メールのセキュリティの確認

Gmail では可能な場合、メールを自動的に暗号化してユーザーの情報を保護します。暗号化によってメールはコードに変換された状態で送信されます。これは Transport Layer Security(TLS)というセキュリティ ツールの機能であり、メールが第三者に見られることを防ぐのに役立ちます。

職場や学校で Google アプリをご活用いただくには、  ぜひ Google Workspace の無料試用にお申込みください

メールの確認

パソコンまたは Android デバイスを使用している場合、このセキュリティ ツールで保護されていないメールには「TLS なし」アイコン TLS なし が表示されます。赤い錠が開いた形をしたこのアイコンは、メールが第三者に見られる可能性のあることを示しています。TLS の錠のアイコンが表示されるのは、G Suite Enterprise アカウントと @gmail.com アカウント間でメールが送受信される場合のみです。

これから送信するメールの場合

  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Gmail アプリ Gmail を開きます。
  2. 右下にある作成アイコン 作成 をタップします。
  3. [To]、[Cc]、または [Bcc] 欄に、宛先のメールアドレスを入力します。
  4. [件名] の右に「TLS なし」アイコン TLS なし が表示されていないか確認します。

アイコンが表示されている場合、これから送信するメールは暗号化されない可能性があります。そのメールアドレスへは、納税申告書や契約書などの機密資料を送信しないようにしてください。

受信済みメールの場合

  1. Android 搭載のスマートフォンやタブレットで Gmail アプリ Gmail を開きます。
  2. メールをタップします。
  3. 送信者名の下に「TLS なし」アイコン TLS なし が表示されていないか確認します。

アイコンが表示されている場合、メールは暗号化で保護されていない可能性があります。

暗号化されないメールがある理由

このセキュリティ ツールが機能するためには、送信者と受信者の両方のメール プロバイダが常に TLS を使用する必要があります。詳しくは、TLS を使用したメール配信をご覧ください。

返信するメールに「TLS なし」の警告が表示される場合

メール プロバイダの中には、Gmail アドレス宛てに TLS を使ってメールを送信することはできても、暗号化されたメールを受信することはできないものがあります。

このようなプロバイダ向けにメールを返信しようとすると、Gmail をお使いでも「TLS なし」の警告が表示されることがあります。

「TLS なし」の警告が誤って表示される場合

メールが暗号化で保護されている状態でも、次のような場合には「TLS なし」の警告が表示されることがあります。

  • 以前、特定のメール プロバイダに対して暗号化が機能しなかった場合
  • Gmail がメールを直接送信しない場合。たとえば、[ユーザー名]@[ドメイン名].com などのカスタム ドメイン名を設定した場合に、このアイコンが表示される可能性があります。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。