職場や学校のアカウントに関するおすすめの方法

Gmail アカウントで最高のパフォーマンスを引き出すには:

  • 大量のメールを一括操作しないようにします。メールの削除、ゴミ箱内のメールの削除、ラベルの適用、メールのアーカイブを行う場合、一度に選択するメールは 1,000 件未満にします。
  • Google でウェブを検索する場合と同様に、Gmail の検索を使用し、キーワードを入力してアカウント内のメールを見つけます。
  • フィルタを使用して Gmail 内の検索対象を絞り込みます。また、フィルタを使用して自動的にメールを分類してラベルを適用することもできます。
  • ラベルの数を減らします。ラベルが多すぎるとアカウントの動作が遅くなる場合があります。ネストされたラベルを含め、使用するラベルは 500 個未満とし、検索やフィルタを使ってメールを見つけるようにします。職場や学校のアカウントに切り替える場合は、古いメールを Gmail に移動する前に、メールフォルダを結合します。また、個々のメールに複数のラベルを使用することもできます。
  • 受信トレイのメールの数を減らします。受信トレイのメールの数が多すぎると、一部の機能が動作しません。たとえば、受信トレイのメールが 250,000 件を超えていると、右クリック メニューが使用できません。
  • 制限事項を確認します。Google ではアカウントの安全性を確保するため、職場や学校のアカウントで利用可能な帯域幅、保存容量、サーバー リクエスト、送受信できるメールの量を制限しています。このような制限は、Gmail の不正使用を特定することを目的として設けられています。詳しくは以下をご覧ください。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。