現在地を正確に検出、表示する

Google マップによる現在地の自動検出がうまくいかないこともあります。GPS 測位による現在地を示す青い点が表示されない場合や、表示位置が正確でない場合は、次の方法をお試しください。

ヒント: 現在地情報は検索にも反映されているため、検出精度を改善すれば、より的確な検索結果が表示されます。

地図上に現在地を表示する

  1. iPhone か iPad で Google マップ アプリ Google マップ を開きます。
  2. 現在地を示す青い点が表示されます。青い点が表示されない場合は、画面右下の現在地アイコン 場所 をタップします。

Google マップが現在地を特定する仕組み

Google マップは、次のような情報からユーザーの現在地を推測します。

  • GPS: 衛星を使用して、測定誤差数メートル以内で現在地を特定します。
  • Wi-Fi: 近くの Wi-Fi ネットワークを使用して現在地を特定します。
  • 携帯電話の基地局: 携帯ネットワークに接続している場合、測定誤差最大数千メートル以内で現在地を特定します。

位置情報サービスをオンにする

Google マップで現在地を示す青い点が正確に表示されるようにするには:

  1. iPhone か iPad で設定アプリを開きます。
  2. [プライバシー] 次に [位置情報サービス] をタップします。
  3. [位置情報サービス] の横にあるスイッチが緑色になっていることを確認します。
  4. 下にスクロールして Google マップを選択します。
  5. [この App の使用中のみ許可] または [常に許可] を選択します。

現在地機能の精度を改善する他の方法

現在地がまだ正しく表示されない場合は、次の方法をお試しください。

Wi-Fi をオンにする
  1. iPhone か iPad で設定アプリを開きます。
  2. [Wi-Fi] をタップします。
  3. 上部の [Wi-Fi] をオンにします。
スマートフォンやタブレットを再起動する

iPhone や iPad を再起動するには、電源を一度切ってから入れ直します。

  • 電源を切る: 電源ボタンを押し続ける 次に 電源が切れます
  • 電源を入れる: 端末に電源が入るまで、電源ボタンを押し続けます。
スマートフォンやタブレットを調整する
青い点の指す方向が正しくない場合は、修正できます。詳しくは、スマートフォンやタブレットのコンパスを調整する方法をご覧ください。

青い点の意味

地図上の青い点は現在地を示しています。現在地を特定できない場合は、青い点の周囲に水色の円が表示されます。現在地は水色の円の範囲内にあり、円が小さいほど、現在地の測位精度が高いことになります。

:

  • 青い点が表示されない場合や、代わりにグレーの点が表示される場合、現在地が特定できず、最後に訪れた場所が表示されていることを意味します。
  • ユーザーと携帯電話の基地局の間に、駐車場や高層ビルなどの障害物がある場合は、青い点が正しく表示されない可能性があります。

他のサイトやアプリで現在地を確認する

他のサイトやアプリで Google マップの現在地を確認する場合も、上記の手順は共通ですが、次のような違いがあります。

  • Google マップではなく、他のサイトやアプリを使用します。
  • まず最初に、ご利用のサイトやアプリ(Google マップではありません)に位置情報の利用許可を与えてください。
  • Google Chrome や Safari では、現在地は安全なウェブページにしか表示されません。安全なウェブページとは、アドレスバーの表示に「https」が含まれているページです。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。