Google 位置情報サービスでのアクセス ポイントの設定

Google は、位置情報サービス プロバイダとして位置情報ベースのサービスを改善するため、ワイヤレス アクセス ポイント、GPS、携帯電話の基地局からのパブリック Wi-Fi データを使用しています。

スマートフォンやノートパソコン、その他の Wi-Fi 対応端末で、現在非常によく使われている位置情報認識アプリの多くを動作させるには、位置情報サービスが不可欠です。Wi-Fi アクセス ポイントを Google 位置情報サービスに追加すると、Google マップのようなアプリの動作と精度が向上します。

端末の位置の予測には、パブリック Wi-Fi 情報のみが使用されます。

ご自分のアクセス ポイントを Google 位置情報サービスに追加するかどうかをコントロールすることができます。手順は次のとおりです。

位置情報サービスをオプトアウトするには

Wi-Fi アクセス ポイント(自分のワイヤレス ネットワーク名)の SSID(ワイヤレス ネットワーク名)の末尾に「_nomap」を追加すると、オプトアウトできます。たとえば、SSID が「12345」の場合は、「12345_nomap」のようになります。

アクセス ポイントの SSID を変更する手順を参照するには、アクセス ポイントの製造元に対応する次のリンクをクリックします。アクセス ポイントを ISP から受け取った場合は、SSID の変更方法について ISP にお問い合わせください。

  • Apple
  • Belkin
  • Linksys(Cisco)
  • Netgear
  • US Robotics

大半のアクセス ポイントの場合、次の手順でコントロール パネルにアクセスし、SSID を変更できます。

  1. イーサネット ケーブルを使用して、アクセス ポイントとコンピュータを接続します。
  2. 接続に使用しているデフォルト ゲートウェイを確認します。
    • Windows の場合は、スタート メニューからコマンド プロンプトにアクセスし、「ipconfig」と入力します。
    • Mac OS の場合は、コマンド プロンプトに「ifconfig」と入力します。
    • Linux の場合は、コマンド プロンプトに「ifconfig」と入力します。
  3. 確認したデフォルト ゲートウェイ(「192.168.0.1」のようになります)をウェブブラウザのアドレス バーに入力します。入力すると、アクセス ポイントのコントロール パネルに移動します。
  4. アクセス ポイントのコントロール パネルでログインを求められる場合があります。その場合は、アクセス ポイントの説明書に記載されているユーザー名とパスワードを入力してください。

SSID を変更したら、ノートパソコンや携帯電話などの Wi-Fi 対応端末から新しい名前を使用してネットワークへの接続を再確立する必要があります。ネットワークがパスワードで保護されている場合、パスワードは変更しないでください。

Wi-Fi が有効になっている Android 端末で Google マップを開き、現在地機能を使用して Wi-Fi アクセス ポイント付近で現在地を設定すると、SSID の変更が Google に送信されたかどうかをすぐに確認することができます。

Google 位置情報サービスのオプトアウトにより他のプロバイダの位置情報サービスからもアクセス ポイントが削除される可能性
各プロバイダは独立していますが、SSID を使用したオプトアウト方法は他のプロバイダでも見られます。Google では、業界全体が「_nomap」の付いた SSID に対してオプトアウトを行うことを推奨しています。