開封確認のリクエストと返信

重要: 開封確認は仕事用アカウントまたは学校用アカウントでのみご利用になることができ、個人用 Gmail(@gmail.com)アカウントでは機能しません。開封確認のリクエストまたは返信を行うには、対象となるアカウントにログインしてください。

開封確認をリクエストすると、送信したメールが開封された日時を確認できます。開封確認は、メールの開封日時が記載されたメールとして届きます。

職場や学校で Google アプリをご活用いただくには、Google Workspace の無料試用にお申し込みください

開封確認メッセージをリクエストする

重要: 受信トレイで開封確認を受け取るには、メールの受信者が事前に承認する必要があります。

  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. [作成] をクリックします。
  3. 通常どおりにメールを作成します。
  4. 右下にあるその他のオプション アイコン 次に [開封確認をリクエストする] をクリックします。
  5. [送信] をクリックします。

開封確認メッセージを返信する

開封確認を求めるメールを受け取った際に、まずそれを承認するよう組織に求められている場合は、次の操作を行います。

  1. パソコンで Gmail を開きます。
  2. 通常どおりメールを確認します。
  3. 送信者の開封確認を求めるメッセージが表示されたら、次のいずれかの操作を行います。
    • すぐに開封確認を送信する場合は、[開封確認を送信] をクリックします。
    • 後で開封確認を送信する場合は、[後で] をクリックします。この場合、次回そのメールを開いたときに、開封確認を送信するよう求められます。

ヒント: 開封確認を求めるメールを受け取ってもその旨のメッセージが表示されない場合は、自動的に開封確認が送信されています。

開封確認が返信されない場合

開封確認はほとんどのメールシステムで機能しますが、次の場合は開封確認が届きません。

  • グループのメーリング リストやエイリアスにメールを送信した。
  • 組織内のユーザーや組織外の特定のユーザーに対する開封確認の送信が管理者によって制限されている。
  • リアルタイムで同期されないメール プログラムを受信者が使用している(オンデマンドでのみ同期する Post Office Protocol(POP)のクライアントや Google Workspace の同期クライアントなど)。
  • 受信者が Internet Message Access Protocol(IMAP)を使用したメール クライアントで開封確認を返信し、開封確認が自動で送信されない。

開封確認が届いてもメールが読まれたとは限らない

開封確認が届いても、必ずしも受信者がメールを読んだとは限りません。開封確認の動作は、受信者が使用しているメールシステムによって異なります。

たとえば、受信者が IMAP ベースのメール クライアントを使用していて、メールを開かずに既読にした場合でも開封確認が届くことがあります。また、IMAP 以外の一部のモバイル メールシステムでは、開封確認の送信自体ができないこともあります。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー