スマート作成を使用する

Gmail の機能を使用すると、すばやくメールを作成できます。スマート作成機能は機械学習を利用しており、入力に応じて候補が表示されます。候補を適用するには、Tab キーを押します。

スマート作成をオンまたはオフにする

デフォルトでは、Gmail で自動的に候補が表示されます。候補が表示されないようにするには、デスクトップで Gmail を開き、次の操作を行います。

  1. 右上にある設定アイコン 設定 次へ [設定] をクリックします。まだ新しい Gmail をご使用でない場合は、[新しい Gmail をお試しください] をクリックします。

  2. [全般] で、[スマート作成] までスクロールします。
  3. 候補の表示を有効にするには、[メッセージの候補表示をオンにする] をクリックして選択します。候補の表示を無効にするには、[メッセージの候補表示をオフにする] をクリックして選択します。

: スマート作成は、英語でのみご利用いただけます。スマート作成はユーザーが求める内容が提示されるように設計されているわけではなく、必ずしも事実に基づいた正しい情報が候補として表示されるわけではありません。

機械学習について

言語理解モデルでは、何十億もの一般的な語句や文章を使用して現実世界の情報を自動的に学習するため、人間の認知バイアスも反映されることがあります。この点を理解しておくと役に立ちます。また、このような事象への対応方法については、現在も議論が続いています。Google では、すべてのユーザーが効果的に利用できるサービスを提供することを目指しており、意図しないバイアスや、バイアスを軽減する戦略の研究に積極的に取り組んでいます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。