示されたり、現在地が正しく表示されなかったりする場合は、次の方法をお試しください。

  • ブラウザ(Chrome、Firefox、Safari)を再読み込みします。
  • インターネット接続が良好な状態であることを確認します。
  • 上記の手順で説明した許可設定をもう一度確認します。
  • パソコンを再起動します。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。